If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:8:32

ビデオのトランスクリプト

不平等という言葉はその言葉そのもの自体少し不公平に聞こえます 明らかに皆が同じだけを持つことはありませんし皆が同じ収入とはならず 同じ富を持つわけではありません しかしここですべき質問というのはこれはいつも悪いという必然性があるのかです そしてもしこれが悪いことであったとしてもこれを直す方法はあるのか そうすることで逆に何か悪くなったりしないのか 特にあなたが助けたい人たちにとって悪いことにならないのかです もう一度言いますけれどもここでの私の目標は何がいいのか悪いのかを言うことでは ありません 私はこれについて考えるための枠組みを提供したいんです ではまず経済のパイが固定していうのは世界を考えましょう そこで不平等が増大するのはまあより少なくしかもっての人たちの明らかに良いように はみえません まずは固定したパイの大きさの経済 ここにある長方形がそれですそういうのを想像してみましょう あるとしそうですねこれ1年目の 国民総所得としましょう 1年目の国民総所得 そして1年目には上位10%を稼ぐ人たちが国民総所属の3分の1を稼ぐとしましょう その人たちは国民総所得の3分の1を得ますこれが上位10%ですねちょっとはっきり させておきたいですけどこの面積は長方形の10%の面積ではないですよ これは35% 実は3分の1でしたから33%でしょうね 1/3の綿製です しかしこれをもっているのは上位10%の人んですね つまり上位10%の人の収入全部がこの3分の1です 残りの90%の人々にはどうなのかというと この部分ですねこの残りの3分の2の部分が の氷を90%の人で分けることになります でもずここで static なつまり変化しないパイを見てみましょう 場合は同じ大きさのままですこれを経済のパイのことですがこれは視覚にパイを書いて いるであんまりパンようには見えないかもしれません まあ敗と言わない方がいいかもしれませんがまあ敗でいきましょう国民所得の スタティック 国民所得 static と の変化しないというです 変化しないので同じ大きさの長方形を書いてみます この状況で不平等が拡大すると 上位の10%が稼ぐ額はどうなるかというとそうですねここは経済10年目とし ましょうか 経済10年目です この日たちは国民所得の3分の1を持つのではなくもしかしたら半分を持つかもしれ ません 話を簡単にするために切りのいい数を選びました半分ですね この半分を上位10%の人たちが持っていると さて明らかにもしこうなると他の90%の人たちは国民調査の残りの半分をみんなで 分けなくてはいけません こっちが他の90%の人たちのものです ここでは基本的にゼロサムゲームつまり全部合わせると差し引きゼロですね もしスターティックの経済成長しない経済の場合には不平等 が増加するということはこちらの人々の一人頭の分け前つまり収入は減ります gdp の一人頭の取り分が減るということですですからこの人たちの生活水準は 下がることになるでしょうこの状況はこの人たちには良いことはありません しかし他の道も考え ましょうそれは経済が成長するという道です いくらかの不平等があったとしてもそれ以上の十分な経済成長がある場合には成長が不 平等を相殺する場合があります まあそれを可視化できるかどうかちょっとやってみましょう 経済 成長がある某 際成長 たとえば経済のパイが10年で劇的に成長した場合を考えます ここではちょっと話を簡単にするために 5 誇張して書いていますね こんな自分の高さにしていくでしょうか 今回は経済全体が そうですね 例えば 2倍になったしましょうか ここでは経済成長 10年目に2倍になりました そしてこの状況で富の不平等が同じように拡大したとしましょう 経済の1年目には上位10%の人たちが国民所得の3分の1を持っていて して10年目にはその人たちは国民所得の半分を持つとしましょうか 文に もうちょっと綺麗 で半分がこちらにありますね 国民所得の半分です これでも不平等は拡大した状況ですしかし国民所得の半分が残りの半分ですね こちら残りの半分が 他の90%人たちで分けられます その部分もかなり劇的に大きくなっていることに注意してください 私はこの図を正しい縮尺で書いたしましょう このちょっとこぴーあんどぺーすますか コピーして ペーストとこれが1年目に他の90%人たちでどれだけ分けているかと言うんですね 気がつきましたか以前は他の90%の人たちで分配されているようというのは小さかっ た ちょっとここには来ますか 10年目に他の90%人たちで分配されている量よりもずっと小さいですね もし人口がこれだけ増加しないしたらもし人口の増加が比較的安定しているとしたら あなたの1人あたりのわけまえ 一人当たりの gdp 1人当たりの収入というのは実は増えます ここにあるこの状況ではたとえ不平等が拡大したとしても経済のパイがより大きくなっ たためにこちらも裕福になると そしてこの事が基本的な1つの質問となります 特にあなたが経済システムについて考えているときこれマーケットのシステム資本主義 のシステム マーケットの経済ですね 少なくともこのマーケットの 経済では 少なくとも最近の歴史においてはこれが成長 富の生成つまりパイの 拡大経済成長を導くことが示されています 経済成長 しかし経済成長はまた不平等を伴います 不平等とこの不平等は成長の不可欠な服参院です するとここでしなくてはいけない質問というのはそうですねこれは必ずしも悪いことな のか ですもし十分に経済成長があれば皆が裕福になりますですから特定の人々がより裕福に なることはそんなに問題でありません 皆が裕福になっていくですね 重要なことは不平等だけに注目するとこちらの成長求めてしまうかもしれないことです もう一つの考え方はもしあなた自身が これの90%に属している場合を考えましょう その場合パイの大きさが専科せずに不平等が拡大する世界を望みますか それともこちらの世界を望みますか もう一度私のビデオのポイントというのはこうなる必要があるというわけでありません 無限に成長する経済というのは疑問です ある世界では国民所得の成長がこれも小さくたとえパイが大きくなってもう人々は裕福 にならないかもしれません しかしここでのポイントというのは不平等によってパイをより少なく受け取ってる人 たちがいつも貧しくなるという必然性はないということです もしパイが十分速く成長したらそうなりません また他のことも考えなくといけませんそうですね時に不平等を少なくしようとすると 経済の成長を止めてしまうかもしれません もしかしたらここで変えたように皆の生活が向上するシナリオだったかもしれないのに です もう一度指摘しますけれどもこれは本当にコンテクスト塗ります状況とか変数やあなた が見ている数字によって様々に変化するものです しかし私がここで強調したことは不平等が広がっているならこのほかの90%人たちは いつも来る子もんだとそういうことはないということです もちろん上位10%の人たちはまぁいつも不平等の角度 で利益を受けるでしょうけれどもそれは経済成長の副作用であるためこちらの人たちも 裕福になる可能性もあるということを考えてください