If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:7:46

r と g の関係を理解するための簡潔なモデル

ビデオのトランスクリプト

このビデオで私のしたいことというのは簡単なスプレッドシートをつくってみなぜ r が g よりも大きい場合には国民所得がより多く労働者よりも資本のオーナーに行く 傾向があるかを理解することです ではまず r が 4%としましょうこの過程はて帰ることもできます まあこれは私たちはし仮定している資本家のリターンです ここでは一定した率としましょう そして経済成長は2%にしましょうねつまり子は r が g よりも大きいシナリオ 仮定しています このカラムにはと塩かけますね12とまぁ中15年もあれば傾向が見えるでしょう では国の性について考えます 国の資本 また総資本と言うべきでしょうかね私たちの経済の4本です 国民所得についても考えたいと思います国民所得 つまりこれが経済の出力国民所得とを見ることができますね すると収入を資本と労働者の間ではけることがあるでしょう まずは資本への収入そして労働者やの収入 そしてこれは全体のパーセンテージとして考えましょう 資本を全体のパーセンテージとして考えます でここでいくつかの過程をしましょう私の総資本はいくらかを考えるとそうですね適当 な数してみますね 4000としましょうか もしここでこれが何百万ドルという話をしてるとしたらこれ4兆ドルですね まあでもここでは厳密な額は忘れますこれは単に4000としますね 何百万ドルなれば4兆ドルですけどもまぁここでは単なる4戦です そして私たちの国民所得を戦闘しましょうか もうこれに関連するグラフを見てきましたね少なくとも米国では国の試算を国民所得の パーセンテージとすると約400からを100%でした その方にで上下してましたねつまり国民所得の死後場合です するとこれはそんなに的外れな率ではありません では資本へのオーナーの収入は何でしょうかは資本家のリターンは3%といったので この3%仁哉 これは取る聞くを出すためこれ私は af の4をしました これはあとでこれはドラッグダウンするときにこのせるへの参照そのようにするためと いうことがわかると思います これかけることのこの経済にある資本の送料ですねこれは120になります この b 1のドル記号に注意してくださいいつもここを参照したいのですしかし ビーゴにはドル記号をつけませんというのもドラッグダウンした時にいつもこちらの セルを参照したんですね つまりドラッグしてもこの 3%をいつも参照したいのですそのためにここでドル記号で安価しています そしてこの列と資本をかけたいと思います まっすぐとなるか見せましょうで労働への収入は何ですか それはのこれもですね国民所得-4本への収入です そして資本は全体のパーセンテージで示していますね それが等しいのは資本への収入は d の後でこれを選んでそれを国民所得で終わり ます すると12%ですね そしてここでは資本への収入は毎年すべて資本へと再投資されると仮定します つまりまあ何も消費されません2年目の資本は去年の資本の勝ち +ことの資本への新しい収入です去年の資本への収入が再投資されていました それは指標になりますね5 は単に私が仮定したことです そして国民所得は成長します 前の年の国民所得 +ことのそうですねご掛け算になって 1+ この分ですねこれまで風4をしてここを参照し続けるようにしますね 注意してほしいのは2%成長したということですね さてここにある2つのものは実はこれら3つですねこれはドラッグダウンすればいい です さてこれで私はここにドル記号をいた価値がわかってくると嬉しいですなぜなら私が これをドラッグダウンしたときこれはまだ b の1を参照しています なぜなら取る金はここにあるからですねこれは単に3%カケルビーノ6ですそして b 6はこれですねこれは b の量ですけどもこの列を見ています これがスプレッドシートの本当に便利なことの一つですね そして実際にこの業 chocole パーセンテージにしてみましょうかソフト少し 生みやすいと思います ok できました そしてこれを続けましょう続けて下までいきます どうなりましたか それちょっと余計な桁を除いていきましょう散らかった感じですね こうですね 少し見やすくなりました でここでは何が起きていますか そうですね r が固定した資本家のリターンで それは成長よりも大きい場合資本への収入は国民所得のパーセンテージとして大きく なっていくことがわかります どんどん大きくなりますねこれを不平等の指標とすることもできます なぜなら以前見たように資本は収入の女医の人たち1%10%25%とか まあ あとはどう定義するかですけれどもその上位の人たちに集中する傾向があります ただしこれは単なる指標ですあなたが他にも注意しなくてはいけないことというのは不 平等は資本主義マーケット経済の自然な副産物だということですここでは収入が どんどん資本のオーナーに行くとしても労働者の収入もまた増加し ているのがわかりますねそれ自身ではこれがいつもいいことかどうかは分かりません 例えばもしこれも早く人口が増加してたらどうなるか 労働の収入は人口で終わりますねそれは労働者1人あたまの収入としてある意味 個人労働者が稼ぐ額の指標ですつまりここが増加していても人口増加がそれよりも 早ければあまりいい事にはなりません というのも1人頭の収入は減っていくかもしれないからです しかしもし人口が安定してい でまたはこれと同じぐらいの増加にとどまっていればまあこの測り方で不平等が増加し ている場合 つまり収入がより資本へと行く場合でも労働者たちは実際には裕福になっています さてここで私たちが作ったこのモデルのある意味敏感さをテストするために他の値を 試してみましょう もし資本家のリターンがもっと大きいとすると5%すると格差がずっと増大することは 分かります10%すると まああまり有り難くない状況だったことがわかりますね この場合にはかなり極端な状況になっています こうなると突然労働者の収入はこれ一人頭とかではなくて全体で実際に減っています つまりこの数がいくつかというのは本当に重要なことです もちろん経済成長はかなり強い場合には これでもまだ足りないですねしかしもし経済成長が9%とすれば突然これは皆にとって も良いしなるようになりますこれは少なくとも不平等の指標ともなる 資本への収入の割合は増加してますけれども経済も十分に速く成長しているので皆が 利益を受けています さて私はここであなたに このようなモデルを自分で作ってみて欲しいと思いますそしてこれらの数をいろいろ 試して理解を深めてください もし r 度 g が定数と仮定して最初の資本と国民所得などのいくつかの過程をい た時そのままどんどん未来にいくとどんな風にこれが破綻してしまうのか いろいろ試してみましょう