If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:8:17

r が g よりも大きいが,不平等ではない場合

ビデオのトランスクリプト

トマピケティの本のコアとなる考えの一つはもし資本家のリターンあるか 経済成長 g よりも大きければそれが不平等を導くかもしれないということです これは不平等の駆動力になるかもしれません そして不平等はマーケット資本主義経済では自然に起こる副産物です 経済成長では何らかの不平等は起こります誰でも会社を作れるようにすればラッキーな 人たちもいればそうでない人たちもできますねたくさん当たる人たちもいればそうで ない人たちもいるし資本をうまく割り当てることが出来る人たちもいればそうでない人 たちも ますそういうことが皆ここにありますけれどもしかし極端な場合にはこれは悪いことに なるでしょう 特に民主主義に悪いかもしれません ある意味あまりに富と権力が集中してしまうと最悪の場合これ自身が自分自身を駆動 することになって実はそれによって経済が停滞しかねません 例えば10分の消費者がいなくなったり人々から購買力は減ったり 可処分所得が減ってしまえば経済はて 痛いしますしかしここで私が本当に焦点を当てたいことはここにあり因果関係が実際に あるかとか これをどれだけ心配するべきかではありません繰り返しになりますけれども私の ポイントはこの本の一部や全体に賛成するかどうかの意見を与えることでありません 私は単にフレームワークを提供したいんです少なくてもこの本か は興味深い話題が出てきますそれはたくさんの興味ある分析な素材と批判的な考え方と 言えるようなものを提供してくれます そしてそれこそ私があなたにとってもらいたいものですそしてあなたが自分自身で判断 する必要がありますここで私は育つもある状況を示したいと思います4本からの リターンが経済 政治にも大きくて不平等が増大する原因の正代表となるようなことができるような状況 を示したいと思います そしてもちろんこの関係に必然性があるかどうかはある意味難しいものです しかしこの場合でも常にそうなるわけではありません これについて考えてみるために全ての経済がりんごの生産だけという経済を想像してみ ましょう りんごの掲載ですね さてこれを経済全体としてみましょう これをコピーして イーストしてそれで経済成長を見せたいと思います これが私たちの経済のすべてここによるものが1年目の経済としましょう 経済1年目 1年目に この経済では先行の連銀子が生産されたとしましょう 1000個のリンゴですそして2年目は 2年目 2年目には経済成長があったとするのでまずそれを書いてみましょうか 経済成長 g が 1年目から2年見に行くと2%だったとしましょう 千2%ですから20個のリンゴがさらに生産されたということですねという線20個の リンゴが生産されました は1年目には1000個のリンゴ生産されてそれを藤堂 分けたかということですけれども 私は単にこれを半分に分けました そしてそのうちの500個が資本のオーナーに言ったとしましょう 500個が資本のオーナーに行く は資本のオーナーはどうなりますか彼らがどれだけも使うんですけどもまぁここにある のとても単純な経済でたった一つの産業しかありません しかし本のオーナーというのはマーリン声の持ち主で機の持ち主だったり機械の持ち主 だったり何かりんご取るのに必要なものの持ち主です 残りの500個が 労働者に行くとしましょう500個が労働者に行く ここにある資本の価値は 資本の勝ち 日本の価値はりんご換算で私じゃここではすべてがりーまーと仮定したのでリンゴ換算 になりますね ちょっとこのりんご園を買うにはオーナーはそうですね4000個のリンゴを支払わ なくてはいけないとしましょう 4000個のリングですねソース1年目の資本からのリターンは何でしょうか 資本からの いたああああ 1年目の資本は リターンは500個のリングでしたね 500個のリンゴ そしてこれをコストや資本の勝ちといった方ですね 資本の歌詞で割ると4000個のリンゴで終わります と5 r 40ですね 5割40というのは 1/8ですね 1/8ですからそれは12.5%になります 12.5% それと資本家のリターンは少なくとも一年目は どうかとや先に年目を見てみましょう2年目の資本からのリターンを見ています そしてここによる経済成長と比べてみましょうか シュート4本の勝ちですけれども ここにあるすべてが再び再投資されたしましょう 斎藤したいとするとするとこの資本の価値というのは ここで4000歩に+500個ですねですから4500個分のりんごになります オーナーたちはビジネスに斎藤しましたもちろんオーナーたちは資本に全部斎藤する 必要ありませんけれども これらの増えた500のりんごを何か機会や土地を買うことなどに利用したんだとし ましょう そしてこの年には労働者たちの力が少し強かったとしましょう この年は労働者の力が強かったので500個だけが資本の持ち主に行ったとします もちろんこうなる必要はなくたまたまこうだったしましょうもし資本の持ち主の方が 影響力が大きければ交渉はこうならなかったでしょうね この場合でもまだ500個がロード夫 4本ですね500個は資本へ行きます そして520個が暴動者へと行きます 520個 ずっとここでは資本からのリターンは 支援からリターンはまあまだ500個のリンゴですね そしてこれを破ることの 4,500 んです 4500個のリンゴですね これは 1/9に等しいですね1/9ですから 0.99ところですかいや0.11ところですね 1ぱる級で0.111ですねまぁするとだいたいそれは 11% 何は11.1%と言いましょうか約11点1%ですね さてなぜ私がこれを見せなかったかです どうして私はこの増加いた彼はこれは r が g よりも大きい状況ですね 春からのリターンは12.5%21.1%ですこれは両方とも経済成長よりもずっと 大きいからです しかしそうであっても不平等が増大していません この状況はもちろん私はそうなるようにわざと数を選んだからです不平等が広がるよう に数を選ぶこともできました しかしこれで r が g よりも大きいだけでは不平等にはならないこともあること がわかります 今後のビデオでは私はスプレッドシートを使って r が g よりも大きな定数のままで不平等が拡大する場合お見せしましょう 獅子今回これを見せしたのはある与えられた期間で r が g よりも大きいからと いって不平等が拡大される必要がないということです この場合には労働者の方がそう国民所得の多くを得るようになりました もう一度 旬と労働と収入の不平等の間の関係ですけれども 一般的には労働に行く収入というものは収入の少ない人々へと行くことが多いです そして 資本に行く収入というのは上位の例えば10%部分に行くということが多いものです なぜなら資本は収入の上位の少ない人数の人たちへと集中する傾向があるからです