メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:2:30

3 桁の数をたすために位の値を使う: パート 2

ビデオのトランスクリプト

では,前のビデオとまったく同じたし算の問題をやってみましょう. しかし今回は私はこれらの数を展開して, 繰り上げが本当に何をしているのか理解したいと思います. ではこの「5」は100の位にあります. つまり5個の100で500のことです. 「3」は3個の10を示し, 30のことです. そして「6」が示すのは,6個の1ですから6です. 同じように,「3」は300を示します. この「9」は9個の10で90を示します. そしてこの「8」は8個の1ですから 8 です. するとこれでこれらを2つをたすことができます. では,右端の列からはじめましょう... 「1の位」の列からです. 6 たす 8,これはもう 14 とわかっています. そしてこれは10たす4のことです. ですからこのうち,10 の倍数でない部分を書きましょう. それは1の位のもので,4ですね. そしてここの部分は10の倍数の部分です. これを10の位にもってきます.これが繰り上げです. この10を忘れないように,10の位の列の所に書いておきます. これで全ての10の位をたしましょう. 10 たす 30 たす 90,これはもう 130 だとわかっています. そこで,100 の倍数でない部分,それを10の位の列に書くことができます. それは130 のうちの 30 です. そして,100 の倍数の部分,それを 100 の位の列に書きます. それは100 ですね.100をここに書きます.ちょっと注意して下さい. ここでは「1」を繰り上げましたが,しかしそれは基本的に 100 を繰り上げたのです. 10 たす 30 たす 90 は 100 たす 30 です. これは 100 たす 30 に等しいです. それがここで私達がしたことです. では100の位をたしましょう. 100 たす 500 たす 300,これはもう 900 とわかっていますね. これを 900 と書きます.これでできましたね! ここでは 500 たす 30 たす 6, これに 300 たす 90 たす 8 をたすと, それは,900 たす 30 たす 4に等しいことがわかりました. それは 934 と同じですね. ここで「1を繰り上げる」と言うたびに何をしているのか,少しわかるとうれしいです. 6 たす 8 は 14 で,「1を繰り上げます」... この「1」は 10 を示しているのです.ここにある 10 ですね. この10を忘れないようにしているのです. そして 10 たす 30 たす 90 は 130 に等しくて… それは 30 たす 100 です. そして 100 の位をたせば 9 個の 100 になります.