If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:6:56

ビデオのトランスクリプト

シュテファン: 私たちはワシントン D.C の ナショナルギャラリーに来ています。 そしてとても美しい絵を見ています。 1510 年頃に描かれたラファエロの 「アルバの聖母」です。 ベス: ラファエロは彼の 信じられないほど美しく, スイートな聖母で知られています。 これはその完璧な例でしょう。 シュテファン: これはあまり普通では ない絵です。聖母マリアがいて, 膝の上には若いキリストがいますが, 彼女の腕がどう伸ばされているか, 彼女の膝がどう伸びて いるかを見て下さい。 彼女はまるでキリストの 座る玉座のように見えます。 ベス: しかしここにはレオナルドの 「岩窟の聖母」の絵とほとんど 同じ登場人物がいます。 シュテファン: 3 番目の人物。 ベス: 洗礼者ヨハネ。 シュテファン: どうして彼とわかるのですか? ベス: ここで,レオナルドの絵に ないのは,天使の姿です。 シュテファン: この時には盛期 ルネサンスに入っています。 天使という感覚はほとんど 消えてしまいました。 この時代,天使たちはあからさますぎる 表現になりました。ベス: 霊的な姿です。 シュテファン: この時代には神の表現としては あからさますぎる表現ですね。ベス: そうですね。 シュテファン: ある意味,その表現は 自然自身へと置きかわっていきました。 ベス: ラファエロはレオナルドの 聖母の絵で, 彼女の腕が洗礼者ヨハネの回りに あったのをきっと見ていたでしょう。 それは「岩窟の聖母」にあるものと ほとんど同じです。シュテファン: はい。 ベス: そしてこれらのかすかに残った… シュテファン: そうですね。結局彼女は 彼のおばです。ベス: そうですね。… ここには,かすかな光輪があります。 シュテファン: とてもかすかですがあります。 ベス: これらはやがて描かれなくなります。 確かレオナルドの絵には もうなかったと思います。 しかしラファエロのこの絵には まだ少しだけあります。 そうですね。ここではもう ヒューマニズムが圧倒しています。 ヒューマニズムが人物の理想の美しさに なって,何か超越したものになっています。 シュテファン: 彼はこの理想の美しさを 通して神性を表現しようとしています。 ベス: また,信じられないほど流れるように 優美に人物が動いていると思います。 シュテファン: まるでダンスです。 ベス: ほとんどダンスですね。 とても複雑です。 マリアはヨハネの方向を半分見下ろし ながら,その未来を見ているようです。 彼女が彼のまわりに手をまわし, 彼女の左手は聖書を持っています。 子どものキリストは 体をひねっています。 シュテファン: 彼は十字架をある意味 受け入れているのですよね? ベス: 彼の運命,彼の犠牲のある意味の 受け入れでしょう。シュテファン: そうですね。 ベス: マリアは彼女の右の足を左の 足の下に入れようとしているのでしょうか。 ここでは彼女は動こうとしているようです。 この絵のどの部分も止まってはいません。 シュテファン: この止まった 部分のないところで… 多分,この大きさの風景の中 ということもあるのでしょうが… ベス: 風格があります。 シュテファン: そうですね。この風格が 尊厳さを伝えています。 ベス: 確かに。シュテファン: 彼らはこの 美しい自然の環境の中にいて, そしてまたある種の古典主義の 感じがあります。 ラファエロはローマにいます。 ベス: そうです。 シュテファン: そして彼は本当に 古典を見ています。 ベス: そして彼はその時に 同時にしていた仕事に… シュテファン: これはとても特別な 時ですよね? ベス: 署名の間の「アテナイの学堂」 を含んでいます。 そして同じ時にミケランジェロは システィーナ礼拝堂の天井を描いています。 シュテファン: ちょうどこの時です。 ベス: これらの不滅の巨匠たちと 不朽の名作たちと,そしてそれらを 生み出した仕事は興味深いです。 シュテファン: しかしこれは大きさ としては控え目な絵です。 ベス: だいたい 90 センチメートル位です。 シュテファン: そう,その通り。 これは彼が何かのついでに 描いたものでしょう。 ベス: すごいですね。そうでしょう? すごい人です。ついでで描ける絵? シュテファン: ちょっとレオナルドに 戻ってみましょう。 ベス: そうです。ここにはレオナルドの 影響がたくさんあります。 シュテファン: このデリケートで注意深く 描かれた,たとえば,…ベス: この花 シュテファン: そうです。植物たちです。 「岩窟の聖母」ととても似ています。 ベス: 「岩窟の聖母」ととても似ていますね。 ラファエロ自身が北部のルネサンスの 絵画を勉強したのかどうか,または その影響を間接的に受けたか どうかは分かりません。 シュテファン: それは面白いです。ここでは 古典からの影響について話しましたが, 北部の影響も少しあります。 ベス: はい。そしてこれは油絵です。 シュテファン: そうです。そのとおり。 オリジナルは板絵でした。 ベス: そしてこのようなスフマート (ぼかし絵),煙のかかったような, レオナルドにある神秘的な ものはこれまではありません。 私が思うに,ここには 本当の明快さがあって, 神秘さの代わりに 愛らしさがあります。 シュテファン: 絵の構成を見てみると, それも美しくできています。 ベス: 丸い枠の中にあります。 シュテファン: これは難しいですよ。 ベス: まったく! こういう丸い形の中に 絵を上手く収めるのはとても難しいです。 シュテファン: そして人物に窮屈な 感じがないようにするのも。 ここではまだもっと動ける ような感じがあって, 丸く囲まれていることを まったく感じません。 本当に注意して 描かれていると思います。 そして人物たちの間の親密さも よく感じられると思います。 この中の人たちは互いを みつめてはいません。 ただし,キリストはヨハネをちょっと 見ているかもしれません。 ヨハネは,あなたもいいましたが, 上の方の天国を見ているようです。 マリアはなんとなく彼ら 2 人の過去を ちょっと見ているような感じです。 しかしどちらにせよ,素晴らしい絆が, 美しき親密さが表わされています。 ベス: ありますね。ここにある 人物の間の関係は 盛期ルネサンスの中では とてもユニークだと私は思います。 初期のルネサンスに残っていたような, 登場人物たちの間にあった 動きのない離れた感じは なくなっています。 ヴァザーリがこのことを何と言っていたか ちょっと忘れてしまいました。 ちょっとした不細工さとかそんな 感じがあるとか言っていました。 シュテファン: 人物の間にある孤独感。 ベス: そうですね。 シュテファン: しかし,それはレオナルドの 「最後の晩餐」ではなくなっています。 ミケランジェロの天井画でもそうですね。 ベス: 確かに。 シュテファン: 天井画はこの時にちょうど 描かれている最中でした。 ベス: ピラミッドの形に構図を作る という考えはここにもあります。 そして空気の遠近法が 単純に美しいです。 シュテファン: ゴージャスですね。そうでしょう? ベス: これはトスカナの どこかの丘だと思いますか? シュテファン: そうですね。 私もそうも思うのですが, 古典の影響と彼がローマに いたということを考えると, 多分,ローマの郊外のどこか 近くかも,とも想像します。 特に後ろの古い建物の いくつかは,とても独創的で 18 世紀の画家が後で 選びそうなものです。 ベス: そして彼女が座っているものは… 彼女の右側,彼女は岩か何かに よりかかっているのでしょうか? シュテファン: 何か確かにありますね。 木の切り株かも。 ちょっとわからないですね。 ベス: 彼女は自分の体でキリストの玉座 のようになっているというとはいうものの, 土の上に座って,彼女の謙虚さを 強調したイメージという 謙虚な聖母という解釈もあります。 シュテファン: そうですね。謙虚で, でもまだある意味の…ベス: 神性。 シュテファン: 神性と重要さ,そしてまた, 人物のポーズが古典から来たという部分, でも,ラファエロはマリアを 古典的な服装で描きました。 ベス: とても古典的です。特に彼女の 服装が彼女の足にぴったりする感じは 古典の彫像を強く思いおこさせます。 シュテファン: その通りです。 確か,ラファエロはギリシャの彫像たちを まだ見たことはなかったはずですね? それでもあなたの言うとおりだと思います。 もしかしたら何か参考に なるものがあったのかも。 ベス: しかし,何か古代ギリシャのレリーフ 彫刻は見ていたはずではと思います。 シュテファン: そうですね。この時期には 実はそういうブームがありました。 ベス: そのとおりです。 ローマのあちこちで発掘がありました。 シュテファン: そうです。 (音楽)