現在の時間:0:00合計時間:4:36

ビデオのトランスクリプト

さて,ここには2つの数があります. 上の数には,1, 2, 3 個の 10 があり, 1, 2, 3, 4, 5 個の 1 があります. 3個の 10 と 5 個の 1 で 35 です. ここにある 2 番目の数は,2 個の 10, 1, 2 と, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7 個の1 です. 2 個の 10 と 7 個の 1 です. ここで私がしたいことは, これらの数を全部たすことです. この 2 つの数をいっしょにしたいです. 35 + 27 を計算したいのです. または,ここにある全部のブロックを たしていっしょにしたいのです. でははじめましょう. まずはここにある1 の位からはじめま しょう. ここには,5 個の 1 があって, こちらには 7 個の 1 があります. もし私が 5 個の 1 と 7 個の 1 をたす と, いくつの 1 になるでしょうか? 12 個ですね. 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12 個になります. さて,ここでちょっと困ったことになりました. 5 + 7 は 12 ですが, それを1 の位にそのまま書くことはでき ません. ここには1 桁の数でないと書けません. 2 桁の数は書けない. では,どうしたらいいでしょうか? そうですね.この 1 の集まりから,10 個をとって 10 のグループにして, それを 10 の位に置くことならできます. 今,私が言ったことはわかりましたか? 私達にできることというのは, この1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10 個を 1 の位からとること です. ここにあるこれらの 10 個の1 をとって, これをまとめてこちらの棒のような 1 つのグループを作ることです. ではやってみましょう. こちらの棒を1つ作るということです. そして,それを 10 の位に置きます. ここで私がしたことというのは... ちょっとお待ち下さい. 私がここですることは,ここにある 10 をとって, これらを再編成して 10 の位に置くこと です. これを繰り上げということもあります. 10 個の 1 を書くかわりに, これを 1 個の 10 として書きます. これは,だからもう使ってしまいました. こうすると何がいいのでしょうか? これで 1 の位には 2 個の 1 だけになります. ですからそれは 1 の位に書くことができ ます. 1桁なので書くことができる. しかし,これで 10 の位は 10 が 1 個 増えました. ですから,(上に)1 を書きましょう これを繰り上げということもあります. 5 + 7 は 12 なので, 2 を 1 の位に書いて, 1 を 10 の位に「上げて」書くからです. でももうちょっとはっきりさせておきましょ う. 5 + 7 = 12, ここで私達は 1 をこの10 の位に書き ます. 次の上の桁に書くので, それを繰り上げ,繰るとは順番にという 意味ですが, 上に上げているように見えますけれど, でも実は 10 の位に書いているだけで すね. 10の位ならどこに書いてもいいので, (10の位の)下の方に書くように習う人 もいるでしょう. ここでしたことというのは, 「5 と 7 をたすと 12 になるけれども, 12 は 1 の位にはそのまま書けない. だから12のうちの10をとって, 1つの10に再編成して10の位に置く」と いうことです これを考える簡単な方法は, 5 + 7 = 12なので,10 と 2 と いうふうに考えてもいいです. では10の位をたしましょう. 1 個の 10 たす 3 個の 10 たす 2 個の 10 です. これはどうなるでしょうか? 1 + 3 + 2 = 6 ですね ではちょっと,おおっと... いや,こうしたかったのではないです. ええと... これをたすと1 個の10,2個の10, 3個の10, 4個の10, 私のコンピュータがなぜか遅くなりました. 5 個の10,6 個の 10 です. 6 個の 10 で, どうなったのでしょうか? 1 たす 3 たす 2 個の 10 なので,6 個の 10 です. 35 + 27 = 62. 35 たす 27 は,6 個の 10 と 2 個の 1 で,62 です.