メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:3:12

ビデオのトランスクリプト

このビデオで私が考えたいことは, ある数の反対の数, 反数とは何かということです。 まずはここに数直線を描いてみます。 数直線を描きましょう。 では,この数直線に, いくつかの数を書いてみましょう。 0 からはじめましょう。 右にいくと,正の数になります。 1, 2, 3, 4, 5. そして,左に行くと,負の数になります。 マイナス 1,マイナス 2,マイナス 3, マイナス 4,こういうふうに 続けることができます。 では,これらの数の 1 つを とってみましょう。 たとえば,数 3 をとります。 この数 3 の反対,反数とは何でしょうか? ある数の反数というものは,数直線上で 0 からは同じだけの距離にありますが, 反対側にあるものを言います。 すると 3 は 0 から 3 のところに あります。 1, 2, 3. するとその反数は,0 の左側で, 1, 2, 3 のところにあるものです。 すると 3 の反数はマイナス 3 です。 ちょっと小さな表を書いてみましょう。 数があるとします。この数。 そしてその数の反数と いうものがあります。 その反数がある。 もしその数というものが 3 だとすると, その反数はマイナス 3 だとわかります。 では,もし,もとの数が マイナスだったらどうでしょうか? ある数,たとえば,マイナス 4 を 考えてみましょう。 この反数は何ですか? ここでぜひビデオをポーズして, 自分で考えてみて下さい. そうですね。マイナス 4 はここにある。 これは 0 から左に, 1, 2, 3, 4 つです。 するとその反数というのは, 0 から右に 4 つになるはずです。 すると,1, 2, 3, 4. これは正の数ですから, これはプラスの 4 ですね。 多分,ここにあるパターンが 見えてきたのではないでしょうか? ある数の反数というものは, その数の逆の符号を持つ数です。 もし,プラスの 3 があれば, その反数というのは マイナス 3 になります。 もし,マイナス 4 から始めれば, その反数は,プラスの 4 です。 これを考える 1 つの方法は, 同じ絶対値を持つが, 符号の違う数です。 または,他の考え方としては, もし,これが 0 から 3 右側に あるならば, この反数は,0 から 3 左。 マイナス 4 は 0 から 4 つ左ですから, その反数は 0 の 4 つ右側になります。 最後にもう 1 つやってみましょう。 ある数の反数として… 1 の反数を考えましょう。 1 の反数。 1 は 0 の 1 つ右です。 ですからその反数は 0 の 1 つ左です。 または,マイナス 1 です。 他の考え方としては,1 は正の数です。 そしてその反数というものは, その符号を逆にしたものです。 ですからそれは,プラスでなくて, マイナスの 1 になります。 どちらの考えでもかまいません。 ところで,反数と言う名前は ちょっと難しいかもしれません。 反対の数とか言われると 賛成の数があるのかと 考えてしまう人もいるかもしれません。 でも,ここでの「反対」という意味は, 0 を基準にして数直線の 反対側にある数, というふうに考えれば いいかなと思います。