If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:5:23

10 分の 1 の数で割る戦略

ビデオのトランスクリプト

小数の割り算の戦略を考える例題を もう何問か解いてみましょう。 後になれば,このためのもっと 系統的な方法について 見ていきます。 しかし,ここでのいくつかの戦略も 実は重要です。 なぜなら,これらは小数の 割り算についての 直感を与えるからです。 実は,このビデオの方法の方が 頭の中で計算する 場合には簡単でしょう。 では,6 割る 0.2 が何か について考えてみましょう。 ここでぜひビデオをポーズして, 自分自身で考えてみて下さい。 さて,もうこれまでに私たちは いくつかの割り算の 戦略を見てきました。 1 つの戦略は,そうですね。 これを分数としてみることです。 これは 0.2 分の 6 と同じです。 そして何か同じ値を 分子と分母の両方にかけて, 小数をなくすようにしてみましょう。 もし,分母の小数を なくしたいとしたら, ここには 2 個の 10 分の 1 がありますので, 分母に 10 をかけることができます。 そうした場合には分子にも 10 を かけないといけません。 すると基本的に私たちは, 10 分の 10 をかけます。 それは 1 をかけることと同じ なので値が変わりません。 分子は,これは 60 に等しいです。 分母は 2 個の 10 分の 1 かける 10 ですから, 小数点を 1 桁右に動かして, これは 2 に等しくなります。 では,60 割る 2 は何ですか? そうですね。60 割る 2 は 素直にできるでしょう。 6 割る 2 は 3 で, 60 割る 2 は, これは 30 に等しくなります。 するとこれは 30 です。 これでできました。 では,もう 1 つの他の 戦略ですけれども, これらの全部の数を 10 分の 1 の項で考えてみましょう。 オレンジ色で書くと… これを 6 個の 10 分の 1 割る… これを割ることの… おっと失礼,注意しない といけないですね。 これは 60 個の 10 分の 1 でした。 6 は 60 個の 10 分の 1 です。 60 個の 10 分の 1 割る 2 個の 10 分の 1 が等しいのは, 何になるかというと もし,60 個の何かがあって, それを 2 個のグループに分けると, 30 個ずつのグループになるでしょう。 これは 30 に等しくなります。 もう 1 つ例題を解いてみましょう。 これは,あなたに割り算の標準の 方法を見せる前の問題で, これまでで一番難しいものに なるでしょう。 では,4.2 割る 0.3 を 計算したいとしましょう。 ここでぜひビデオをポーズして, 自分自身で考えてみてください。 あなたはこのような問題を 解くための戦略を もういくつか見てきました。 これを分数として 書くのもその一つです。 これは 0.3 分の 4.2 と 書くこともできます。 そしてこの小数をなくして しまいたいと思います。 私が一番良いと思う方法は, 上下に 10 分の 1 の数があるので 分子と分母に 10 を かける方法です。 すると分子は, 小数点を 1 つ右に 動かすことができて, 42 になります。 4.2 かける 10 は 42 に等しいです。 分母は 0.3 かける 10 ですから, これは 3 に等しくなるでしょう。 そして 42 を 3 で割ると 何になりますか? そうですね。これにも いくつかの方法があります。 頭の中で計算してもいいのですが, 割り算の筆算を使ってみましょう。 では,3 は 4 に 1 回あります。 1 かける 3 は 3 で, ひき算をします。 そうすると 4 ひく 3 は 1,…。 あれ,どうして 43 を書いたのですかね。 これはおかしいですね。42 です。 ちょっと私の頭が働いて いなかったようです。 よし,4 の中に 3 は 1 回あって, 3 をひくと 4 ひく 3 は 1 です。 2 を下に持ってきて, 3 は 12 に 4 回あります。 するとこれは 14 に等しいです。 するとこれは, 14 に等しくなります。 1 つ前の例題で見たように, これを 42 個の 10 分の 1, 割る 3 個の 10 分の 1, と考えることもできます。 何かが 42 個あって, 3 個ずつのグループに分ければ, そうすると 14 個の グループができるでしょう。 これは 14 が出てくるでしょう。 このように,いろいろな考え方の 価値が感じられるといいです。 これを分数として表現して, 小数をなくすように分母と分子の 両方に同じ値をかけることもできます。 または,これらの数を 10 分の 1 の項や 100 分の 1 の項として 考えていくこともできます。 これらのどんな組合せをしても, 割り算に使える戦略に なるはずです。 小数の割り算,あるいは数を割って 商が小数になるような時にも, 使える戦略になるでしょう。 この後のビデオでは, 割り算のより標準の系統的な 方法を学ぶことになります。 しかし,これらはいつでも使えます。 私は今でも,もし誰かが 道を歩いてきて, 4.2 割る 0.3 が何かと (私に) 聞いたら, 多分私は実際にこうします。 私はこれを,OK,これは 42 割る 3 と同じだ。 それから 3 は 42 にいくつ あるかなと言うでしょう。 3 かける 10 は 30 で, 3 かける 4 は 12 ですから, これは 14 回だと言えます。 たぶんこれが私が 頭の中で計算する時に 使う方法です。