If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:11:42

ビデオのトランスクリプト

前に世界的な規模で見ると知識の広まりというものが平等へと収束する力となっている ことを話しました しかしそれは個人の規模ではどうでしょうか知識の拡散を個人の規模で語るときには 私たちはある意味 教育ということを考えてますね以前もいいましたけれどもこれは私のハートにとても地 近いトピックですではちょっと思考実験をしてみましょう あなたが何かを経営しているとしてソフト収入があります 収入を生むためには元手となる資本が必要です そして労働力も必要ですね例えばもしあなたの農場を営んでいるとすると土地や家畜 あるいは何か道具が必要ですしかしあなたにはさらにその道具を使ったり農場を経営 する人たちも必要ですねもうしあなたはソフトウェアの会社を経営しているとしたら 建物やコンピューターやサーバー masa 版もコンピュータですけれどもそういうものを必要ですその上 コンピューターの管理者やソフトウェアを売る人たち プログラムカーソル人たちが必要になりますね すると収入を生むにはこれらの資本と働く人たちの2つのことが必要です ここで一つ問題がありますこの収入はどのように分けたらいいのでしょうか どれだけが資本に行きどれだけが労働者に行けばいいんでしょうか ここでの考えはもし知識の広がり拡散があって知的仕事がさらにさらに重要になれば どうなるかを考えたいですね 知識が重要というた弓でかオーラを書いておきます 知識のオーラをこう変えてますねもしこれが知的な仕事でそれがコモディティではなく なるつまり簡単には入手 できなくなると労働のほうが強い力を持つかもしれません 一方で非常に資本が重要な工業の場合にはそこでの労働は単純作業でスキルが入らない 仕事です すると4本の方がより強い力を持つかもしれません ちょっとこれを考えてみましょうピケティはこれは世界の規模ではあまり行わないと 考えているようです 彼はこれはポケットの中だけなら起こるかもしれないと考えています そこでは上級管理職や金融あるいは特定の産業で例えば そうですねソフトウェア産業のような小さな部分だけでは起こるかもと考えています これはこの知識の広がりというものは資本へと収入がどんどん流れていく全体の動きを 止める報道は労働を強くしないだろうと考えています 特に何世代 経た後に資本が王朝のような時になる可能性に比較してということです しかし一つ思考実験をしましょう繰り返しますけどこれは私の考えでて鵜呑みにしない でくださいねこれはあなたへのこういう考えもあるというヒントなのです金ピカ時代は その方が書かれた時代のことですが金ピカ時代と現代についての比較を考えてみ ましょう もし金ピカ時代を見てみるとちょっとここに書いてみますか 金ぴか時代 菌ピタ時代は19世紀の終わり1800年代の俺ですね金ピカ時代では成長の原動力は 何だったのでしょうか 収入の大半は何から作られていたのでしょうかそうですねこれは産業革命のピークの 時代で鉄道がありました そして石油まエネルギーといってもいいでしょうね請求があります そして 工場があります これらのすべての興行は信じられないほどの資本集約がです資本がとても重要で資本 なしには考えることもできないようなものです そしてここでは労働はコモディティつまり使い捨てできる日用品でした 例えば人々は戦乱の釘を打ったり油田を掘ったり流れ作業の仕事に必要なだけでした そして産業 革命とは実は手工業の人たちを簡単に置き換えられるコモディティの労働者と機械へと どんどん入れ替えていくという過程でした では現在について考えてみましょう私は現在は情報時代と呼べると思います 情報時代 では情報時代の成長産業は何でしょうか それは私のハートに近いものです私はこのビデオシリコンバレーの真ん中で作ってい ますそれはソフトウェアです そふと屋 実は私の感じではソフトウェアをもの成長の分野として突出したものではありません むしろバイオ産業でしょうか バイオ産業でもどれがという議論はちょっと他の話ですねではこれらすべてに共通する ことは何でしょうか こちらのものというのはこちらと違って資本集約である必要がありません 特に ソフトウェアについて語る時には資本集約化では全然ありません 必要なのはコンピューターとプログラムをする場所ですそれは誰かの家の片隅でもする ことができるでしょうそしてこれはとてもとっても高いスキルを持った労働者かどうか という話です 同じことはバイオ産業に思いますバイオ産業には資本は必要ですけど持てず 同党は違いますある種の設備や必要ですけれどもそれは主に人のために必要です 研究者とか臨床試験とかそういうもののためです そして私の時代は労働がより貴重でもっともっと価値があるようですね 労働は取り替えの菊コモディティではないようですそれは工場で一つのシフト働く誰か とかではなくてコードに高度にスキルの必要な労働者です 現在では単にこういうことが起こっていてこれが労働にもっともっと多くの収入を もたらす原動力になるかもしれません しかしこれ自身が不平等をなくすものになるかというとそうとは限りません 例えばそうですねこういう集団を考えましょう まあこれがそういうひとつの集団で高い成長領域で働くことができる人々つまり労働が 10代の量の価値を加えるような領域の人だったしましょう しかし本当にそうしてのはこの集団のうちの小さなこの小さな割合の人たちです この一部の人達がこの動きを有利に使う可能性がありますね もしこの残りの人たちこちらの人たちが必要なスキルを持たない場合この人たちは成長 から基本的に取り残されてしまってそれはまた不平等の原動力になるでしょう あるいはこれ自身が不平等の原動力にならないかもしれません どちらかというとこの r が中よりも大きいつまり資本のリターンが成長にも大きい ために収入が週に流れるということが不平等の原動力になるかもしれませんね またはこの労働の違いつまり高度なコードのスキルの必要な労働者が他の労働者にも もっと多くのずっと多くの収入を得て不平等が生まれるかもしれません ここで疑問形の私たちはここにこの成長の分野にもっと多くの人たちを参加させられる でしょうかということです またまたこれは教育の問題ですね 世界のもっと多くの人々をこの重要な労働者にできるでしょうか もう一度言うとこれは私は単に考えて見ているだけのことです 私は実はこの答えを知りませんしかしここには何らかの受けがあります そして私たちは確実に金ピカ時代の世界とは異なるタイプの世界いますねもう一つの 科学 たですけれどもこれはピケティの方にはないものですよ私は時々考えてことです 産業革命について考えるとその世界はある種のピラミッドだと気がつくでしょう この下の部分には労働者がいますこれは人数は大きく必要ですけれどもその人たちは 比較的スキルありません この中間にはある種のホワイトカラーの仕事があります ホワイトから ホワイトカラーの仕事ではある種の情報操作したり書類の仕事などとオフィスの仕事を する人たちがいます そして 産業が文明の間は実際に10世橋としてこのピラミッドの頂上には4本のオーナーたち がいたと言ってもいいと思います 資本のオーナーたちそしてまたとても少数のそうですね クリエイターのクラスクリエイターの クラスというものがいました これはエンジニアとか芸術家とか研究者とかいうそういう人たちです そして基本的にこれが過去を私たちに起こった動きですね しかし今私たちは情報時代に入っていますオートメーションが労働を重要ではなくして しまい そしてコンピューターが少しそホワイトカラーの仕事をするようになってきていますね すると2つの 異なる現実を考えることができますね一つはこれまで同様比較的少数の資本を持った人 たちあるいはほんの一握りのほとんどの資本を持っている人たちとクリエイターの クラスそれが一番上ですねそして少数の そうですねこれを三角形でちょっと書いておきましょう ここにあるものと同じ三角形ですね これはまあだごく少数の人たちが三角形の頂上にいます これの真ん中と下の二つはオートメーションとコンピュータが入ってくるのでここで 働くことができるのはほんの一握りの人間になってしまうんですね そしてこちらにいる人たちというのは基本的に取り残されます まあこれらの人々は経済から仲間外れになってしまいます これは誰にとっても良いことではないでしょうしかしもうひとつの現実もあるでしょう ねそこではそうですね この頂上の三角形を拡大することができたらと考えてみましょう つまりクリエイターのクラス放棄することができたらそしてもし人々が高い価値の労働 に参加できるようになったら これらの人たちはもっともっと 多くの収入を得ることができその人たちはもっと多くの資本を用いる立場になるかも しれません このようなことはシリコンバレーで見ることができますねグーグルやフェイスブックや apple で素敵なソフトウェアの仕事を持った人たちの収入は労働からだけでは ないでしょう この人たちの消費は収入も少ないでしょうからこの人たちは資本を貯めて 基本の持ち主になるでしょうですからもし私たちが教育を正しく使うことができれば 違った皆も可能です そしてもう一度言いますけどもこれは私のハートに近い考えですね この人たちが取り残された世界ではなくてオートメーションによって多くの労働 特にスキルのいらないコモディティの労働というでしょうがそういうものが入らなく なった世界に行くことができるでしょう ですからまあ逆の三角形になりますねそしてこの中間の情報処理するアホはいたカラー も多くはいらなくなるでしょう するとほとんどの人々はもし十分の教育は受けられないはこちらの 本当に高い価値のある仕事に就けるでしょう 労働からのリターンが資本から乗り誰よりも多くなるような労働がより力を持つ仕事 です そして労働からのリターンがより大きいためこれらの人々も増えてその人たちは収入の 分け前が増え そして資本を食べ始めることができるようになるでしょう もしこちらが現地だった場合こちらですねつまり基本的に資本の所有者でかつ ソフトウェアのエンジニア技術科がより人口のうちの多くを占めるようになった世界 です そして私が思うには研究開発をする人々というのはより良い教育があってこそ 植えるものと 思います この上の三角形を避けて下に行くということはより才能のある人材が多数あるという こと 良い教育を受けた労働者たちがいるということです もし私たちが上の方を排除できるならばある意味スタートレックのような世界になる でしょう さあトリックの世界ではスタートレックを普通 経済の艦艇からあまり見ないでしょうけども スタートレックではあまり人々が畑を耕したりはしません またスタートレックではデスクワークをする人はあまりいません star trek the みんなが rd 研究開発だったり 探検家だったりあるいはアーティストです ここでちょっと考えてほしいのは教育または知識を広めるということはとても強力な 平等への収束の力であり第2の金ぴかつでを避ける力ではないかということです