If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:9:30

ビデオのトランスクリプト

トマピケティの本のタイトルは21世紀の資本論です するとまず資本とは何かについて話をしておくのは多分いい考えでしょう もしあなたが何かを作る生産するとなると何かのインプットが必要です 何かその生産するもののインプット原材料などを使って何かを作ることになる でしょう例えばあなたは農場を持っていたとしましょう するとあなたのアウトプットは食べ物ですあなたの入力は何なるでしょうか ここにあるマールが農場ですねそして アウトプットは 食べ物になりますあなたのインプットは何でしょうか まあ多分土地が必要なのでしょうね あれは水も必要でしょうね そして何か 道具も必要になるでしょう 道具機械とかも必要なんでしょうね もしかしたらいくらかの例えばたねとか家畜とかそういうものも必要になるかもしれ ません 私はそれをここに一緒に消耗品として書いておきます もちろんこれらを使って食べ物を生産するための人も必要になるでしょうね 基本的にその土地で働く人たちのことですね 土地を耕したり種を植えたり作物を収穫したり そしてこれらのすべての人々を管理するしたりする人たちです つまり労働者が必要になるでしょうこれらのすべての生産の要素を一緒に考えますこれ は基本的に農場を示していてアウトプット とは食べ物です 人々が生産の要素としての資本について語るとき人々は時にはかなり狭い範囲で考え ますとちと資源を分けて考えたり時には4本というのはこれはあなたの道具とあなたの 消耗品だと分けているようなこともあります人々がもっと一般的に英語を使う場合特に この本で注目しているものは人々 は労働者大資本について話をしているような場合です そのような文脈では4本というのはそうですねこれをこの2つのカテゴリーだけ分けて おきましょう こちらを4本としますし本当は基本的にほとんどその他なんでも示してますねそして 資本について考え一つの方法は多分あなたが持っているものとか 将来何かの利益を生み出す何か価値のあるもののことです これらはあなたが売ったり買ったりできる子さんのことです 他のビジネスについても考えることができるでしょう 何かを清算しようするほかのことですけれども そうですね鉱山をあなたが持っているとしましょう ここには何か生産活動があります それが生産するのは出力アウトプットはまあこれ均衡だとして金を作るとしましょう ここで必要なインプットは何でしょうかもちろん労働者は必要ですね 鉱夫たちはこの金の生産活動の管理職の人々が必要です しかしこれで全部必要なものは揃ったというわけではありません 例えばエネルギー あなたの動画を貸すための電気などないこっちもこっちもエネルギーを変えていき ましょう まあそのうちのある分は太陽からとかある分はどこからか買うとかどうにかして ニュル入手する必要があります そしてまた機械や道具も必要ですねそして 消耗品もやっぱり必要ですね まあ例えばエネルギーというのは消耗品と考えるともできます もしあなたがエネルギーを週数ならそれを使ったタイヤとかなんか道具とかが必要に なるでしょうね 労働者に提供するための食べ物も必要になってくるかもしれません 他にもまあいろいろ必要ですね そしてもちろん土地も必要です実際に鉱脈を掘るための土地が必要ですね ここでは私たちがとても広い見て言葉を考えとしたらこれらはすべてを4本としてこれ らをみんな合わせて4本として見ることができます もちろんあなたには労働者がいて労働者と資本を一緒に利用してそして金を 生産します一条で4曲もう一つの考えを明らかにし品についての本では何度も登場する ものですがそれは資本からのビターンビターンの音キャピタルという考えです二 リターンを kapital これは単にあなたが使っている4本の価値を与える尺度のことです その4本であなたはどれだけの収入が得られるかというものです 例えばこの農場を考えてみましょう この資本のそう価値は例えばそれは 分かりませんけどもまぁ何か適当なおかずにしましょう 例えば100万ドルとしましょう これは全部の価値は100万ドルです土地とかい気を使うことができたり道具や消耗品 などの全部の価値をまとめたものですねそれが100万ドルの資本だとしましょう この城の価値は100万でおります ではあなたが労働者に給料を払った後のことを考えるとこの農場の収入というのは そうですねちょっと広い用語を使いましょうこの生産された食べ物は 市場で そうですね10万ドルの価値があったとしましょう ではこの10万ドルからあなたはもちろん労働者に給料を払わなくてはいけません それが5万ドル立たずしましょうか この5万ドルが労働者に行きますこれはある年の話をしましょうあなたは労働者と資本 を使いました そして10万ドルの価値の食べ物を生産しました 労働者に渡った5万ドルは資本のリターンになるでしょうまだ5万ドルの資本が資本の 持ち主 農場の持ち主ですねその人には残っています 資本の持ち主がこの残りの5万ドルを 5万ドルをを受けておりますこちらの資本のリターンも5万ドルですねこれはこの資本 の所有者が受け取るものです それが100万ドルの投資のリターンです100万ドルの投資の見返りですね この割合というのは これは後バル100頭ないですねですからこれは 5%と同じことですあなたは5%の資本のリターンがありますあなたは100万ドル 投資して5万ドルを得ました もし資本のリターンが6%あるとすると100万ドル投資して 6万ドルを得たということです ではこれについてもう少し考えてみましょう これはまたまた品から取ってきたとても素敵なチャートです とても興味深いチャーですねここは ピケティ. pc . en s todd fr キャピタル21 c ております ばかりの本のすべてのチャートがここにあります少なくともこれで興味や分析ができ ますね彼はここに集めた情報をここに置いていますこれはアメリカの資本と奴隷という タイトルがついたぞです またがアメリカの歴史を勉強すると奴隷 映像について多く学ぶでしょう奴隷制度は忌むべきものでありまたそうでしたが しかし人々が奴隷を4本と見ていて労働者としては見ていなかったことにはなかなか気 がつきません 人々は奴隷は何か買ったり売ったりするもので彼らにとって所有して将来の収入を作る ものでした この頭は歴史を通して の資本の内訳についての感覚について教えてくれます少なくともアメリカのはずですね この下を見るとこれは農場があります 1770年にはそれにはある程度のパーセンテージがありました これは資本の価値を国民所得に対するパーセンテージで示した図です 農地の価値というのは国民所得に対するパーセンテージで見ると今日よりもずっと高い 価値がありました 傾向を見ると他の国内の資本の価値が上がってきていることを見ることができますね そうですね他の国内の資本というのは何かというと例えば道路などのインフラ らかもしれません技術とか機械工学かもしれませんね 電車や車やトラックやバスのようなものとか工場とかあるいはもしかしたら ソフトウェアかもしれません コンピュータかも知れませんその他何でも 産業革命を通して出てきたものや技術のほかの形の勝ち または土地以外の4本のほかたち が私たちの経済に対してどんどん重要になってきているのがわかります そして奴隷制度はこの1860年代の半ばで終わっているので明らかに急速になくなっ ていますね しかしこれはマクロ経済学の視点での傾向がアメリカ合衆国レートはのように変わって きたかを見る興味ある方法です 1770年には土地は生産の主な要素でした もちろん今でもそうですねものを作るには今でも土地が必要です 特に農業そうですね それこれは農業で今でも主要なものです土地は突然消えたりするものではありませんね 単に経済が農業がほとんどと時代からずっと成長したのです 1770年には農業は私たちの経済の大きな部分を占めていましたが今は私たちの経済 に占める部分はずっと小さくなりましたこれは単に考えるように興味あるひとつの方法 ですね そしてこれがすべての資本とするとこには公共のものと個人の資本の両方が含まれてい ます 公共のものというのは社会つまり政府の所有するものですね 一方個人の4本というのは個人や会社が所有している4本です ここでは少し上下はあるんですけども国内の全4本というのは国民所得と 比較するとかなり一定で国民所得の4から5倍になっていることに気がつくでしょう つまり国の全4本は国の総生産の4倍から5倍の価値で推移しています