現在の時間:0:00合計時間:1:52

整数を単位分数で割る

ビデオのトランスクリプト

では,3 割る 4 分の 1 が 何に等しくなるのか考えてみましょう。 ここでぜひビデオをポーズして, 自分自身で考えてみて下さい。 1 つヒントをあげましょう。 3 個の全体を描いて, それぞれの全体を 4 分の 1 ずつに分けて, 全部でいくつの部分ができたかを 考えてみましょう。 よし。では,一緒に考えていきましょう。 まずは 3 個の全体を描きます。 そしてこれは…。 私は手で描きますので, 完璧とはいきませんが… ここにあるこれが 1 個目 の全体としましょう。 ここが 2 個の全体です。 そして,こんなふうに 3 個目もできました。 そしてこれを,それぞれの全体が, 4 分の 1 の部分になるように分けます。 すると,これが最初の全体を 4 個に分けたものです。 それぞれが 4 分の 1 ずつになっています。 それからもう 1 つのグループの 4 個の 4 分の 1 がここにあります。 そしてこれがもうひとグループの 4 個の 4 分の 1 です。 これを考えるもう 1 つの方法は, 3 個の全体をとって, それを 4 分の 1 ずつに分けて, 全部でいくつの部分が あるかを考えることです。 そうですね。これは素直に, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12 個の部分と 数えればわかりますね。 実はそれぞれの全体が 4 個の 4 分の 1 ずつになっていますから, 数えるまでもなかったです。 3 個の全体が 4 個の 4 分の 1 ずつになるので, 3 かける 4 で,この答えは, 12 個の部分になります。 ですからこれは 12 に等しいです。 これを考えるもう 1 つの方法は, 3 をとって,それぞれが 4 分の 1 になるように, 等しい部分に分けると, 12 個の等しい部分が できるというものです。