If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:3:52

ビデオのトランスクリプト

土間ピケティの21世紀の資本論は最近大変注目を集めている本です なぜならそれが収入の格差と富の格差という多くの人々に関心のある問題を取り扱って いるからですこのビデオでの私の目標はこの本が正しいとか間違っているかとかを言う ことではありません いや 的にものを考える方法を学ぶツールとしてこの本を使いたいと思います ですから本が正しいかどうかについてはあなたが自分で考えて判断しなくてはいけませ ん この本の素敵な点の一つは彼がすべてのチャートや頭を彼のウェブサイトで公開して いることです ですからここにあるすべてのスクリーンショットはこのピケ tps en sfr スラッシュ en スラッシュキャピタル22 c 2から採ってきたものです 私はぜひあなた自身でこれらのチャートを見てほしいと思いますというのも興味 るチャートがたくさんあるからですしかしそうする時には常にオープンかつ批判的な目 でそれが本当に意味があるかどうかを考えて欲しいと思います 意味がないかもしれないことや質問が出てきてもっと深く考えてみたくなること でしょう ではここにあるチャートから始めましょうなぜならこれが問題の大元かもしれないから です これはアメリカが中国における1810年から2010年の富の不平等のチャートです そしてどのように富の不平等を図るかはこの上位10分の1または上位1%の人が全体 の富を持つ割合として示された いますここが上1%の人が持つと見で この上位10%の人がも務める我は上ですね ではまず magenta でこのデータ点を書いてみましょうこれが言っていることはこの データに基づけば 1810年には上位1%最も豊かな1%の人たちはだいたい 国の富の全体の25%を持っていました そして上位10%はだいたい国全体の富の60%ぐらい思っていただけですね そしてこれがどのような傾向かというとこの傾向は1800年代を通して上昇して 20世紀の初めまで続きます この19世紀で子が20世紀初めですね 特にこの時期 この19世紀の最後のに30年ですけれども染め1800年代の終わりですけれども この時代はしばしば金ピカ時代として知られています 金ぴか時代金ピカ自体はかなり劇的な富の不平等と関連していう子です 金ぴか者ですねそしてこの本が取り上げている質問の一つというのは私たちはまた 金ピカ時代に入りつつあるのか ですもしここの傾向を見るとそうですねこの前の金ぴか時代といってもいいでしょう けれども まあ まだ前の金ぴか時代ほどはひどい二病でないことは確かですが しかし問題はこれからどうなっていくかです そして私たちはこれを心配しなくてはいけないのかということですね つまりこの質問はこの傾向が19世紀の最後の数十年のようにこんな感じになっていく のか まあ多分基本的なこのチャートではなんか金ぴか時代の最初の頃に似てますね またはこんな感じになっていくのかそれともこうなっていくのか そしてもしこんな感じに上っていくとしてもこの最初の金ぴか者にあったような同じ 現実になってしまうのか それは何かと3と関係した権力の不均衡となってしまうのか このような様々な質問についてすべて私たちは考えていくべきでしょう どんなタイプの現実になっていくのでしょうかまたはどうなるか について私たちが信じられるデータは何でしょうか そしてイノベーションの振興策や税制教育などどんな政治的な判断によって私たちは 今後どの道を歩むことになっていくのでしょうか あこれらの考えをこれからいくつかのビデオのチュートリアルで深く見ていきたいと おもいます