If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:7:11

ビデオのトランスクリプト

この労働大資本の疑問について考えるためにもう少し参考となる資料を見ていき ましょう これまで何度も言ってきましたけれども何かを生産するためにはこれらの両方が少しは 必要です または両方がたくさん室ですね それは労働力と4本ですねこれらが必要です すると質問はこの何かを出力として生産するときこの全部の生産酔わせてきた 出力があってその収入がありますけれども それからいくらを労働へと払いいくらを資本へと払うかをどう決めたらいいのかという 疑問です そうですねこれを考え一つの方法はどちらがより影響力 力があるかでしょう 金ぴか時代に戻ってみると金ぴか時代というのはまさしく産業革命のピークでした その時力のほとんどを持っていたのは4本のオーナーでした 以前にも言ったように当時成長していた公共というのは鉄道や工場や石油などでした ですから資本がここでのすべての影響力を持っていましたこれに関わっていた ほとんどの労働力はほとんどスキルがありませんでした つまり資本のオーナーから見ると労働力とは 子もでき使い捨てができる日用品でした ですから収入あるいは出力は資本へとどんどん流れることができました そしてピケティは可能性として私たちは第二の金ぴか時代に向かっているかもしれない 資本のリターンが成長よりも大きく富がどんどん集中していくからだと指摘しています しかしここでは考えるための参考資料を一つ示しましょう できれば他の試練を探してあなた自身の結論を導き出してください では今私たちが住んでいる世界を考えています私はこれシリコンバレーを考えます なぜならシリコンバレーは多分一番21世紀の経済工業がどのようなものかを示す ところだと思うからです では金ピカ時代とシリコンバレーつまりグーグルやフェイスブックアップルのような人 たちの公共との比較をしてみましょう シリコンバレーというのは資本が重要なのでしょうかそれとも労働が重要ですか シリコンバレーの産業は技術を創造することです例えばソフトウェアを創造すること です 特にソフトウェアを作るには資本はほとんど入りません 祖父体を作るには何十億ドルもするの製造工場も広大な土地も入れませんあなたの寝室 でもを 仕入れでもソフトウェアかけます実は私は押し入れで始めました つまりシリコンバレーでは労働がほとんどです さて産業革命の金ぴか時代では個々の労働者はあまり重要ではありませんでした その時代には誰か工場で流れ下げれば繰り返しの作業しています 一方でシリコンバレーの産業とは高いスキルを持った労働者が重要です 顔で書いておきますね高い高いスキルを持った労働者 シリコンバレーの場合には確実に高度なスキルを持った労働者がいるかいないかがその 組織会社個人にとって資本よりもずっと強いさんになります 実際シリコンバレーであなたがよく見るのはたくさんの資本の動きですつまり資本は 買収のためのコモディティーと考えられています しばしば例えば5人ぐらいのチームが最近に3カ月で何かをくみ上げてそれを 1000万ドルとか 5000万ドルとかの価値で購入するそういうためのコモディティとして資本が動いて います facebook やファッツアップのような組織が高度なスキルを持つ労働者の出力 から数十億ドルの価値を得ることがありました 4本ある程度の資本を必要ですオフィスが必要ですしサーバーも必要です しかしそれは金ピカ時代とは違っています価値のある部分のほとんどはコモディティー とは考えられていません オフィスは込めて ですねサーバーもコミュニティですこれらは簡単に変えられます しかし高度なスキルを持った労働者はコモディティーではありません このようなテーマを考える時には自分自身で次のような質問をしてみてください この場合はてもあるのか資本は r はいつも g より大きいか 資本は増大するのか収入はより資本へなるのかそれとも収入は高度なスキルを持つ労働 者は流れるのか もうあなたの頭の隅にはあるかもしれませんが他の疑問の一つとしてはシリコンバレー はソフトウェアだけじゃないよ ハードウェアまるよというものでしょうシリコンバレーで一番成功している会社の一つ は apple computer ですアップルはソフトウェアだけではなく iphone ipad アップのコンピュータなどハードウェアも作っています その産業はなに当てはまるでしょうか それは資本集中型でしょうかそうですねどのように iphone や ipad が 開発されたのか考えてみましょう それはカリフォルニアの空パーティーのにあるアップルで設計されます だからこの絵が箱に書かれるわけですねそれからデザインをいくつもの会社に送ります これらはその apple のサプライヤ供給者のいくつかです そしてこれらのか 会社は信じられないほどの資本集中方です しかしアップの視点からすればこれが全てではないんですけれどもコモディティです いくつかは特別な材料を作るなど製品の差別化をするためですけれども まぁしかしこれらの多くの会社はコモディティの生産業者とみられていますつまり apple は私たちにちゃんとして値段で売らないならもし 製品の値段をごまかしたりするならば同じ物を適正価格で売っている他の会社があるか をよと言えます そしてこれの会社が部品多く製品に組み上げてアップルにを繰り返しますねそして アップルがそれを箱に入れて売ると これもここにある供給の流れサプライチェーンで何が一体価値のあるものでしょう まずは明らかにマーケットに出すデザインですねもしこれが信じられないのでしたら iphone で生み出される収入はどれだけがアップに行くのか どれだけがこっちの供給側の会社に行くのか調べてみてください きっと驚きますよこれについて考える一つの方法で けれどもこれらの会社というのはある意味金ピカ時代の巨大な資本集約型の生産工場に 近いものです 一方こちらの会社であってもあぁランディ研究技術開発というのは金ピカせいでもそう でしたけどもとても重要な要素です そして rd には労働者が重要です 特に高いスキルや知識を持つ 労働者が重要です資本は確実になくてはいけませんけれどもしかし本当の価値がどこで 生まれているかを見るとそれはこの設計はマーケティングにおいてコードのスキルを 持った労働者たちからですそこにはクリエイティブの面があります もしあなたが信じられればこれは自分で考えて判断してください これだけでは不平等を心配しないで良いとは言えません もしこれでもちょっと見てここには収入がもっとある多分それは資本家流れず高度な スキルを持った労働者に行くだろうと子は言えないかもしれません この全部の歯想像し方向を考えて高度なスキル 思った労働者はこのほんの一部ですそしてここでも不平等が誇るでしょう それは金ピカ時代のように資本の持ち主たちが取ることはないかもしれませんが今度は 高度なスキルの持ち主に流れます そしてそれが不平等の原動力になるかもしれません しかしここがピケティは収束の力と呼ぶものが入るところです 彼は少し用の蓄積の力に重きを置いていてこの力には多少疑問を持っているですね しかしもし私たちがここに参加する人たちを増やすことができれば コードのスキルを持った労働者たちが増えればこれが平等へと収束する力となるかも しれません バランするかもしれませんそしてある種のネオ金ピカ時代ということは防げるかもしれ ません