If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:9:47

ビデオのトランスクリプト

本のほかのグラフをいくつか見て深く議論を掘り下げていく前に トマピケティの本の概要がなぜアメリカで収入の不平等の拡大があるかについての2つ の理論であることを考えてみましょう 一つの理論は労働者階級が原因だというものです 労働者階級が格差を駆動する特にこの現象があるのは例えばトップ経営者たちの場合 です ここで話をしているのは巨大な会社の上級管理職などのことです 会社が巨大になり収入の分け前も巨大になってきています 収入の分け前が大きくなっている そして彼はこれは格差拡大の2つの理由のうちの一つだろうと主張します 例えば市場が会社の価値は認めたとかトップ経営者たちの重要性が認められたとかかも しれません 最近のに30年に市場は hey この人たちにもっともっともっとお金払うの価値があるよと考えました なぜならこれらが大きな皿リーダーとしてもこの会社はとてもとても大きいんですもし あなたが何十億ドルを稼ぐ企業で12あるいは3%多くの4本に対してのリターンを 得られる原動力となるならあるいはねに何十億ドルを稼ぐ企業でちょっとの成長 原料力になるならばたぶん多くのとても多くの収入をこの人たちに与えることは価値が あることでしょう ですから一つの可能性というのはこう書いていきますけれども 市場が価値を認めたということです 市場が価値を認めたいっ しかしピケティが引用しているもう一つのことそして彼が実際にし尺 たぶんそうだと彼が信じているということは次のことです ここ数十年にわたってトップの経営者たちというのは基本的にいくらの給料をとるかを 自分たち自身でコントロールしてきました そしてそこではチェック機構とかバランスを考えた事はあんまりありません 彼はこういうことが頻繁に起こったのではと主張していますこれはある種の収入の自己 規定と言えるでしょう 事故起きてこの場合ほとんどの人はもし自分で自分の給料の額を決められるならばそれ を増やす傾向があるでしょう またこの両方の組み合わせですかね これはこれがトップの経営者たちの収入の分け前がどんどん大きくなり不平等が拡大 するダイナミクスの一つと主張しています 格差拡大のもう一つの理由は資本によって駆動されるものです つまりもう一つの主張は資本が原因です 4本 資本とそれを取り巻くすべてのアイディアですね もししほんのりターン r が成長 g よりも大きい場合何世代かすると資本を持つ 人たち 特に資本から彼らの収入の幾分かお子様に比例して作るような人たちの場合ですね彼ら の収入は彼らの富に比例して増大し その経済全体に占めるをリーがどんどん大きくなっていきます これはどういう意味かというとそうですねもしあなたが他のほとんどの収入が労働から 来ている場合あなたの給料というのはあなたが会社などの組織に対して加えることが できる価値が市場価格でいくらかとか あるいは他にどれだけの人たちがそのスキルを持っているかあなたの交渉能力そして これら全てを合わせたものに基づくでしょう しかしもしあなたの収入のほとんどが労働ではなくこの r 4本からのリターンよっ て作られたしたらどうでしょう そうですね例えばあなたは医者だとしましょうあなたは一緒です そして年収が20万ドルだとしましょう 年に20万ドル稼ぐと仮定しちょっと医療ちゃんとして見えるようにしますこれが あなたの収入ですね 労働からの労働からの収入です しかし例えばなったが おですね いくらにしましょうか 1000万ドルの遺産を相続したと仮定しましょう 1000万ドルの遺産を相続した そしてそれを投資して5%のリターンはたしましょう もう このリターンをキャピタル資本のリターンが5% これは r が5%に等しい投稿を書いていきましょう 1000万での5%というのは50万ドルですね ということは年に50万度ですここにあるのはシフォンからのリターンですね この収入は資本からのリターンです 彼のここでの主張というのは一度あなたがある量の資本を持つとその時点からあなたは より多くの資本を持ち始めます そして経済成長よりもリターン大きい場合を考えるとまぁこの場合そうですね1社が その例です 彼の富は1000万ドル河川50万ドル増えてさらに次の子のまた5% 年々それは続きますそれは経済成長も早く増えます すると彼は総数でしょうそしてまたあなたはそれを子供や誰かに相続させることになる でしょう すると相続した人たちは同じ方法で複利を受けてある時間が過ぎるとその人たちは王朝 の富のようなものを持つでしょう そこではと実は増大し相続した人たちは仕事を持つ人もありません この現象はいくらかの遺産を相続して踏襲しそのリターン率は経済成長以上ならいつで も起きます これは長い時を経て経済の中でどんどん大きくなってきます まあこれについては後でスプレッドシートお見せしましょう さてピケティがさらにしてきたことは同じような働きのあるほかの力学もありそうだと いうことです ここでるり曲はそうですね多分優秀な労働者やあるいはある分野スポーツスターとか ファイナンス最高のヘッジファンドのマネージャーとかぽーとボリュームマネージャー というのは組織の収入のうちの多くの分け前を受け取るでしょう その宇宙いくらかを正当化されたりまたはこのリターンは労働への対価というを 戻ったりするかもしれません しかしそれはまた逆方向にも働きます人々が巨大な労働収入を得たときそれによって その人たちは彼のお金をこちらのカテゴリへと移動させる可能性を持ちますそうすると 彼らの収入多くやあるいはすべてをこれらの資本のリターンからとして受け取るように なるでしょう それは労働からの収入 も大きくなるでしょう この考えというのはもしあなたにより大きな収入があれば単純に貯蓄率がより高くなる からずここについてもう少し分かりやすくしておきましょう 例えばそうですね人が2人いたずして a さんと b さんがいたとしましょう a さんは10万ドルの年収があるとしましょうか 10万ドルの年収そして be hot 色ちゃんと区別しておきますね a さんは10万ドルの年収がある そして b さんには100万ドルの年収があるとしましょう 100万である これが彼らの収入ですね収入と まあこれを私たちはどうやって稼いだのが集まり労働か 資本家のリターンかについては入ってません では a さんをそうですね中の上の生活をしている人たちと考えましょう 例えば a さんには家のローンがあって子供たちは大学に通っているとかそういう 感じですね a さんはそこで資質としては 年に8万ドルし出願しましょう簡単にするためにこれをみんな 税金を払った後の話をしますね そして a さんの消費は年に8万ドルです 残りは貯蓄に回しましょう ですからエイサーの貯蓄は 年に2万ドルになります デビーさんについて考えましょう税金を払った後の収入が年中 100万ドルですねすると b さんの家族は私が想像するにもっと魅惑的な生活に なるでしょうね多分 b さんは使うお金というのはマ ここで a さんと b さんの家族同じサイズにしましょうまあ b さんは a さんの5倍のお金は 消失と言いましょうかすると b さんの家族は よりさらに消費の多いライフ伝えを持つと言えるかもしれません その場合5倍ですが40万でですね40万ドルを生活に使いますストビーさん貯蓄は 60万ドルですね こちらの人は20%の貯蓄率があるということは ok でしょう この家族は税金を払った後の就任の20%を貯蓄にしてこちらは60%の貯蓄率があり ます 確かにこちらの家族はすごい贅沢をして年に80万ドル使うことも出来ますけれども まあではあればある を使うかということですけれども実はこれだけのお金を使うというのは難しいことです 実際もしもう少しを提唱時の人の場合例えば4万ドル5万ドルの練習の場合には年収を 全部使わないと生活できないかもしれません 数の場合には貯蓄率はゼロになりますね 税金を払った後の収入があなたの生活中旬の二標準に比べてどんどん大きくなっていく と貯蓄率は一般に上がってその人たちはこちらのカテゴリーつまり資本のリターンに よって利益を受ける可能性があるカテゴリに移動していきます特に指標のリターンの 経済成長にも大きい場合はそうなるでしょうね するとこれは長い期間にわたるものかという質問も出てくるでしょう もう一度私のポイントは現在進行していることを明らかにしたいという事ですそれが この本が人気になっているでしょうね しかしあなたは曇りのないオープンな目でまた同時に批判的な目でこの本を見るべき です 例えばなぜ r は g よりずっと大きい 今まで色々ないのかなぜこのシステムは崩壊するかもしれないのか そもそもここでの説明をあなたは納得できたでしょうか おかしいと思うところがあればなぜおかしいのか考えそれを裏付ける情報を探し ましょう また納得できたという場合にも私がここで述べたこと以外に裏付けるデータはどんな ものかを考えて調べてみましょう