If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:3:25

ビデオのトランスクリプト

これまでにトマピケティが分散する力と呼ぶ不平等の原動力になるかもしれないものに ついて話をしてきました ここでは彼が少なくとも収束の力と呼んでいるものについて話をしましょう 収束の力4水総武コンボロジェんです または世界をより平等な場所にするものです 彼があげる第一のものというのは私の考えととても近いものですけれどもそれは知識の 拡散です 知識のか 9さん ここにあるいくつかのグラフは知識の拡散を示します 少なくとも教師的なものでヨーロッパやアメリカといった地域によるものですねこれは 以下にそれが世界の生産を 質生産の出力を平等化しはじめているかを示していますここで見せるようにグラフは 1700年代に始まって 産業革命を通じて大雑把 に言えば西洋が発展あるいは工業化してきました 西洋ヨーロッパやアメリカが世界の生産出力のパーセンテージの割合でどんどん大きく なっていきました そしてあるじゃあは割合としては小さくなりました しかし20世紀の最後の四半世紀と21世紀に入ってこの動きが変化したのがわかる でしょう 世界の生産の出力のアジアのパーセンテージ割合がどんどん増加しています これは間違いなく怒ってますね西洋から東洋への近代的な設計技術そして 工業技術などなどの知識ので に立つ知識の拡散のためです そしてこれが21世紀の初めになぜアジアが工業生産の主力となったのかの理由です 彼らは西洋から学び西洋からの知識のいくらかを時にはさらに改良して自分自身を さらにもっと生産性の高いものにしています つまり少なくともこの図では地域を考えると知識の拡散によって世界がより平等になっ ていることを示します 私たちはこれを一人頭のものとしても見ることができます ここにあるのはこのグラフは基本的に時間を通じて1人あたまの gdp を世界の 平均のパーセンテージとしてプロットしたものです 世界の平均はここにありますね世界の意見はこれですまあそれは100%ですね世界の 平均が世界の兵器占める 割合なのでまぁ平らな100%です 産業革命を通してヨーロッパとアメリカが基本的に西洋ですけれどもその一人あたまの gdp は世界全体の gdp の平均に対する割合としてどんどん大きくなってい ます まぁしかしそれが神だったな最近までですね最近のに30年ではパーセンテージとして は下がっていますそれは一人頭 の gdp が下がっているという意味ではありません単に世界の平均に対する割合と して下がっているという意味です それ実際にアジアの一人頭の gdp が 子ですねもう一度知識の拡散によってより早く成長してきたということです 少なくてもこの知識の拡散という考えはこの地域のレベルでは怒っているです 少なくとも現代においてはアジアの山容はアフリカのも大きいですね しかしこれは西洋以外にも広がり始めています生産能力 または一人頭 gdp と言うと実としてまーあなたはこれはどう見るかにあるんです けれども 東洋は 西洋に並んでいくと私は思いますさてここで質問を一つありますこれは地域のレベル ですけれども個人のレベルではどうでしょうか それについては次のビデオでもっと見ていきましょう