メインのコンテンツ

リーダーシップチームの紹介

Board
Ann Doerr

Ann Doerr

Board Chair, Khan Academy

Ann Doerr serves as a Trustee of Rice University and is the Chair of Khan Academy. She is also an Advisory Trustee for Environmental Defense Fund. Ann started her career as an engineer. She held various engineering and management positions at Intel, Silicon Compilers, and Tandem Computers. Ann holds both a Bachelors and Masters Degree in Electrical Engineering from Rice University.

Larry Cohen

Larry Cohen

CEO, Gates Ventures

Larry serves as the CEO of Gates Ventures, a private office established by Bill Gates in September 2008. Prior to Gates Ventures, Larry served as Microsoft’s Corporate Vice President of Marketing. Larry joined Microsoft in 1995 to work on its early online efforts. Prior to Microsoft he held product management positions at Apple/Claris and before that at Collabra Software which was acquired by Netscape.

Sean O'Sullivan

Sean O'Sullivan

Founder and Managing Partner of SOSV: The Accelerator VC

ショーン ・ オサリバンは,アクセラレータ VC SOSV の創設者兼マネージング パートナーです。彼はレンセラー工科大学を卒業し,MapInfo の創設者として,道路地図の技術をパソコンへ取り込みました。MapInfo は,2 億ドルの市場公開会社になるに至りました。彼の最初のインターネット企業,NetCentricは,インターネットコンピューティング環境の多くの概念の先駆者であり,彼は「クラウド コンピューティング」の言葉の生みの親のひとりとされています。ショーンは,先見の明のある起業家,及び投資家として,広い分野にわたって企業活動と人道活動の育成を続けています。

Ted Mitchell

Ted Mitchell

アメリカ合衆国教育省の前次官

テッド・ミッチェルはオバマ大統領に指名され,上院に認められて 2014 年からアメリカ合衆国の教育省での次官秘書を努めていました。この役で,テッドは高等教育と成人教育のポリシー,そしてまた連邦の生徒の援助の監督をしていました。テッドが次官秘書を務めている間,教育省は全ての学びの人達,特に現状のシステムで典型的にサービスの行き届いていない人達に手頃で高品質な証明書と学位を提供するための広範囲に渡る実験と革新を奨励してきました。テッドのリーダーシップの元,教育省はカレッジ・スコアボード,生徒達と家族が良いカレッジの選択をすることを助けるための消費者に対面したツールを送り出しました。テッドはまた,教育省で,生徒達や,税金を納める人達から騙しとるような無法な制度を止める努力を率いてきました。教育省に携わる前に,テッドは NewSchools のベンチャーファンドの CEO を務めてきました。これはベンチャーの慈善活動で,全ての生徒達のために高品質の K-12 の教育を提供することにコミットしたスタートアップに$200 万ドル以上を 10 年以上に渡って投資してきました,テッドの教育の長いキャリアは,カリフォルニア州の教育疔の長,Occidental カレッジの長,UCLA,スタンフォード,ダートマスでの管理のリーダーシップと学部の地位を経てきています。

James Manyika

James Manyika

Senior Partner at McKinsey and Chair of the McKinsey Global Institute

James Manyika is a Senior Partner at McKinsey and Chair of the McKinsey Global Institute. He also serves on McKinsey’s Board of Directors. For over 20 years he has worked with many of the world’s leading technology companies, founders and chief executives. He also researches and writes about technology’s impact on the economy and society. James regularly collaborates with private sector leaders, leading economists and policy makers around the world on initiatives and commissions related to inclusive growth, opportunities from technology and its societal impact.

James was appointed by President Obama as Vice Chair of the Global Development Council at the White House. He is on the boards of the Council on Foreign Relations, John D. and Catherine T. MacArthur Foundation, Markle Foundation, and advisory boards of the Oxford Internet Institute, MIT’s Initiative on the Digital Economy and Harvard’s Hutchins center and WEB DuBois Institute. James is a member of the standing committee for the Stanford-based 100 Year Study on Artificial Intelligence, a fellow at DeepMind on AI, Ethics and Society, a non-resident senior fellow of the Brookings Institution, and a fellow of the Royal Society of Arts.

James was in the Robotics Research Group at Oxford, a fellow of Balliol College, a visiting scientist at NASA JPL, a faculty exchange fellow at MIT.  A Rhodes Scholar, James received his DPhil. MSc. MA. from Oxford in Robotics, Mathematics and Computer Science, BSc in electrical engineering from University of Zimbabwe.

Curtis Feeny

Curtis Feeny

Curtis Feeny has invested in enterprise software for 18 years with a focus on data analytics. His boards have included Ayla Networks, Kaggle, Wise.io, Autogrid, Sensys, and numerous other successful startups. Curtis has served on 31 boards, both public and private. He also invested with Stanford professors in Plangrid, Accuray (IPO), and other highly successful startups out of Stanford University. Since 2000, he has been on the board of Trammell Crow Company (TCC: NYSE), which was purchased by CB Richard Ellis (CBG: NYSE) in 2006. In 2001, Curtis was appointed by President George W. Bush to be a Trustee of the Presidio Trust. Curtis has also served on the board of Staples (SPLS: NYSE). Previously, Curtis was the first Executive Vice President of the newly formed Stanford Management Company, helping oversee the University’s endowment from 1992 to 2000, when assets under management grew from $1.5 billion to $9 billion. Curtis has an MBA from Harvard Business School, and a BS in mechanical engineering from Texas A&M University.

Sal

Sal

創設者 & CEO

Sal started Khan Academy in 2005 to help his cousins (and soon other people's cousins). In addition to setting the vision and direction for Khan Academy, he still makes a lot of videos (although he's not the only one anymore).

Sal holds three degrees from MIT and an MBA from Harvard.

グローバル諮問委員会
Scott Cook

Scott Cook

Scott Cook co-founded Intuit Inc. in 1983 and now serves as the chairman of the Executive Committee. Before founding Intuit, Cook managed consulting assignments in banking and technology for Bain & Company, a corporate strategy consulting firm. He previously worked for Procter & Gamble, the household products giant, in various marketing positions, including brand manager; he currently serves on the Procter & Gamble Board. In addition, Cook is a member of the board of directors of the Harvard Business School Dean's Advisory Board, the Center for Brand and Product Management at the University of Wisconsin, the Intuit Scholarship Foundation, and the Valhalla Charitable Foundation. He is a former board member of eBay and PayPal.

John Doerr

John Doerr

ジョン・ドーア (John Doerr) は 1960 年に Kleiner Perkins Caufield &Byers に入り,その時から世界で最も成功している企業家を何人か支えてきました。その中には,Google のラリー・ページ (Larry Page),セルゲイ・ブリン (Sergey Brin),エリック・シュミット (Eric Schmidt); Amazon.com のジェフ・ボゾス (Jeff Bezos),Intuit のスコット・クック (Scott Cook) とビル・キャンベル (Bill Campbell) らがいます。ジョンの企業家を助けたいという情熱はモバイルやソーシャルネットワーク,グリーンテックイノベーション,教育と経済の発展の「次の大きなもの」を作りだします。ジョンに資金を提供されたベンチャー達は,300,000 以上の新しい雇用を作りだしました。ジョンは,Amyris, Google, Zynga や,いくつかのプライベートな技術ベンチャーの重役をしています。彼はまた,ツイッターでの KPCB の投資も率いています。

KPCB の外では,ジョンは環境や公共教育,そしてグローバルな貧困に焦点をあてている企業家のサポートをしています。その中には NewSchools.org,TechNet.org,Climate Reality Project,ONE.org などが含まれています。ジョンは学士と修士をライス大学の電子工学で,M.B.A をハーバードビジネススクールでとりました。彼はコンピュータのメモリについていくつかの特許も持っています。ジョンは芸術と科学のアメリカンアカデミーのメンバーで,アメリカ大統領バラック・オバマの仕事と競争についての会議のメンバーです。

Bill Gates

Bill Gates

ビル・ゲイツはビル & メリンダゲイツ財団の共同議長です。1975 年に,ビル・ゲイツはマイクロソフトをポール・アレンと一緒に設立し,ビジネスとパーソナルソフトウェアとサービスの分野で世界のリーダーとなるように導きました。

2008 年にビルは彼の財団において,世界でもっとも不利な条件におかれた人々の機会を広げる仕事にフルタイムで集中できるように仕事を変えました。共同議長のメリンダ・ゲイツと共に,彼は財団の戦略を発展させ,組織の全体の方向性を定めています。2010 年にビルとメリンダとワレン・バフェットは GivingPledge (「与える誓い」の意味) を,最も裕福な家族と個人達が,その人達の富の半分以上を博愛のために利用し,チャリティーの組織に与えることを彼らの遺言として生前に公式に表明することを助けるための組織を設立しました。

Jorge Paulo Lemann

Jorge Paulo Lemann

Jorge Paulo Lemann is Chairman of the Lemann Foundation, and Co-Founder and director of 3G Capital, a global investment firm focused on long-term value, with a particular emphasis on maximizing the potential of brands and businesses. He is the controlling shareholder and member of the board of Anheuser-Busch InBev, and is a board member of The Kraft Heinz Company. He was formerly founding shareholder and principal executive of Banco de Investimentos Garantia in Brazil until it was sold to Credit Suisse First Boston, and has served on the board of directors of The Gillette Company and Swiss Reinsurance. He has also served on the advisory boards of DaimlerChrysler and Credit Suisse Group, and chaired the Latin American Advisory Board of the New York Stock Exchange.

ジョウギはハーバード大学で学位を取り,ハーバードビジネススクールの諮問委員としても働いていました。

Susan McCaw

Susan McCaw

Susan McCaw is president of SRM Capital Investments, a private investment firm. From 2005–2007, Mrs. McCaw served as the US Ambassador to the Republic of Austria. She is a former member of Stanford University’s Board of Trustees and served as Co-Chair of Stanford’s $1 billion Campaign for Undergraduate Education.

Susan serves on several boards including Lions Gate Entertainment Corp (NYSE: LGF.B), Teach For America, the Ronald Reagan Presidential Foundation, and the Stanford Institute for Economic Policy Research. She is also an Overseer at the Hoover Institution where she is vice chair of the executive committee. In addition, she is a founding board member and board chair of the Malala Fund for Girls’ Education. Susan also serves on the Knight-Hennessy Scholars Global Advisory Board and Harvard Business School’s Board of Dean’s Advisors, and is a member of the Council on Foreign Relations and the Council of American Ambassadors.

Craig McCaw

Craig McCaw

クレイグ・マッカウはコミュニケーション産業で戦略的投資に焦点をあてたプライベートな投資会社 Eagle River Inc. の CEO です。マッカウ氏はテレコミュニケーションの企業家で,過去 30 年間にケーブル,セルラフォン,ワイヤレス・ブロードバンド,衛星産業で多くの成功した会社を設立し,育ててきました。マッカウ氏は,McCaw Cellular Communications の設立者で,1994 年に,AT&T Corporation に買収されるまで国内でのセルラ・サービスの主要なプロバイダーでした。彼は会社が買収されるまで会長兼 CEO として働きました。McCawCellular Communications の後,マッカウ氏は Nextel Communications を再構成し,Nextel Partners とアメリカ国内と国外の他の通信会社の共同設立者になりました。2003 年には,マッカウ氏は Clearwire Corporation という無線放送会社を共同設立し,その会長兼 CEO になりました。マッカウ氏は,Craig& Susan McCaw 財団の会長で,その財団は教育,環境,そして国際経済発展プロジェクトをサポートしています。彼の経歴を通して,マッカウ氏は多数の会社と博愛活動の委員を務めてきました。それには国際自然保護 (Conservation International),国家安全通信諮問委員会 (National Advisory Committee),達成のアカデミー (the Academyof Achievement),著名なアメリカ人のホレイショー・アルガー協会 (Horatio Alger Association of Distinguished Americans),ネルソン・マンデラの友人財団 (Friends of The Nelson Mandela Foundation) を含みます。彼は現在自然保護委員会 (Board of The Nature Conservancy) の議長でもあります。

Signe Ostby

Signe Ostby

シグネ・オストビーは Procter & Gamble でブランドアシスタントとしてキャリアを始めました。そして,会社に社内サンプリング方を導入しました。P&Gを去った後,彼女は,ハイテク市場で彼女の場所を見つけるまで,クロロックス社でしばらく働きました。オストビーは,彼女のスタートアップ,Software Publishing Corporation を立ち上げ,パーソナルコンピュータのためのプロダクティビティソフトウェアを作成し,ソフトウェアプロダクトにお試しサイズのプロモーションというコンセプトをもたらしました。オストビーは続いてマーケティング戦略のコンサルティングの実践をはじめ,多くの指導的なパーソナルコンピュータのハードウェア会社とソフトウェア会社のために働きました。加えて,彼女は小売り点を通してプロダクトを売るハイテク会社に,消費者がパッケージした品物という概念を教えるため,いくつかのセミナーを作りました。

Ostby and her husband Scott Cook established the Center for Brand and Product Management at the Wisconsin School of Business and continue to serve on the Center's advisory board. Ostby has also served on the Dean's Advisory Board at the Wisconsin School of Business and is a director of the Environmental Defense Fund, the Intuit Scholarship Foundation and the Valhalla Charitable Foundation. In addition to her philanthropic work, Ostby is focused on sustainable ranching and breeding, training and showing elite horses.

Laura Overdeck

Laura Overdeck

ロウラ・オーバーデックはおやすみの時間の数学の財団 (Bedtime Math Foundation) の設立者で,会長です。それは数学で秀でるために,数学好きの子どもを助ける非営利の団体です。彼女はこっけいな毎夜のオンラインの数学の問題,3 冊のおやすみの時間の数学の本 (Macmillan),クレイジーな 8たち,空前のリクレーション放課後数学クラブ,の作者です。プリンストンの天体物理学の卒業生であり,ウォートンの M.B.A. のロウラは全ての生徒達の学業の潜在能力を引き出すことの手助けをするという目標を持つオーバーデックファミリー財団 (Overdeck Family Foundation) の議長をしています。彼女はリバティーサイエンスセンター (Liberty Science Center) のための管財委員の副議長であり,才能ある若者のためのジョンホプキンスセンターの重役,ニュージャージーの知事の学校,プリンストン大学の学長の顧問委員会,そして,サイエンスフライデーにも務めています。

John Overdeck

John Overdeck

ジョン・オーバーデックは Two Sigma Investments, LP の共同設立者で,そして副会長です。この組織は,ニューヨーク市を基盤にした投資マネジメント基金で,その顧客のために系統的な売り買いのシステムを開発しています。以前,彼は D.E. Shaw & Co のマネジメント理事で,Amazon.com の副社長でした。ジョンは数学の学位を卓越した成績で得て,スタンフォードの大学の統計学のマスターを持っています。ジョンは Overdeck Family Foundation の会長で,数学の国立博物館の副議長です。また,Robin Hood Foundation と Institute forAdvanced Study の会長でもあります。

Carlos Rodriguez Pastor

Carlos Rodriguez Pastor

カルロス・ロドリゲス司祭は,2010 年から Intercorp Financial ServicesInc. の主席管理職役員です。彼はまた Nexus Group の管理パートナーであり,重役会の議長を務めています。そして Banco Internacional del PerúS.A.A.- Interbank の議長を務めてもいます。彼はまた Financiera UnoS.A.,Intercorp Peru Ltd.,Interseguro Compania de Seguros S.A, IFH,Interseguro, Interbank, Supermercados Peruanos and Intertitulos の支配人です。彼は,NG Capital Partners I の投資委員会,L.P.,と RPManagement, LLC のメンバーです。

カルロスは,カリフォルニア大学バークレー校から社会工学の学位と,ダートマス大学の商業管理の Amos Tuck 校から商業管理の修士号を受けています。

Laurene Powell Jobs

Laurene Powell Jobs

ロレーヌ・ポウエル・ジョブスは Emerson Collective の創始者で会長です。この組織は,皆がそれぞれの最大の潜在能力を使って生きるべきだという理想にとりくむ社会企業家を支援します。

She also serves as president of the board of directors of College Track, a program she founded in 1997 to prepare disadvantaged high school students for success in college. In addition to her work with Emerson Collective and College Track, Laurene serves on the boards of directors of NewSchools Venture Fund, Teach for All, OZY Media, Conservation International and Stanford University. She also is a member of the Chairman’s advisory board of the Council on Foreign Relations. She holds a BA and a BSE from the University of Pennsylvania and an MBA from the Stanford Graduate School of Business.

Eric Schmidt

Eric Schmidt

エリック・シュミットは Alphabet Inc. の経営執行会長です。彼は,GoogleInc. を含めた傘下の会社全ての外部的なビジネスについて責任を持ちます。それらの会社の CEO に助言をし,ビジネスとポリシーの問題についてのリーダーシップをとります。

Alphabet の設立の以前には,エリックは,Google Inc. の会長を 4 年間務めました。2001-2011 の間,エリックは Google の執行会長 (CEO) を務めました。設立者のセルゲイ・ブリンとラリー・ページと共に,会社の技術とビジネス戦略を監督しました。彼のリーダーシップの下で,Google はそのインフラを劇的に拡大し,その提供するプロダクトを多角化させました。そして,Google はイノベーションの強い文化を保ちつつ,シリコン・バレーのスタートアップから技術のグローバルリーダーにまで成長しました。

グーグルに参加する前,エリックは Novell の CEO で会長であり,そして,Sun Microsystems, Inc. の技術部長でした。その前には,彼はXerox PaloAlto Research Center (PARC),Bell 研究所,Zilog の研究スタッフでした。彼は電子工学の学位をプリンストン大学から受けており,カリフォルニア,バークレイ大学から計算機科学の修士と博士号を受けています。

エリックは Advisors on Science の評議会の会長のメンバーです。彼は,2006 年に National Academy of Engineering に選ばれました。そして,芸術と科学のアメリカアカデミーに就任しました。彼は新しいアメリカ財団 (New America Foundation) の委員会の議長でもあります。2008 年から,ニュージャージーのプリンストンでの Institute for Advanced Study の管財人です。2012年から,エリックは Mayo Clinic と Broad Institute の委員を務めています。2013 年には,エリックとジャレード・コーヘンはニューヨークタイムスのベストセラー本,新デジタル時代: 国,ビジネス,そして私達の人生の変換 (The New Digital Age: Transforming Nations, Businesses, and Our Lives.),の共著者になりました。2014 年 9 月,エリックは彼の 2 冊目のニューヨークタイムズのベストセラー,グーグルはどのように働くか (How Google Works) をジョナサン・ローゼンバーグ,とアラン・イーグルと共同で著しました。

David Siegel

David Siegel

Two Sigma Investments を共同設立者となる前に,デイビッドは Tudor Investment Corporation で主任技術役員と常務取締役を務めていました。デイビッドは博士号を取得した後,D. E. Shaw & Co. に入り,会社の最初の主任情報役員にまで登りつめました。D. E. Shaw & Co. で彼は,FarSight Financial Services を設立して社長になりました。それは,世界初の個人の財務サービスのウェブサイトで,後にメリルリンチ社に買収されました。プリンストン大学を卒業した後,デイビッドはマサチューセッツ工科大学からコンピュータサイエンスで博士号を受けました。彼はそこの Ai ラボで学びました。デイビッドは知能を持った計算機システムを作ることに生涯興味を持っており,また,このミッションを今日でも活動的に Two Sigma で追い続けています。

彼は現在,Hamilton Insurance Group,Scratch Foundation, NYC FIRST,NAFの重役です。加えて,デイビッドは Carnegie Hall の管財人であり,NSF/MITCenter for Brains と Minds & Machines の上級顧問委員であり,スタンフォードの博愛と市民社会のセンターの顧問委員です。

デイビッドは監察のコーネルテック委員でもあります。そして,MIT のメディアラボのための会社訪問委員会のメンバーでもあります。

Dan Benton

Dan Benton

CEO, Andor Capital Management

Dan Benton earned the reputation as one of the leading technology industry investors of his generation. He has been the CEO of Andor Capital Management since starting the company in 2001. Mr. Benton received his M.B.A. from Harvard University and graduated from Colgate University with a B.A. in Mathematics. Since 2001, Dan has been a trustee of Colgate University where he participates on the Executive Committee. He is also a trustee at Horace Mann School, Samasource and The Hospital for Special Surgery.

Carlos Slim

Carlos Slim

カルロ・スリム・ヘルは工学者で Universidad Nacional Autonoma de Mexico (UNAM) で学びました。そして,その当時,代数とリニアプログラミングの教授でした。彼は 1952 年から投資家となり,25 歳の時,Inbursa と Grupo Carso を設立しました。これらの会社は現在: 工業,コンサルティング,通信,財政,エネルギー,鉱業,インフラストラクチャー,不動産,その他の分野などで 40 以上の国で様々な活動をしています。

1986 年に彼は,最も弱者である人達に影響を与えるため,カルロ・スリム財団を設立しました。財団は,何百万もの人々に直接の恩恵を与えました。社会的責任,効率,証明された結果の著しい感覚と共に,財団は様々な分野のプログラムを持ちます。たとえば,教育,雇用,健康,栄養,社会的正義,文化,人類の発展,自然災害時のサポート,環境の保護と保全,そして経済的発展などです。これらのプログラムは,全ての年齢の生活の質の向上の手助けをします。そして,人的資源の発展を育て,人々と彼らのコミュニティー,そして彼らの国に機会を与えます。彼は彼のビジネスと博愛の仕事について様々な賞を受賞しました。彼は歴史を愛し,特に,文明の変化と人類の起源,天体物理学,自然,文化,スポーツを愛しています。そして,第一に彼の家族と友人を愛しています。彼は 6 人の子の親です。

Ratan Tata

Ratan Tata

ラタン・タタはインドの実業家,発明家,博愛家,そして Tata Sons の名誉退職の会長です。彼は 1962 年からタタグループで働いた後,1991 年から 2012年までムンバイを基点にしたグロバールビジネス複合企業,タタグループの会長でした。彼はタタグループのチャリタブルトラストの長を続けています。彼は Alcoa Inc. の重役の会長で Pritzker 賞の諮問委員会のパネルとしても働いています。彼はまた,南カリフォルニア大学,コーネル大学,ハーバードビジネススクールの学長の顧問の信託会議と X Prize のメンバーでもあります。

思想リーダーシップ会議
Russlynn Ali

Russlynn Ali

ルスリンは教育が自己信頼の基石であると信じています。それが理由で,彼女は 2009 年から 2012 年までアメリカ合衆国の教育省で市民の権利の秘書助手として働き,公平と市民の権利についてのアーン・ダンカンの主席助言者として活動し,600 人以上の弁護士を率いて,彼らが教育の中で市民の権利に生気を吹き込むことを実施するようにしていました。そのために,ルスリンは,オバマの行政下での彼女の仕事の前に,ワシントンで Education Trust の副会長をしていました。そして,オークランドで Education Trust-West を設立し,運営していました。

It’s why, today, Russlynn has served as Emerson Collectives’ thought leader and ambassador on educational quality. As Managing Director at Emerson, she has shaped investments in and partnerships with other organizations to advance educational equity in the U.S. And, it’s why Russlynn founded and serves as a board member and CEO of XQ Institute, a collaboration dedicated to rethinking school in America. XQ Institute’s mission is to develop new learning opportunities for young people that open up the possibilities of the wider world. It’s first initiative, XQ: The Super School Project, is an open call to America’s students, teachers, administrators, civic leaders, businesses, entrepreneurs, artists and designers to meet the challenge of preparing our students for the future by designing the next American high school.

David Coleman

David Coleman

デイビッドは教育者の家庭で育ち,そして,その分野で彼等を追い求めました。彼はエール大学に入る前には,ニューヨーク市のパブリックスクールに通いました。エール大学では,彼は低収入の家庭からの高校生に読み方を教えました,そして,Branch という革新的な公共サービルプログラムをコネチカット州のニューヘブンの市内の生徒達のために始めました。デイビッドは,Branch の成功によって,ローズ (Rhodes) 奨学金を受けました。彼はオックスフォード大学で英文学を学び,古典教育哲学を英国のケンブリッジ大学で学ぶためにそれを使いました。彼は米国に戻ってからは,McKinsey & Company で 5 年働きました。そこで彼は教育についての会社の公共への無料奉仕の仕事を率いています。

デービッドは教育者たちのチームといっしょに Grow Network を設立しました。これは本当に先生,親,生徒達にとって役にたつ評価の結果を作ることを考える組織です。Grow Network は画期的な質のレポートを親や先生たち,そして,生徒達にも個々に対応した学びのガイドといっしょにつくります。2005 年には McGraw-Hill が Grow Network を買収しました。

2007 年にデービッドはマグロウヒルを退社して Student Achievement Partners を共同設立しました。これは教育者と研究者をつなぐ組織であり,生徒の成績を改善するために,確固とした証拠に基いてどのような行動をするかをデザインする非営利団体です。Student Achievement Partners は数学とリテラシーでの州の共通コアの開発に中心的な役目を果たしました。デービッドは Student Achievement Partners を 2012 年の秋に去り,College Board の会長になりました。

デービッドは 2013 年にタイム誌で世界で 100 人の最も影響のある人達の一人に指名されました。彼はタイム誌の「2011 年の 11 人の教育活動家」の一人としても認められました。そして,2012 年の NewSchools Venture Fund Change Agents の一人でした。彼は 2 人の子どもを誇りに思っている父親でもあります。

Linda Darling-Hammond

Linda Darling-Hammond

リンダ・ダーリング-ハモンドは Learning Policy Institute の会長であり,また,教育の名誉教授で,スタンフォード大学での教育における機会のポリシーについてのスタンフォードセンターの学部長です。彼女はアメリカの教育研究協会の前会長であり,教育のナショナルアカデミーと芸術と科学のアメリカンアカデミーのメンバーです。彼女の研究とポリシーの仕事は教育の公平さと学校の改革についての問題に焦点をあてています。彼女は学校のリーダーとポリシーメーカーについて地域,州,そして連邦のレベルで助言を与えます。2008 年には,彼女はオバマ大統領の教育ポリシー変更のチームの長を務めました。彼女の 400 を越える出版物の中でも,彼女の本,平らな世界と教育 (The Flat World and Education): いかにアメリカの公平さへの責任が我々の未来を決定するか,は 2012 年に Grawemeyer Award を共同受賞しました。

ダーリング・ハモンドは 1973 年に彼女の学士を (magna cum laude (第2位)で) イェール大学から受けました。そして 1978 年には彼女の都市教育の学位 (Ed.D.) を (最高の成績で) テンプル大学から受けました。彼女はアメリカ合衆国やその他の国の 14 の大学から名誉学位を受けています。そして,彼女は研究,政治,そして実践についての彼女の貢献について様々な賞を受けています。

Arne Duncan

Arne Duncan

アーネ・ダンカンは,以前アメリカ合衆国の教育長官をしていましたが,Emerson Collective の管理パートナーとしてシカゴに戻ってきました。そこで,彼のホームタウンの若者の生活を改善するという使命を果たそうというのです。ローカルのビジネスリーダー,コミュニティの組織者,そして非営利の団体とのパートナーシップを通じて,ダンカンは 17 歳から 24 歳の間の分断された若者のための仕事と生活の機会を作ることを目標にしています。

オバマ行政に参加する前,ダンカンはシカゴの公立学校の最高責任者を務めていました。2001 年から 2008 年まで,ダンカンは 100 の新しい学校を開くこと; 放課後の学び,夏の学び,幼児教育,大学へのアクセスプログラムなどを拡張すること; 先生の手腕を劇的に伸ばすこと; 様々な教育のイニシアチブの周辺で公立と私立のパートナーシップを作ること; これらを含めた教育の議題を持つ街のステークスホルダーを統合することについての賞を得ました。ダンカンは,1987 年にハーバード大学の社会学を magna cum laude (第 2 位の成績) で卒業しました。ハーバードでは,バスケットボールチームの副キャプテンを務め,そのチームは最初のアカデミックオールアメリカンの名前がつきました。

Anne Finucane

Anne Finucane

アネ・M・フィヌカーネはバンク・オブ・アメリカの副会長であり,会社の上級管理職チームの一員です。彼女はバンク・オブ・アメリカの戦略についての責任を持っており,会社の環境,社会,管理努力 (ESG: Environmental, Social and Governance) の指揮をしています。加えて,彼女は公共ポリシー,顧客研究と分析,グローバルマーケティングとコミュニケーションを監督しています。フィヌカーネはバンク・オブ・アメリカで,グローバル ESG 委員会の会長です。その委員会は会社の ESG 努力の全てを監督しています。彼女はバンク・オブ・アメリカでマーケットの資本を流動化し,クリーンなエネルギーのプロジェクトに高いインパクトを与える新しい投資をもたらすため,100 億ドルのカタリティックファイナンスイニシアチブを含めた 1250 億ドルの環境ビジネスイニシアチブに従事しています。彼女は会社の 12 億ドルのコミュニティー発展のための財務機関のポートフォリオを監督し,バンク・オブ・アメリカの 10 年で 1.5 兆ドルのコミュニティー開発のための貸付金と投資の目標 - この種類のものとしてはアメリカ合衆国の金融機関としては最大のもの - の管理を助けています。彼女はまた 10 年で 2 億ドルのチャリティーの目標を含めたバンク・オブ・アメリカ財団の会長でもあります。コミュニティーでアクティブなフィヌカーネは,カーネギーホール,ナショナル 9 月 11 日の記憶とミュージアム,アメリカのアイルランド基金,ジョン・F.ケネディーの図書財団,CVS ヘルス,ブリグハムと女性の病院,パートナーの健康管理,特別オリンピック,を含め,会社と非営利の機関の両方の重役会議に従事しています。彼女はアメリカ合衆国の外交ポリシーの会議にも従事し,外交関係の評議会のメンバーでもあります。

フィヌカーネは様々なプロフェッショナルにおける賞と,公共のサービスについての賞をとっています。最近では,彼女は AdWeek の 2016 年のパワーリスト: マーケティング,メディアとテクノロジーでのトップ 100 に名前が載りました。2013 年には,彼女はコミュニケーションマトリックスのニューヨークの女性賞を受けました。それは,人生においてコミュニケーション業界での突出した達成について表彰するものです。また,国際女性のメディア財団のリーダーシップ賞も受けました。彼女はニューヨークの広告女性により,2013 年にその年の広告女性という名を与えられました。そして,アメリカンベーカーマガジンは毎年「銀行業界の 25 人の最もパワフルな女性」の一人に彼女を選んでいます。

Thomas Friedman

Thomas Friedman

Thomas L. Friedman, an internationally known author and journalist, has won the Pulitzer Prize three times for his work at The New York Times. He joined the paper in 1981 and became the paper’s foreign affairs Op-Ed columnist in 1995. His foreign affairs column reports on US domestic politics and foreign policy, Middle East conflicts, international economics, environment, biodiversity and energy. Friedman is the author of six best-selling books: Longitudes and Attitudes: Exploring the World After September 11; The World is Flat: A Brief History of the Twenty-first Century; Hot, Flat, and Crowded: Why We Need A Green Revolution-And How It Can Renew America; and That Used to Be Us: How America Fell Behind in the World We Invented and How We Can Come Back, co-written with Michael Mandelbaum. Born in Minneapolis, Mr. Friedman received a B.A. degree in Mediterranean studies from Brandeis University in 1975. In 1978 he received a master’s in modern Middle East studies from Oxford.

Mark Hoplamazian

Mark Hoplamazian

マーク・ホプラマチアンはハイアットホテル社の社長で最高経営責任者です。2006 年に彼が現在のポジションにつく前には,ホプラマチアンは The Pritzker Organization, L.L.C. ("TPO") の社長で,いくつかの Pritzker ファミリーのビジネスに関しての財政と投資の筆頭アドバイザーでした。TPO での彼の 17 年間のテニュアの間,彼は,Pritzker ファミリーの所有する会社のアドバイザーを務めました。それにはハイアットホテル社とその前身の会社を含みます。彼は,それ以前にはニューヨークの The First Boston Corporation で国際的な合併と買収の仕事をしていました。ホプラマチアンは 2015 年の 2 月に VF 社の筆頭重役に任命されました。そして,歴史と我々自身に直面する (Facing History and Ourselves) 顧問重役,シカゴブースビジネス校大学の評議員,World Business Chicago の顧問委員会の経営委員,シカゴのための新しい学校の重役,世界関係についてのシカゴ評議会,アスペン大学と,シカゴラテン学校の管財人の重役を務めました。ホプラマチアン氏は,世界旅行と観光事業の評議会,シカゴの商業クラブ,ヘンリークラウン財団のディスカバリークラスのメンバーです。

Michael Horn

Michael Horn

ミヒャエル・ホーンは教育の未来について話し,書き,そして,それぞれの,かつ,全ての生徒の人生を改善するために教育組織のポートフォリオで働いています。彼は,破壊的イノベーションのためのクレイトン・クリスチャンセン・インスティチュートの設立者の一人であり著名なフェローの一人です。それは非営利のシンクタンクです。彼は,Entangled Solutions の主席コンサルタントとしても働いています。そこでは,高等教育のインスティチュートにイノベーションのサービスを提供します。そして,彼は低収入の生徒が高度な達成をするための潜在的技術を開くというミッションを持つ 2 シグマとロビンフッド (Two Sigma and Robin Hood) の博愛合同プロジェクトである教育 + 技術基金の会長です。

Horn is the author and coauthor of multiple books, white papers, and articles on education, including the award-winning book Disrupting Class: How Disruptive Innovation Will Change the Way the World Learns and the Amazon-bestseller Blended: Using Disruptive Innovation to Improve Schools. An expert on disruptive innovation, online learning, blended learning, competency-based learning, and how to transform the education system into a student-centered one, he serves on the board and advisory boards of a range of education organizations.

Walter Isaacson

Walter Isaacson

ウォルター・アイザクソンは Aspen Institute の会長で CEO です。このインスティチュートは,ワシントン D.C. に基点を置く,教育とポリシーについての無党派の研究インスティチュートです。彼は CNN の議長と CEO,そして,タイムマガジンの編集者をつとめてきています。彼は The Innovators: ハッカー,天才,ギーク達がどのようにデジタル革命を創造してきたか (2014),スティーブ・ジョブス (2011),アインシュタイン: 彼の人生と宇宙 (2007),ベンジャミン・フランクリン: あるアメリカ人の人生 (2003),キッシンジャー: ある伝記 (1992) の著者です。また,The Wise Men: 6 人の友人と彼らの作った世界 (1986) の共著者です。

アイザクソンは「アメリカのための教師」の名誉主任です。アメリカのための教師は教師の行き届いていないコミュニティで教える人を大学の卒業生から募集しています。2005 年から 2007 年まで,彼はルイジアナのリカバリーオーソリティの副主任でした。それはハリケーンカタリーナの後の再建の監督をするものでした。彼は放送の長官の重役の長をバラック・オバマ大統領に任命され,上院に承認されて,つとめました。その役目で彼は 2009 年から 2012 年まで,ボイス・オブ・アメリカ,ラジオ・フリー・ヨーロッパ,そしてその他のアメリカ合衆国の国際放送を営んでいました。彼は芸術と科学のアメリカン・アカデミーのメンバーで,ユナイテッド・エアライン,Tulane 大学,ハーバード大学の監督官,ニューオリンズの 300 年記念祭のコミッショナー,ブルームバーグ慈善活動,アメリカの歴史学者協会,科学についてのカーネギーインスティチュート,マイ・ブラザーズ,キーパーアライアンスの重役です。彼はハーバードカレッジとオックスフォード大学のペンブルックカレッジを卒業しました。そこで彼はロードス奨学金を受けました。

Amy Jarich

Amy Jarich

Amy Jarich is the Assistant Vice Chancellor and Director of Undergraduate Admission at UC Berkeley. She has served in admissions leadership for well over a decade, moving to Berkeley from the University of Virginia in 2012. She started her admission work at Radford University, a Virginia public school near her hometown in the Blue Ridge Mountains. As the first in her family to attend college, Amy is inspired by the access provided by public universities. Admissions is Amy’s second career. She started her professional life in public service, working in Washington DC for government and non-profits. Amy holds a graduate degree from Georgetown’s School of Foreign Service and an undergraduate degree in French and International Affairs from Sweet Briar College. She is an elected member of the Board of Directors of the National Association for College Admission Counseling (NACAC). Amy currently serves as an advisor to the Overseas Schools Project, sponsored by the US State Department, and sits on the Schawbel College Resource Center Advisory Board at the Boston Latin School.

David Kelley

David Kelley

デイビッド・ケリーは IDEO の設立者で会長です。彼はまた,d.school としても知られるスタンフォード大学のデザインの Hasso Plattner インスティチュートの設立者でもあります。ケリーは,スタンフォードの機械工学の Donald W. Whittier 教授として,工学部内でのデザインにおける学位を授与する学部と大学院のプログラムの両方のアカデミーの理事をしています。そして,35 年以上の間そのプログラムで教授をつとめてきました。彼は,カーネギーメロン大学の卒業生で,スタンフォード大学の工学とプロダクトデザインで修士号をとりました。ケリーの仕事は様々なデザインの賞をとり,その中には工学のナショナルアカデミー賞に加え,彼はダートマスでの工学校のセアー校とパサデナのアートセンター大学の両方の名誉博士号を持っています。生徒達とビジネス管理職達に人間中心のデザイン方法とデザイン思考法を教えることで良く知られているケリーと彼の弟のトムはニューヨークタイムズのベストセラー,創造的な自信 (Creative Confidence): 私達全てに潜む創造性を開放する,の共著者です。

Wendy Kopp

Wendy Kopp

ウェンディー・コップは「皆のために教える(Teach For All)」 の CEO で設立者です。これは,もっともその社会から取り残された子ども達もその真の潜在能力を発揮するチャンスがもてることを確実にするため,それぞれの国の前途有望な未来のリーダーを育てる独立した組織を結ぶグローバルネットワークです。ウェンディーは,アメリカ合衆国内での教育格差に対抗する彼女の世代のエネルギーをまとめるために,「アメリカのために教える(Teach For America)」を 1989 年に設立しました。今日,「アメリカのために教える」では,10,000 人以上の組織のメンバー,突出しており,最近大学を卒業した者や,全てのアカデミックの分野のプロフェッショナルが 50 の都市や地方で,2 年間の教えの誓約の中にいます。そして,「アメリカのために教える」は,子ども達のための機会を拡大するための長期的なリーダーシップとしては他に匹敵するものがないことを証明してきました。ウェンディーは 24 年間に渡って「アメリカのために教える」の成長と発展のために働いた後,2013 年にその CEO の役目から退きました。今日でも,彼女は「アメリカのために教える」の重役のメンバーとして活動しています。

ウェンディーは,ここでのアプローチをそれぞれの国で適応してみることを決めた世界中の社会起業家のインスパイアのイニシアチブに反応できるよう「皆のために教える(Teach For All)」の発展を導いてきました。現在,それは 8 年目になりました。皆のために教えるのネットワークは,世界中で 35 以上の国のパートナー組織から成っています。その中には,その設立パートナーである「アメリカのために教える」と,イギリスの「まず教えよう(Teach First)」も含んでいます。

ウェンディーはタイムマガジンで最も影響力のある 100 人の人々の 1 人として知られています。そして,数々の名誉ある称号と公共サービスについての賞を受けています。彼女は A Chance to Make History (歴史を作るチャンス): 全てのためにすばらしい教育を提供する中で何が上手くいき,何が上手くいかないか (2011),One Day, All Children (かつては皆が子ども): アメリカのために教えるの見込みのない大成功と,それから私が何を学んだか (2000) の著者です。彼女はプリンストン大学から学士を受けました。そこで彼女は公立の Woodrow Wilson 校と国際関係の学部の授業を受けました。ウェンディーは彼女の夫,リチャード・バースと 4 人の子どもと一緒にニューヨークシティに住んでいます。

Matt Larson

Matt Larson

マット・ラーソンは,数学の先生のナショナル評議会 (NCTM) の会長です。それは 70,000 人のメンバーのいる国際数学教育組織です。以前,ラーソンは 20 年間以上,リンカーン (ネブラスカ) 公立校の数学の K-12 のカリキュラムのスペシャリストでした。

Larson began his career in education as a high school mathematics teacher. He has authored or co-authored several books, including a series on professional learning communities and Common Core Mathematics. He is co-author of Balancing the Equation: A Guide to School Mathematics for Educators and Parents, and he was on the writing team of Principles to Actions: Ensuring Mathematical Success for All (2014). Larson has taught mathematics at the elementary through college level and has held an appointment as an honorary visiting associate professor at Teachers College, Columbia University.

マット・ラーソンはカリキュラムと教授法でネブラスカ-リンカーン大学から Ph.D. を受けました。

William McCallum

William McCallum

ウィリアム G. マッカルムはアリゾナ大学の数学の教授です。彼は 1956 年にオーストリアのシドニーに生まれました。彼は数学の Ph.D をバリー・マツアーの元で 1984 年にハーバード大学で得ました。カリフォルニア大学バークレイ校の数学的科学研究所で 2 年間過ごした後,彼は 1987 年にアリゾナ大学の学部の職員になりました。1989 年に,ハーバードの微積分学のコンソーシアムに参加し,コンソーシアムの多変量微積分学と大学の代数学の教科書をリードする著者になりました。1993–94 年に彼は一年間 Institut des HautesEtudes Scientifiques で過ごしました。そして,1995–96 年にはアメリカ数学学会からの Centennial Fellowship の先進的研究所で一年を過ごしました。2005 年には,彼はナショナル科学財団から,優秀な教師のディレクター賞を受けました。そして現在彼はそのディレクターです。彼は 2009-2010 年には数学での共通コア州標準の主な著者の一人でした。彼のプロとしての関心は,算術的代数幾何と数学教育を含みます。彼はその両方の領域で助成金を受け,記事,エッセイ,本を書いています。

Henry McCance

Henry McCance

ヘンリー・マッケーンは 1969 年にグレイロックに入り,グレイロックの戦略の方向性の監督をする一方で,ソフトウェア部門に焦点を当てました。彼の 40 年の在任期間中,グレイロックは 12 のパートナーシップを結びました。これは現在 20 億ドルを越える資金を含みます。そして,約 300 のソフトウェア開発会社を育てる手助けをしました。マッケーン氏は, 2004年の 5 月にナショナルベンチャーキャピタルの生涯での達成賞を受けました。そして,2000 年における国のベスト 10 VC の一人に選ばれました。彼は 2004 年にはアルツハイマーの治癒ファンドを共同設立しました。これは,非営利の企業です。2008 年には,彼のアルツハイマーの治癒のコアリサーチプロジェクトはタイムマガジンと CNNで医療のブレイクスルーのトップ 10 に名を連ねました。マッケーン氏は,イェール大学とハーバードビジネススクールを卒業しています。

James Nondorf

James Nondorf

ジェームズ・G・ノンドルフはシカゴ大学の入学と生徒の発展 (Enrollment and Student Advancement) の副会長であり,入試課の長です。ノンドルフはレンセラールポリテクニックインスティチュートから大学に来ました。そこで彼は入学についての副長であり入学と財政援助の長でした。レンセラールで働く以前,ノンドルフはイェール大学で生徒の活動についての長であり,入学の副長でありました。彼は入学プロセスの合理化,特別化した採用プログラムの開発,そして,デモグラフィックのグループのダイバースを増加させつつ,応募者のプールと完了率の両方で重要な達成をしたことで,信頼を勝ちえています。イェールのバークレイ大学で彼はフェローとして働きました。そこでは,学部生に助言をする責任を負っていました。同様に住居でのイベントや,住居の機能についての計画についての手助けもしていました。彼は,キャリアをケンブリッジ技術グループ (CTG) で始めました。そこで彼は徐々に責任ある立場につき,最終的には学長としてリーダー役になりました。彼がイェールでテニュアになる前,テラスコミュニティースクールのスタートアップにかかわりました。それはフロリダのテンパでのチャーター学校です。そこで彼は,設立の先生,音楽監督,そしてコーチを務めました。ノンドルフは,イェール大学から経済学の学位をとりました。そして,倫理のマスターをバルパライソ大学の人文学でとりました。

Deborah Quazzo

Deborah Quazzo

Deborah is the Managing Partner of GSV AcceleraTE, a venture capital fund investing in exceptional entrepreneurs and their companies in the $75B education and talent technology sector. In addition, she is the Co-founder and Managing Partner of the ASU+GSV Summit and Founder and Senior Advisor of GSV Advisors. Now in its 10th year, the ASU+GSV Summit celebrates innovations and innovators across the global “preK to Gray” learning and talent landscape and attracts over 4,000 attendees.

Deborah currently serves on the boards of Ascend Learning (a portfolio company of Blackstone and CCCP), Degreed, The Educational Testing Service (ETS), Lightneer, Remind, and Web.com (NASDAQ: WWWW). She is a board observer at CreativeLive and RaiseMe, and an advisory board member of Area9 Lyceum. She is a member of the boards of The Common Ground Foundation, Harvey Mudd College, National Louis University, Oriental Education Institute (OEI), Steppenwolf Theatre Company, The Board of Dean’s Advisors at Harvard Business School, The Khan Academy Thought Leadership Council, The Board of Dean’s Advisory Council at Princeton University, and The Strada Institute for the Future of Work Advisory Committee. She is a member of the Steering Committee of the Illinois Business Immigration Coalition. She previously served on the board of a number of education organizations including The Chicago Board of Education (CPS) and KIPP: Chicago.

Deborah received the 2014 Arnold M. Berlin ’46 Distinguished Service to Princeton Award from the Princeton University Club of Chicago, the 2014 Visionary of the Year Award from CFY PowerMyLearning, the 2016 LEAP Innovator in Education "Champion" Award from LEAP Innovations, the 2016 Inaugural Impact Award from Golden Apple Foundation, and the 2017 Visionary Award from the Association of American Publishers (AAP). Deborah graduated cum laude with a BA in history from Princeton University in 1982 and an MBA from Harvard University in 1987.

Todd Rose

Todd Rose

Todd Rose is the President of the Center for Individual Opportunity. He is also the Director of the Mind, Brain, and Education program at the Harvard Graduate School of Education, where he teaches a course on Personalized Learning and leads the Laboratory for the Science of the Individual. Todd is the author of The End of Average: How We Succeed in a World That Values Sameness.

Stu Schmill

Stu Schmill

Stuart Schmill is dean of admissions and student financial services for the Massachusetts Institute of Technology. During his long tenure at MIT, Schmill has served the Institute in a variety of positions, including Director of Crew; Director of Parent, Student, and Young Alumni Programs in the MIT Alumni Association; Director of MIT’s Educational Council; and Senior Associate Director of Admissions. Schmill joined the admissions office in 2002, was appointed Dean in 2008, and added Student Financial Services to his portfolio in 2016. An innovative and compassionate leader, Schmill has been honored with numerous leadership and coaching awards, and has served as a speaker at admissions conferences around the world, as well as guest faculty member at the Harvard Summer Institute for College Admissions. Beyond the MIT campus, Schmill has served as trustee, founder, or advisor to a variety of organizations, including the College Board, University of Cambridge International Examinations, Wayland-Weston Rowing Association, To The Water, Inc., and the Mandela Town Hall Health Spot. Schmill earned the Bachelor of Science degree in Mechanical Engineering from MIT in 1986.

Sandy Speicher

Sandy Speicher

Sandy Speicher is a Partner at the global design and innovation firm IDEO. She is the Managing Director of IDEO’s Education practice, which looks to people’s unmet needs, desires, and aspirations to inspire new solutions for a wide variety of challenges—from the ways that people are learning to the ways that systems are operating. She and her teams have helped to create a scalable, affordable school model in Peru, strategies to improve schools for the poor in India, digital learning platforms that meet the needs of today’s students, and a new vision for the food system in San Francisco’s schools. Recently, she collaborated with Carnegie Corporation to launch 100k in 10, which President Clinton has referred to as a new model for social change. Sandy serves as a strategic adviser to the K-12 Lab Network at the Stanford d.school.. She is on advisory boards of 100k in 10, and Pioneer Academies in South Africa. Prior to joining IDEO, Sandy taught visual communications at Washington University in St. Louis, and spent six years teaching design thinking to fifth-graders at a public school in San Francisco. Sandy holds an MA in Education from Stanford University and a BFA in Visual Communications from Washington University.

Fareed Zakaria

Fareed Zakaria

Fareed Zakaria hosts Fareed Zakaria GPS, is editor-at-large and a columnist for TIME magazine, and a columnist for The Washington Post, and an international bestselling author. Zakaria was editor of Newsweek International from 2000 to 2010 and a columnist for Newsweek. Prior to his tenure at Newsweek, Zakaria was managing editor of Foreign Affairs, a leading journal of international politics and economics from 1992 to 2010. He has served as an analyst for ABC News, a roundtable member of the ABC News political affairs program This Week with George Stephanopoulos, and as the host of Foreign Exchange with Fareed Zakaria on PBS. He has won numerous awards and been named to various lists, including Foreign Policy magazine's list of "Top 100 Global Thinkers" and Newsweek magazine's "Power 50" list of the most influential political figures of 2010. In 1999, Esquire magazine named Zakaria as "One of the 21 Most Important People of the 21st Century." He serves on the boards of Yale University, the Council of Foreign Relations, the Trilateral Commission, and Shakespeare and Company, a theater group in the Berkshires. He has received honorary degrees from Brown, the University of Miami, and Oberlin College, among other educational institutions. Zakaria earned a bachelor's degree from Yale University and a doctorate in political science from Harvard University.

,