読み込み中

ビデオのトランスクリプト

数直線を使って 11.5 と 11.7 を比較しなさい. では数直線をまず描きましょう. ここでは私は 11 と 12 に集中して考えます. というのもこの2つの数があるのはその間だからです. ここには 11 とそして何かがもう少しあります.いくつかの 10 分の1です. ここにあるのが 11 です.ここにあるのが 12 です. では 10分の1を描きます. これは丁度,ど真ん中ですね. ここが 11 と 10分の5,あるいは 11.5 の位置です. おや,もう最初の部分が終わってしまいましたね. 11.5 はどこかもうわかりました.11 と 12 の丁度真ん中です. これは 11 と 10分の5 です. しかし他のものも全部描きましょう.この数直線に他の数も皆描きます. これが 0.1, 0.2, 0.3, 0.4, 0.5, 0.6, 0.7, 0.8, 0.9,そして 1.0 は 12 の所にあります. ちょっと同じ間隔になるように線が描けませんでした.手書きでできるだけ努力はしましたが. では,11.7 はどこになるでしょうか? ここが 11.5 ですね. これが11.6.これが11.7です. 11 と 0.7 です. 0.1, 0.2, 0.3, 0.4, 0.5, 0.6, 0.7. これは 11.7 です. このように描いた数直線では右に行けば 数は増えます.11.7 は 11.5 の右側にあります. ですから明らかにこれは 11.5 よりも大きいです.11.7 は 11.5 よりも大きい. しかし実際には,真面目な話,これを見つけるには数直線を引く必要はありません. 両方の数は 11 と何かです.これは 11 と 0.5 で,こちらは 11 と 0.7 です. ですからこちらの方が明らかに大きいです. 両方とも11があって,そしてこちらは 0.7 でそれに対してこちらは 0.5 です.