If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:8:18

ビデオのトランスクリプト

このビデオで私がしたいことというのはデータを表現するいろいろな方法について 考えることです ここにはリストが一つありますこれを一つのデータの形式と考えてみましょう 例えばこれを生徒の前回のテストの点灯しましょう意味は90点でビルが95点 カムは100点で f らも100点でした そしてファラーが80点でした これはデータを示す一つの方法です思い出しましょうデータというのは単なる情報の 記録ですねそれは数値の時もあるし 料理の時もあります実際の点数を記録したりまたは彼らがテストをどれだけ好きだった かを記録したでたかもしれません この数は私はこれは本当に好きだったまあ好きだ好きではないを表してるかもしれませ んね 俺はゼロから5までのスキルかもしれませんその場合は数になりますけれどもしかし人 の意見を図っている数ですね ここでは彼の実際の特典ですするといろんなことになった方のデータがあります私は そのすべてを見ていくつもりはありません でもちょっとこのデータを表現することになった方を考えてみましょう あなたはこれをショート をしてみることができるでしょうその時はこう名前があって特典があります すると名前の列があって得点の列がありますね 私はこれを一つの表にこういう風にすることができます これは一つの方法ですデータを晴らそうとしてはとてもよくある方法ですねこんな感じ です 実は多くの伝統的なデータベースというのはデータをこんな風な表で記録していました しかしこれをする他の方法がありますあなたはこれを棒グラフとか 時にはヒストグラムと呼ばれるもので記録することもできますね 9点をこちらの垂直軸で示して こちらが得点で そして名前をこちらに書くことができます で得点を見てみましょう 50.2しますかね 8実際にメモれ変えてみましょう12集 これはちょっと大きすぎですね 1023中45中67中89中 そしてここが100です12345ここが50ですね それからそれぞれの人について見ていきましょう 意味は試験で90点でしたから 某この90のところまでいきますこれが エイミーの点ですね エビルは95点でしたから 90と100の間ですねこの90定額の間 ちょうどここで小ビルは95点です こんな感じですね これがビルです それからカムですけれどもカムは試験の100点でした ちゃんとできるといいんですけれども手書きなので コンピューターを使ってグラフを作るほど正確にはできないですね ここにあるのはカムの特典です f らは噛むと同じ得点でしたすると彼女の得点は. f らの色を使いましょうか ここにあるのが f 等の特典です彼女も100点でした これが でフラですね ラパンん 最後にファラは80点でしたか 80ですねここが80点ファラは80点を撮りました これがファラの特典ですねこれがデータを表現するもう一つの方法です こちらはより上に見える形になってますねしかしこれらの2つは同じ情報です こちらでは名前を探して得点もわかりますね a 3話90 you come は100点エフラム100点 そしてファラは80点だとわかります そしてこの情報取るもっと他の方もありますね 実は時にはこの名前は分からないということもありますするとそれはより少ない情報に なります例えば得点のリストとかだけですね 教授がこれはこの試験を受けた5人の得点だというかも知れませんねそれが こういうふうに9915 100 100 そして80ですねもしリストがあればこれがあなたの全部のデータです これにはこちらの棒グラフやこのヒストグラムよりも少ないで情報しかないですね というのもこちらでは得点だけではなくて誰がその点を取ったかも分かるからです こちらは特定のリストしかわからないです ほかにもデータ表現する方法がありますこのビデオはデータを表現する全部の異なる 方法を説明するものではないですねちょっとそれはできないです 他にも特典の頻度を見るデータの表現というのもできます 特典の頻度を見る方法を見てみましょう人の名前の代わりに得点を国でありますね ここが80点 85点90点95 そして100点ですそれからこれの得点を取った人の頻度を書いてことができます80 点の人はどれだけましたか 80点取ったのはファラだけですから1個のデータってですね誰も85点は取ってませ ん1人が90件を取ったのでここに点を1個落ちます もう一人が95点でした それから二人の人が100点でしたねですが後任に来て動くんですけれども もう一つの100をこっちの色にしてみましょう このように人に色を対応させると言う必要はないんですけれども ここではわかりやすいかと思ってこうしてみました この軸は品なのかですねそしてここには80点の人がどれだけいるか90点の人が何人 か100点の人が何人いるかというのを示していますそれとここにあるのはこの数の リストと同じデータ ですねこれは単にこのデータを見るもう一つの方法です そして一度データを何れかの方法でまとめてみるといろんな情報がわかります 例えばいろんな情報について尋ねることができますがそうですね データの地域レンジは何でしょうか データの地域というのはデータの一番低い値と一番高い値の間の広がりですソルトこの データの地域は一番高いこの100点 そして一番低い得点は80ですから地域はこのさになりますね つまり最大1-最小値です するとそれは100-80ですから20に等しいです これはこのデータがどんな広がりかの感じの一つを与えてくれます 他にも 100点よりした100点未満の特典の人は何にいますかと尋ねることができます これもう興味ある人もんですね 実はどのデータの表現方法を見てもこれらの質問には答えることができます もし100点未満の人は何人かとするとこの三人ですね 100点未満の人は何いますか123人ですねこちらも 123人です ここでも 12 3人とわかりますねするとどの表現方法で見てもさんになります そしてまた一番頻度の高い得点は何ですかと聞くこともできますね 一番頻度が高いもの するとまたこのデータを表現するこれはどの方向からでもこの質問に答えることができ ますね最初の表を見ると90も95も80も1個で100だけが2つありますから 一番頻度が高いのは100ですこちらでも2つの100で残りは一つですねここでも2 つの100があります そう て頻度を見るときにはこの頭が一番はっきりするでしょう これは時々頻度プロットとも呼ばれますドットプロットとも呼ばれますが頻度プロとも 呼ばれることがあります ここにあるように一番頻度の多いものは一番点がたくさんならのとこですねそれは 100です 何しをここではさまざまな異なる方法で どのようにデータを表現することができるかの概要を見せしました しかしここで私はあなたに一つだけしっかりわかってほしいことがあります それはここにはいくつも違ったデータの表現がありますが見た目は違っても一つの同じ データを表しているということです そしてたぶんこれとは別のデータを表現する方法を発明することもできるでしょう ん