If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:2:56

ビデオのトランスクリプト

私たちはルーブル美術館でラファエロの美しき女には種を見ています 美しい聖母子とを押さない 洗礼者ヨハネが正規ルネッサンスに連想する ピラミッド型の構図で描かれています 興味深いのが 聖母の背景にはあアーチもなく 力 the もなく宗教的な環境にいないということです もし曲 the があるとするならばそれは自然の極左 岩の上に座る歳暮は明るく澄み切った空気に包まれ背景には美しい緑の自然が広がって います 下の方を見ると池の淵にも見え 植物と小さな花が咲いています とても可愛らしいのがキリストの左足が生後の足の上に立っていてまだ母親に甘えて いる様子がうかがわれます 同時に母親を見上げながら彼女の手から本を取ろうとする独立心も会は見れます もちろんその本の内容はキリストの磔を示していますそして生後の顔はそれを知って いるかのように キリストを見ながらこの子がそのことを認識する準備ができているかどうか 見計らっています 生後は守るかのように右手をキリストの背中に当て 左では一瞬本を私のをためらっているかのようです 洗礼者ヨハネも優雅なポーズで日リストに載るようにひざまずいています 彼は右足でひざまずき首を少し花壇系キリストを見上げています 正規ルネッサンスの優雅さと理想的な美しさが表現されています それではここで自然について見てみましょう まず洗礼者ヨハネの視線はキリストを見上げていますそして体と顔は生後の方に向かっ て上がっています 聖母の視線もキリストに注がれ2人の姿勢はキリストに掌底しています そして私たちはその三角の構図の中心に位置し彼らの姿を見ています そして歳暮の繊細で細い後輪が描かれています 正規ルネッサーンスに入ってから後輪の表現は掲載 なぜなら容姿が放つ理想的美しさから申請がにじみ出ているのでもうそれを象徴する 必要がないわけです ラファエロにとって自然自体が申請の表現でありそれを象徴する小道具はもういりませ ん 自然の風景が神の世界であり歳暮の美しさもキリストの美しさも そして制御羽の美しさも神聖なられです うん