If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:2:50

ビデオのトランスクリプト

ここで見せたいものというのは数を足すある方です私が数を頭の中で足すときに ときどき使う方です 例えば事68を足したいとしましょう もうこれまでにこういう計算をするほかの方を見てきました このビデオでお見せする方法というのはこの方法しかないというものではないんです けれども でもあなたの頭で計算するときには使えるかも知れ ます私は68年の数を見た時には後にを足せば70だなと思います そこで私は子さんとにに分けてそしてにも68にたしてその後3を足したらどうかなと 思いますどうなりますか もし私が子を3+ にに負けたらとしたですか ん ここでは私がこれをさんとに分ける理由はこのにと68を足したかですね 5というのは3+2ですそしてそれに68を出します もう一度このにを作った理由というのは私がそうだな 68を72炭は何を足せばいいかなと考えたからです これを単純に書き直してましょう3+ に多数 68です68 こうするとにを68に立ちますね そうするとに+68というのは70です 2+68は70ですね そして後さんがまだ残っていますするとさんがあって+70でそれは73に等しいです ね 73 さてこれはずいぶん時間明る方法だと思うかもしれません でもこれはこう考える方法だということですね頭の中で5+68はもしにを68に足せ ば70だなと後は3+にだから にを68にたして70になるとさんがまだ残ってるから 合わせて73だろうとか があればいいですね これを考えるもう一つの方は数直線を使うことです直線をちょっと書いてみましょう そして目も良好いくつか書いておきます そしてここが68だとしましょう 古賀68そうするとここが70ですね 今70になるでしょうでは子を足してみましょう 5+というのはもし号たするとまずは にお渡してにをまず+と70になります +にで70になると ここでしたのは70をへ行くことですね号+にはさらに3を足さないといけないですね さらに も+と するとそれは70+さんになりますそれはもちろん73ですこれが興味ある話だったら 嬉しいです