If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ

不等式をプロットする例題

数直線上に簡単な不等式をプロットする方法を学びましょう。このビデオで使う例は,x < 4 です。 Sal Khanテクノロジーと教育のためのマネタリー財団 により作成されました。

ビデオのトランスクリプト

x が 4 より小さいを グラフに描きましょう。 「より小さい」は特別に 「未満」ともいいます。 しかし「より大きい」の特別な 言い方を私は知りません そこでここではより小さいを 使いたいと思います。 まずは,ここに数直線を描きます。 数直線を描きます。 0 から始めましょう。 そして 1,2,3,4,5 0 より小さい数も書きます。 -1,-2,-3,-4,ずっと 続けることもできます。 4 より小さい x を全てグラフに 描きたかったのです。 ただし,4 は含みません。 条件は「4 以下」ではありません。 4 より小さいです。 4 を含まないことを示すためには, 4 の位置に中抜きの丸を書きます。 中を塗りつぶさないことで, 4 を含まないことを意味します。 もし 4 を含む場合には, 丸を塗りつぶします。 4 より小さいすべての数を 示すためには, 4 から始めて,数直線の 小さい数の部分に このように色を塗っていきます。 このように矢印にも 色を塗ることで, 4 より小さい値全てを表します。 これをテストすることができます。 数直線上の青の位置の数を 何かテストしてみましょう。 たとえば,この青い位置は -2 です。 -2 は確かに 4 より小さいです。 ここの値は 2 です。 2 も確かに 4 より小さいです。 4 は含みません。4 は 4 より小さくはありません。 4 は 4 に等しいです。 5 は青に含まれません。なぜなら, 4 より大きいからです。