If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:6:56

資本の成長と不平等の可能性を収入と結びつける

ビデオのトランスクリプト

私たちはこれまでに資本主義のマーケットの考えについて話をしてきました 資本主義のマーケットでは希望として競争による経済成長があります 経済成長 しかしその定義からマーケット経済では誰かが勝ち そして誰かはあまりうまくいきませんそしてこれも不平等の原因となります つまりマーケット経済では不平等は避けられない事実です しかしだからと言ってこれを完全に止めると言う必要もありません なぜなら辞めてしまうと経済成長には害があるかもしれないからです 実は皆が豊かになる可能性もありますなぜなら1人当たりの経済成長が増えればトップ 10%の人以外にも 恩恵がある可能性があるからですいつもそうとは限りませんそういう可能性もあると いうことです しかしそう考える前にもうちょっと不平等に関しての実際を考えてみましょう そして不平等がどう図られるのかそれが資本 収入の成長に対する資本そして資本からのリターンと以下に関係するかを考えましょう ここにあるのは土間 ピケティの本から取ってきたグラフです素敵なことに彼は品のすべてのグラフをここ からダウンロードできるようにしています このグラフは1910年から2010年までのアメリカ合衆国での収入の不平等を示し ています ここでは彼は不平等をトップ10%の人が国民所得のはどれだけを持つかで わかりました この点は1910年でトップ10%の人たちが国民所得の40%を少し超える収入を得 ているということです 1920年代後半になるとそれは50%に近づきますトップ10%の稼ぎ手が国民所得 の半分近くを稼いでいますそして大恐慌を経て 特に大事対戦以降これは30%くらいまで下がります そして1980年代から現在までこれは40%高の範囲まで戻っています トップ10%の稼ぎ手は国民所得の半分近くを得るようになってきていますね ではこれがどのように起こっているのかを可視化してみましょう 単に数値的にですね まずは これが1年目の経済としましょうか そうですねコピー&ペーストできるようにしておきましょう多分後で使いますかね コピーして よしではこれがその 一部分をレンジで書いておきましょうかそれがトップ10%の人々の持つ量とし ましょう これがだいたい1年目の3分の1ですねするとこれはトップ10%の人の持つ部分3分 の1です では格差の拡大があるとしてこのグラフでは 古賀1/333.3%かですね ですから私たちは60年から70年代のこの部分にいるふりをして じゃあこのこちらのグラフでトップ10%が国民所得の針でどんどん多くを持つように なる 動きのところにいるとしましょう それはこのオレンジの部分がこちらの緑の部分よりも速く成長するというようなもの です ですから例えばここ 10%成長して 一方でこちらは5%成長したとしましょう 時間が経つとこのオレンジの部分は緑の部分の中でどんどん大きな部分を占めるように なります 前のビデオで見たようにたとえこれが起こってもまあそしてこれは不平等の増大の定義 ですけれどもほかの90%はまだ大きなパイを持つシナリオの可能性もあります そして1人あたりではまだ豊かになる可能性がありますしかしこの日での焦点はそこで はありません このビデオの焦点は資本から塗 ターンの増大がこの現象不平等という現象はの原因となるという考えですね 収入の不平等となる原因であると 前のビデオでも見ましたけれども収入と遠いというのは同じものではありません しかしと見で代用することもできますと実が多いとその富からの収入も多いこと でしょう 資本からのリターンがあることでしょうそして経済を分類するもう一つの方法です けれども稼ぎてのトップの10%と その他90%の稼ぎ手について考えるという代わりに収入のうちのどれだけが資本の オーナーに行き どれだけが労働者に行くかというふうな分類もありますそれはより労働と資本での分割 だってボトムの90%トップ10%の対立ではありません ここではちょっとここにある部分について考えて違いをつくっていますね こちらにあるものが資本のオーナーにどれだけ行くかというものだとしましょう 資本のオーナーというのは不動産や資源などを持っている人たちですねそして国民所得 のどれだけが労働者に行くかそれをこちらに書いておきますここにある物が労働者に 幾分ですね では似たような考えですけれどももしこの青い部分が こちらの多い部分が 緑の部分よりも一貫して早く成長するのであればこちらの方よりも速く成長するので あれば資本に行く収入のパーセントはどんどんどんどん大きくなります 資本主義のマーケット経済のために資本は平等には分配されません 主に収入が等しく分配されるため資本は等しく分配 あることはなく基本的に不平等が導かれます 収入がどんどん資本に行くにつれて収入または富の上位10%の人たちによって資本は 不釣り合いに所有されます それは基本的にここに見られる現象不平等を導きます さて私はこれちょっとはっきりさせておけないんですけれども ここにある成長はあなたはピケティの本で資本のリターンという言葉を聞くでしょう けれどもピティの本では4本のリターンと成長率を比較します ここにあるこの青い部分の成長は資本のリターンではありません 資本のリターンを知るためには資本が 収入がいいくるかを知らなくてはいけませんしかしまたその資本の価値も知る必要が あります この図で私に分かることは資本が生み出した収入だけです しかし私にはこの資本の価値がわかりませんですから資本からのリターンを計算する ことができません ここにある子の成長というのは数年後に青い部分はここになって緑の部分が このように成長するということを示しますね ここにある成長は資本に対する収入の成長として見ることができます まあたぶん数日であまり聞いたことはないでしょう しかしここにある成長というのは前経済に対してまた分5%プラスの成長 これは g としてよく参照されものですつまりこれがそう経済成長です