メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:3:19

ビデオのトランスクリプト

8+7 が等しいのは何かについて考えてみましょう. これは 8 個のトマトに 7 個のブルーベリーをたそうとして, 果物が全部で何個になったかということだと想像しましょ う ここで私はあなたにビデオをポーズして, 自分で考えてみて欲しいと思います. では,考えてみましょう. ただし,ここで私は, 最初の 10 個のまとまりを埋めるまで まず果物をたしていき, そして,全部で7をたすまでには あといくつたさなくてはいけないかという方法で 考えようと思います. では,1個のトマト,2個のトマト, 3個のトマト,4個のトマト, 5個のトマト,6個のトマト, 7つ,そして8個のトマトです. この 8 個のトマトに,7 個のブルーベリーをたそうと思い ます. すると, 1, 2, ここで私は一度止まりたいと思います. というのは,これで 10 個のグループができたからです. ここには,ブルーベリーの 2 つだけをたしました. ですからもっとブルーベリーをたす必要がありますが, これら 2 つのブルーベリーをたすだけで, 1 つの 10 のグループが完成しました. 10 のグループが1つできました. ですから1 個の 10 があると表すことができます. すると,これは2桁の数になり,左の桁は 1 になります. しかしまだブルーベリーをたし終えてはいません. ですから,ブルーベリーをさらにたします. 3つ,4 つ,5 つ, 6 つのブルーベリー,7 つのブルーベリーです. すると,まず 1個の10 のグループが埋まっていて, それはここに表わされています. これは2桁の数になります. これは左の桁です. するとこの 1 は 10 の位にあるので, 文字通り10 のグループが1つを表します. そしてさらにあといくつあるかというと, ここにはあと5 つあります.5つの1があります. ですから,1 個の 10 と 5 個の 1 があります. すると 8 たす 7 が何かというと, 15 です. もう1つの方法として,15 の表すものが何かを考えると, この15 の中の 1 が表しているものは,1 個の 10 で, 書いてみましょう,1 個の 10 です そして5 が表わしているものは 5 個の 1 です. これを考えるもう一つの方法は, 1 個の 10 というのは10 のことで 5 個の 1 というのは5 と同じということです. ですから 8 たす 7 は,15 です. これがこのビデオのポイントですが, この数がいったい何を表しているかも考えたいと思いま す. 15 というのは1 個の 10 たす 5 個の 1です. それは10 たす 5 を示します.