もしあなたがこのメッセージを見たのであれば,私達のサイトの外部リソースの読み込みで問題が発生しています。

If you're behind a web filter, please make sure that the domains *.kastatic.org and *.kasandbox.org are unblocked.

メインのコンテンツ

ラファエロ,ひわの聖母

ラファエロ,ひわの聖母,1505-6,板に油彩,42" x 30" (107 x 77 cm),ウフィツィ美術館,フィレンツェ,話者: ベス・ハリス博士とスティーブン・ツッカー博士. Beth HarrisSteven Zucker により作成されました。

会話に参加したいでしょうか?

まだ投稿がありません。
英語は理解できますか? ここをクリックしてカーンアカデミーの英語のサイトでのさらなる議論を見て下さい。

ビデオのトランスクリプト

私たちはフィッチリス館でなファイルの日はのセーブを見ています とても面白い題名です 画面左側の洗礼者ヨハネが日はをキリストに向けて持ち キリストはその鳥の頭を撫でています 平はキリストの受難の症状でもあります ここではキリストの過酷な将来をも示しています それと同時にこれは2人の子どもと母親名でありさまざまなレベルで表現されています 子どもが自分のペットを他の子供に見せてその後がそれを触りたかっています母親守る ようにしたを見ています そして母親と子どもたちの間に優しい空気が流れています キリストの足が母親直しの上に置かれているのを見てください 親子のスキンシップが描かでとても可愛らしいです でもキリストは無邪気に遊んでいる子供のようには見えず もう全てを悟っているかのようです1300年代の絵画を見るとキリストは小さな大人 のようで彼の火入れた英知を示しています ラファエロはその叡智を優雅なキリストの体で表しています 彼の腕の上げ方日はのなぜかた 後ろにかしげた頭を見てください キリストは優雅なコントラポストの姿勢でたち子どもらしくありません しかしキリストの顔や後ろに寄りかかる性はなんと美しいことでしょう それとは別にヨハネからは子どもらしいエネルギーを感じます ヨハネは夢中にねぇねぇ0この鳥を見てと言っているかのようです 興味深いのは1300年代の絵画のように 西武は玉座に座ってはおらず拝見広がる自然そのものが曲さを示しています 緑に追われた遠近法によって描かれた美しい背景の中 西武は岩の上に座っていますこれは神は至るところに存在するという 15世紀後半から16世紀前半にかけて正規ルネッサンスにおける自然自体が神である という表現でしたそれ以外のシンボルは必要がありませんでしたそれでは構造を見てみ ましょう すでには気がつきませんが青峰頂点に 聖約翰と切り須藤両側にピラミッド型の構図が見られます バランスの取れた安定感がありこれも請求メッサーずの表現です 3人が親しく関わる様子の中成基ルネッサンスの調和された完璧とも言える a 性 表現 されています視線とジェスチャーが相互に組み合わさり 西武はヨハネを下に見ヨハネはキリストキリストは弱音を見ています すべての視線はピラミッド型の構図の中に納まり 美しい背景を背後に聖母の体は構図のすべてを一つにまとめています 生後の 読んでいる本は重大告知の場面を思い出させます 聖母が心身部学生書を読んでいるところに 天使ガブリエルが織り込んできましたここでも 聖母が読書をしているところに子供たちが割り込んできました 聖母はベビシッターをしているかのようですね 7