If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ

依存変数と独立変数の復習

従属変数と独立変数を求めましょう。そしてあるコンテキスト (状況) に適用しましょう。

独立変数

独立変数とはある実験や状況において操作されている量を表す変数です。
ある方程式中の独立変数を表す変数としては x が良く使われます。

例題:

あなたはお小遣いを稼ぐためにお手伝いをします。一度お手伝いするごとにあなたは dollar sign, 3 を稼ぎます。
ここでの独立変数は何ですか?
ここでの独立変数はあなたがするお手伝いの回数です。なぜならその変数をあなたは自由にコントロールできるからです。(あなたは何回お手伝いをするかを決められます。)

従属変数

従属変数とは独立変数がどのように操作されるかに依存して値を変える量を表す変数です。
ある方程式中の従属変数を表す変数としては y が良く使われます。

例題:

ここでは同じ文脈を使ってみましょう。
あなたはお小遣いを稼ぐためにお手伝いをします。一度お手伝いするごとにあなたは dollar sign, 3 を稼ぎます。
ここでの従属変数は何ですか?
ここでの従属変数はあなたが稼ぐお小遣いの額です。なぜならその額はあなたが何回お手伝いをするかに依存する量だからです。
独立変数と従属変数についてもっと学びたいですか? このビデオ をチェックしてみてください。

練習

問 1
あなたはベーカリーでクッキーの箱をいくつか買います。それぞれのクッキーの箱は dollar sign, 4 します。
次の文のうちどれが真ですか?
あてはまる答えを全て選んで下さい:
あてはまる答えを全て選んで下さい:

このような問題をもっと試してみたいですか? この練習問題を試してみてください。