メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:6:40

加算・減算: 欠けている値を見つける (パート 2)

ビデオのトランスクリプト

負の数のたし算とひき算について もう少し練習をしてみましょう。 では,こういう文を考えましょう。 4 が等しいのは, 負数8 ひく空白です。 いつものように, ここではぜひビデオをポーズして, この文を正しくするためには, この空白は何かを 自分で考えてみて下さい。 負数の 8 ひく空白は, 4 と等しくなります。 この 4 は 負数の 8ひく空白に等しいです。 では一緒に解いてみましょう。 わかりやすいように 数直線を使いましょう。 ここには数直線があります。 そして,これを考える 一つの方法ですが, まずは負数8 から始めます。 これは負の 5,負の 6, 負の 7,負の 8 です。 負の8 から始めたいと思います。 負の 8 から始めて何かをしたら, 4 に着くようにしたいですね。 4 で終わる。 4 は正の 1, 2, 3, 4 です。 これが 4 の位置です。 負の 8 から正の 4 に行くには 何をしたらいいでしょうか? そうですね。 右に 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12. 右に 12 だけ移動しなくては いけませんでした。 または,これを考える もう一つの方法ですが, 負の 8 から正の4 に行くために 私がしなくてはいけないことは,… もう少しスペースがいりますね,… 12 をたすことです。 これを考えるまた他の方法ですが, 負の 8 から 0 に行くために, 8 をたさないといけません。 その 0 から 4 まで行くには, さらに 4 をたさなくてはいけません。 すると,8 と 4 を たさなくてはいけません。 それは 12 です。 しかし,どうしたらいいでしょうか。 負の 8 ひく何かが 4 に等しく なるべきだと言っていますので, ここにあるものはいくつであれ, これはたす 12 に等しくしたいです。 ではここでは何ができるでしょうか? そうですね。負の数をひくことができます。 もし負の 12 をひけば, それは 12 をたすことと 等しくなります。 注意して下さい。 ちょっと書き直しましょう。 4 が等しいのは, ここに箱なしで書いてみます。 これは負数8 ひく負数 12 に等しい。 マイナスの数をひいた時には 何が起きますか? それは正数をたすことと同じになります。 するとこれは,負の8 たす 正の 12 と同じことになります。 または,4 は 負の 8たす 12 と等しい。 それはもう私達には 真だとわかっています。 8 をたせば 0 に行きます。 負 8 たす 8 は 0 です。 それからもう 4 をたします。 すると正の 4 につきます。 これはとても興味深いですね。 もう一つ解いてみましょう。 練習はいくらしても 十分ということはありません。 これはとても面白い。 よし。 では,ここで, では,ここで, 何か空白 ひく負数2 は, 負数7 に等しいとしましょう。 これについては どう考えたらいいでしょうか? 私の頭ではまず, 負数をひくという部分を 簡単にしたいと思います。 負数 2 をひくというのは, 正数2 をたすということと同じです。 何かから負数 2 をひくという文は, 何かに正数 2 をたすということと, 同じことです。 何かたす 2 が負の 7 に等しい。 ではこれを考えるために 数直線を使ってみましょう。 数直線を使います。 私の目標ですが, 私は負の 7 に行きたいのです。 負の 5,負の6, 負の7 はちょうどここにあります。 そして,何かに 2 をたすことで 負の7 に行きたいです。 2 をたすということは, 2 つとびますね。 右の方向に 2 とびます。 これが 2 をたすということが どんな感じかです。 もし 2 つ右にとんだとして, どの数から始めたらいいでしょうか。 2 をたしたら, 負の 7 に着くような数は何か? この場合,負の7 の左に 2 つの所から始めなくてはいけません。 左に 2 つ,1, 2… もしここから始めたら… 違う色で描いてみましょう。 もしここの数から始めたら, そして 2 をたしたら, たす 1,たす 2。 負の 7 につきます。 するとこの数は何でしょうか? この数は,負の 7 の左に 2 のものです。 それは負の9 です。 すると,ここにあるのは 負の 9 です。 負数 9 たす 2, すると,もし負数 9 から始めて, 右に 2 つ移動したら, 負の 7 に着きます。 または,負の 9 ひく負の 2 とも言えます。 なぜなら,負の 2 を ひいていますので, 右に動くことになります。 もし正数の2 をひくと, 左に動きます。 しかし,もし負数 2 をひくと, 右に 2 動いて,負の 7 につきます。 これもまた面白い。 こういうものをもう一つ 解いてみましょう。 私はちょっと楽しみ すぎているかもしれません。 よし。 負数 4 は空白ひく 9 に 等しいとしましょう。 では,数直線を使いましょう。 そしていつものように, ビデオをポーズして, 自分で解けるか考えてみて下さい。 まず数直線を出しましょう。 では考えてみましょう。 ここでの目標は, ある数から 9 をひいて, 負の 4 に着くことです。 負の4 に着きたいのです。 するとある数があって, それから 9 をとります。 何かから 9 をとるということは, 左に 9 動くということです。 9 をひくということについて考える もう一つの方法ですが,… 違う色を使いましょう。 9 をひく。 これは文字通り, 左に 9 動くことです。 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9。 何か始めの数があります。 ここから 9 をひきます。 すると負の 4 に着きます。 負数 4 にひくことになります。 ある数,それがここにある空白です。 9 をひく。9 左に動きます。 それが負数4 に等しくなります。 するとこれについて 考える他の方法は, この数が負数4 から 9 だけ 右になるということです。 この数が何か考えてみましょう。 この数が負の 4 から 右に 9 の所になります。 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9。 これは正の 5 のようですね。 これが正しいかどうか 見てみましょう。 正の 5 から始めて, 9 をひきます。 やってみましょう。 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9。 よし。9 をひきました。 負の4 につきました。 すると,負の4 は 5 ひく 9 に等しいです。