現在の時間:0:00合計時間:2:26

2つの 分数のかけ算: 5/6 x 2/3

ビデオのトランスクリプト

6分の5かける3分の2を計算して,それを簡単化しなさい. ではまずこの2つの数を単純にかけましょう. 6 分の 5 があって,それに 3 分の 2 をかけます. 分数のかけ算の手順は,実はかなり素直なものです. かけ算の答えの分子は, 2つの分子のかけ算です.つまり,答えの分数の上の数は かけあわせている2つの分数の上の数のかけ算です. すると私達の積の分子は 5かける 2 になります. 分母も同じかけ算なので,6かける3分の5かける2です. 5かける 2 は 10 で,6 かける 3 は 18 です, するとこれは 18 分の 10 に等しくなります. これを 6 分の 5 の 3分の2と考えても,または, 3分の2の 6 分の 5 と,どちらでも考えることができます. そしてこれは正しい答えです. これは 18 分の 10 ですが,しかし,これらの2つの数を見ると, 共通の因数を持つ数だとわかりますね. 共通の因数を持つ数だとわかりますね. これらはどちらも 2 で割り切れます. もし既約の形が欲しければ,両方を2で割ることになります. 10 を 2 で割り,18 を 2 で割りましょう.すると, 10 割る2は 5 で,18 割る 2 は 9 です. ところで,このステップは実はもっと早いうちにすることもできました. 実はかけ算をする前にこれをすることもできました. ここですることもできました. あなたは,2 で割れる数は分子にあり, 2 で割れる何かが分母にある,と言うことができました. では,分子を2でわりましょう.これは 1 になります. そして分母も2で割りましょう.するとこれは 3 になります. すると 5 かける 1 は 5 で 3 かける 3 は 9 です. すると,ここでやったことと同じことになります. 実は積をとる前にこれをしました. 実はここでそれをすることもできました. もしあなたがそれをここでしたら, 6 かける 3 は最終的には分母になります. 5 かける 2 は最終的には分子になります. では,分子を 2 で割りましょう.そしてこれは 1 になります. 分母も2で割りましょう. これは 2 で割れる数です.それは 3 になります. それは 5 かける 1 は 5 で,3 かける 3 は 9 です. どの方法でもこれは上手くいきます. かける前の方が,この因数がよく見えるかもしれません. 先にすると普通は何が何で割れるかをみつけるのが簡単になります. または,あなたは最後に約分をして既約の形にすることもできます.