現在の時間:0:00合計時間:5:47

分数のたし算とひき算: 絵

ビデオのトランスクリプト

シンディとマイケルはハロウィーンのための巨大な紙のパンプキンのために, シンディとマイケルはハロウィーンのための巨大な紙のパンプキンのために, 1 リットルのオレンジ色のペンキが必要です.(訳注: 原文はガロンですがここではリットルに変換しています) シンディは5分の2リットルの赤いペンキを持っています. マイケルは2 分の 1 リットルの黄色のペンキを持っています. もし2人がそれぞれの持つペンキを混ぜ合わせたら, 必要な1リットルのペンキはできるでしょうか? では,これを考えてみましょう. 5分の2リットルの赤いペンキと, 2分の1リットルの黄色のペンキをたそうと思います. そしてこれが1リットルになるか確かめましょう. ここにあるような分数をたそうとしても, ここでは同じものをたしていません. こちらでは 5 分の 2 があり, こちらには 2 分の 1 があります. これら2つのものをたすためには, 共通の分母が必要になります. 共通の分母,または,一番良い共通の分母と言うべきかもしれませんが, それは 5 と 2 の公倍数のうちの最小のものです. それは 5 と 2 の公倍数のうちの最小のものです. 5 と 2 は素数ですから, その最小公倍数は単にその積になります. 10 が 5 と 2 の両方の数で割り切れる数のうちで 最小のものになります. ではこの2つの分数を10を分母に持つ分数に書き直しましょう. ではこの2つの分数を10を分母に持つ分数に書き直しましょう. ではこの2つの分数を10を分母に持つ分数に書き直しましょう. 5 分の 2 が 10 分の何かになり, 2 分の 1 が 10 分の何かになります. これを目に見えるように格子を使いましょう. 10分の1でできている格子を描きます. このここにあるこれがそうです. これらのそれぞれは 10 分の 1 になっています. これらはこの棒を10の等しい部分に分割しています. ではこれで 5 分の 2 が何かを可視化してみましょう. そうですね.これは今は 10 分の 1 で分けられていますが, もしこの棒が 5 分の 1 づつに分かれているとしたらどうでしょうか? ここでは,実は -- 同じ色で描いてみましょう. これが 1 つの部分,2, 3, 4. 注意して下さい,この赤の印の間には, 棒の5分の1のそれぞれがあります. 棒の5分の1のそれぞれがあります. そしてそのうちの2つがあります.ですから 1, 2 となります. このここにある棒の部分は 5 分の 2 を示しています. 同じことを 2 分の 1にもしてみましょう. この棒を丁度半分に分けましょう. やってみます. これを丁度半分に分けたいと思います. 2 分 の1 は文字通り 2 つの等しい部分の 1 つということを示しています. これは2分の1です. では5等分を10等分にすることを考えてみましょう. すると基本的にそれはそれぞれの部分を, 2倍にすることと等しいです. 2倍にすることと等しいです. ここには5つの等しい部分があります. それぞれを2つに分割すると,その個数は2倍の数になります. 10個の等しい部分になります. これらの2つの部分に色を塗りましょう. そして同じように2をかけます. これらの2つは 4 となって10分の4になります. これらの2つは 4 となって10分の4になります. ここで見たように,最初に塗ったものと同じになっています. もし10分の1でこれを見ると, 10 分の 1, 2, 3, 4, で 10 分の 4 です. 同じ論理をこちらでも使いましょう. もし 2 つの半分があって, それを10分の1で分けたとすると,それぞれの半分を 5つに分割することになります. あなたはもとの部分の5倍の数の部分を持つことになります. 2 から 10 に行くには,5 をかけます. 同じように,黄色で色を塗られた1つの部分は, 2分の1ですが,それは 10 分の 5 になります. ですから 5 でかけることになります. これを考える他の方法ですが, 分母に何かをしたら, 同じことを分子にもしなくてはいけません. 同じことを分子にもしなくてはいけません. そうでなくては,私達は 分数の値を変更していることになります. 1 かける 5 は 5 になります. そしてこちらでは,2分の1に色を塗りましたが, もしあなたが10分の1でこれを見ると, それは 1, 2, 3, 4, 5 個の10分の 1に等しくなります. これでたす準備ができました. これでこれらの2つのものをたす準備ができました. 10 分の 4 たす 10 分の 5 は, とにかくこれは10分のいくつかに等しくなります. いくつになるにしても10に分けたいくつかに等しいというのは確実です. それは 4 たす 5 の10分の1に等しくなります. それは 4 たす 5 の10分の1に等しくなります. そしてもう一度これを見えるようにしてみましょう. 格子をもう一度描きます. 10分の 4 たす 5 です. ペンキの上のここに置きましょう. では10分の 4 に色を塗ります. では, 1, 2, 3, 4. そして 10 分の 5 にも色を塗ります. 注意して下さい,ここにある10分の4とまったく同じになっています. それは丁度 5 分の 2 です. 10 分の 5 に色を塗ります.1, 2, 3, 4, 5. では10分の1は全部でいくつになったでしょうか? ここには全部で 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9 です. 10 分の 9 に色が塗られました. 10 分の 9 リットルのペンキができました. この質問に答えましょう. 2人は必要な1リットルが得られたでしょうか? いいえ,2人は1リットル全体よりも少ないペンキしかありません. 1リットルは10分の10リットルです. しかし10分の 9 しかありません. ですから,いいえです.2人には1リットルに十分なペンキがありません. 他の考えとしては, あなたは,待てよ,5分の2は2分の1よりも小さいぞ,と気がつくかもしれません. ここで見てみてもいいでしょう. 何か半分よりも少ないものに半分をたしたら, それは1には足りません. どちらの考えでもこの問題には答えられます.しかしこちらの方法は 分数を実際にたして考えました.