If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ

不等式のグラフを描くことの復習

変数を持つ不等式を数直線上にグラフとして描くことの復習をしましょう。それからいくつかの練習問題を解きましょう。

不等式

不等式は 2 つの式の間の関係が等しくないことを示します。
次はいくつかの不等式の例です:
9>7
6 < a+2
x<5

不等式の記号

記号意味
>より大きい
>以上
<未満
<以下

変数を含む不等式をグラフに描く

不等式の可能な解を表すために数直線を使うことができます。
例 1: x>4
x>4 のような不等式は x4 よりも大きいどのような値でもあることを示します。
これを 4 に白丸を置き,4 よりも大きな数に線を引くことによって数直線上に示すことができます。
例 2: y < 3
もし不等式に > または < の記号がある場合,変数がその数である可能性があることを示すために黒丸を描きます。
例えば,y < 3 は以下のようにグラフで表されます:
この数直線は y3 に等しいかまたは 3 よりも小さいこと (3 以下であること) を示します。
不等式のグラフを描くことについてもっと学びたいですか? このビデオ をチェックしてみて下さい。

練習問題

問 1
以下のグラフで表される不等式を選んでください。
答えを 1 つだけ選んで下さい:

もっとこのような問題を解いてみたいですか? これらの練習問題をチェックしてみて下さい:
グラフからの不等式
不等式をプロットする

会話に参加したいでしょうか?

まだ投稿がありません。
英語は理解できますか? ここをクリックしてカーンアカデミーの英語のサイトでのさらなる議論を見て下さい。