If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:8:30

資本の価格とリターンの間の逆比例の関係

ビデオのトランスクリプト

これまで見てきたピケティの本の内容は資本からのリターンが今後増えていく 資本からのリターンは経済成長も早いという考えでした ここには民間の指標の価値が国民総収得の割合として示されているグラフがあります ここではピケティのいう動きが見えますねこの動きはいくつものグラフで何度も出てき ますここが金ピカ時代の最中でここでピークをちょっとしたピークを迎えます そして20世紀の初めには下がって現代までは上がってき していますねここが現在のデータ点です これここにあるのはピケティの予想ですそれは資本のリターンの r が g よりも 速く成長するという考えに基づいたピケティの予想です しかしここで考えなくてはいけないことはどうしてこの動きが起こりそうなのか ですどうしてこの動きが起こるかもしれないかの理由を考えましょう ではなぜ民間の資本の価値は上がったり下がったりするかについて考えてみましょう では仮にまず私たちにある資産があるとしましょうか ある資産がここにあります そしてその現在の価値はどうしましょうか私が市場に行ってそれを買ったとしましょう その現在の価値を今日の勝ちですね 今日の勝ちは100ドルあります そしてこれが収入を生むとしましょう の収入を10ドルとしましょうか この子さんからの私へのリターンというのは10%です 10%100ドルの投資に対して10ドルを得ました さてこの値が上がるいくつかの理由があります 一つの理由というのはこの子さんがもっと収入を生むようになったというものですね これは資産からの収入が増えて収入が増えるということはより価値のあるものになると いう考えですねこれからはもっと多くの収入を得られになったタウン例えば うまく運用されとかなにかでしょうねこれは未来にどうなるかというのを書いてみ ましょう 3 ai にはこれが 練習を多くうむそうですね20ドルの収入を6としましょう そして人々のリターンが同じと考えたします 価値は人々がどうかが決まるということが一つのポイントですねそうそ人々はそれでも まだ10%のリターンがあるならばその分の価値を払うつもりがあるよと言うでしょう つまり同じ子さんでもリターンのか が関わればその価値は変わりますつまりこれは市場でこの価値が200ドルになったと いうことですね つまりこれは価値が増える1つの理由ですねこれ逆になる場合もありますよ 200段の価値があったものが収入が半分になればリターンの割合が同じと人々が 考えるとこの価値は半分になります これがなぜ資産の価値が上がるかという一つのしれないですね しかしこれは資産の価値が上がる唯一の理由ではありません 他にも資産の値段が上がる理由というのがあります 例えば資本がどんどん増えてでもプロジェクトの数はあまり増えな場合投資できる プロジェクトの数が少なくなる場合ですね 特に経済の成長が低調停滞するような場合です 資本の量は増加するんですけれどもプロジェクトの数は総体的に減少する そういう場合ですそういう世界では何が起こりますか そうですねここでは私たちは単にこれが収入として10ドルを生産し続けると仮定し ました つまりこれは収入が10ドルのままです10ドルのままです しかしこう 考えましょうこれを以前は100ドルで買うことができた しかし次に100ドル分の身を守ったほかの人が踏襲する時に言います 10ドルの週になる何かもう見つからないとするとヘイ9%にも買うよちょっと書き金 をあげるよ この4本あなたから10010でも買う気はあるよとまたは102ドルとかまぁ儲けが 出なくなる曲 前までこれは続くでしょうこの人たちはもう10%のリターンを手に入ることができ ませんが100ドルにつき5%にも良いリターなるあるかもしれません するそうすると彼らはこの試算で5%のリターンを得ようとするでしょう すると彼らはこれをせり上げてそれで資本をさらに追い求めますあるいはこの プロジェクトでもっとお金をつぎ込む人が増え ますするとこの資産の価値が上がったと優勝 例えば200ドルまであるかもしれませんね それはまで同じ収入を見ますがリターンは5%なりました なぜこの場合の話をしたかですけれども資本の価値が上がってもリターンが増えないと いうことがあるからです 実際マーケットでは普通それらは互いに反比例の関係があります より高いリターンを持つ再建の値段はより低くなります 最近の値段がより高いというものはより低いリターンを意味しますまあ安全なものは 高いけどもリターンが低いという このようなものを何か見るときには このようなもの何か見た国はこれは資本の蓄積がどんどん大きくなってプロジェクトが 資本の量に比例して増えない場合には潜在的にはどんどんプロジェクトは少なくなって いくことを示します 特に経済成長が低い場合にはそうですしかしこれは資本蓄積の話でありますけれども r が小さくなっていく場合です 実際の潜在的な b た が小さくなっている場合ですそしておそらく地経済成長率へと収束し始めます もう一つの似たような考えは資本が追いかけるプロジェクトが減るという場合です 実際にそうなる理由というのは人々が10%のリターンを怖がるようになるからです 人々が通して大失敗してしまう場合がある戦争があったりするとお金を向上 などには投資したくなくなりますお金を自分の家のマットレスの下とかに隠しように なります しかし時間がしばらく経つと人々のリスク嫌いが減ってきてマーケットに投資をしたく なってきます プロジェクトに投資をしたりビジネスを始めたりということになりますそして人々は リスクをより取るようになりますね こちらは多分リスク嫌いな世界です もし私に投資をしてほしかったら高いリターンをくれなければ嫌だよという世界ですね しかし未来になってリスクに寛容になるリスクに寛容になるとこちらのようになるかも しれません こちらリスクがあってしかしリスクに寛容な世界ではあなたはこう言うかもしれません り すぐに寛容な世界では ok マットレスの下に資本を置いておいてもリターンはゼロ だ それなら銀行に預けるかもっとリターナーほしいだから私の他にはもっと資本に投資し てもいいとするとまた人々が資本をせり上げるようになります すると低いリターンでも良くなりますこちらでは高いリターンを期待していますがそれ はリスクが高いかですねこの たちは失敗を怖がっていますもし私の資本欲しいならばたくさんリターンをくれないと ダメだよと こちら hey 今は戦争とかで私の財産消えたりしないだろうから投資する気がある よと言うんですねここではその資本を増える傾向があります そして低いリターンが輸送されていますねすると価値が上がっていきます 実際にこれがここで見ているものと一貫していますねこれはこの期間は こちらですねこの期間は大変不穏な時代でした 世界の歴史において二つの最大の戦争がありました人々がとてもとてもリスクを嫌う ようになるのが想像できることでしょう 人々は何が起こるのか不安になってお金をため込んだり 財産を売ろうとすることが想像できると思いますすると資本はどんどん減っていきます リスクを着れば着るほどこの現実へと動きますねしかし戦後の時代になってこれらの 戦争の記憶が薄れて人々はよりリスクに寛容になっていきシステムにもっと資本が入っ てきますせー撮影が変化し資本がもっともっと蓄積されます もし産業革命以前の時代に戻る をすると中世の時代などに戻ると4本のソロというのは限られていました それは基本的に土地だけでした産業革命を過ぎると特に2021世紀には土地は全4本 の値に対して小さなバリエしかし目なくなりました 今日では新しい旬が作り出されました技術や知的財産があります そして ここには傾向がありますもう一度言いますけれども私はこれに確信を持っているわけで ありません 判断をするのはあなた自身ですこの傾向は金ピカぜに戻ることを意味するとは言い切れ ません 資本がどんどん増えプロジェクトは総体的にさらに少なくなりそして実はリターンが 低くなるかもしれません または単に人々はもっとリスクに寛容になる かもしれませんそして人々はより低いリターンでも受け入れるかもしれません するとこのグラフがどうなるのかははっきりしません 一つだけはっきりさせておきたいことはグラフが以前と似ているからといって 第二の金ぴか時代が来るとは限らないとそれはあなたが判断することです