If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:3:18

ビデオのトランスクリプト

たとえば,私がある レストランで働いていて, 1 時間あたり 10 ドルを 得るとしましょう。 しかし,この時給に加えて, 私の住んでいる国ではその時 のチップも収入になります。 すると,この式全体が私の 1 時間 あたりの収入を示します。 しかし,チップの額は時間に よって大きく変わります。 チップは変動するものです。 ランチタイムにはチップは 多いでしょう。 気前の良いお客さんがたまたまいると 多くのチップを得るかもしれません。 しかし次の時間にはお客さんが たまたま少なく`て, チップも少ないかもしれません。 するとここにあるこのチップの額を 変数と考えることができます。 たとえば今はこの言葉「チップ」を 変数と考えます。 変数は場合によって変化します。 たとえば,ある場合,ランチタイムには たくさんのチップが もらえるかもしれません。 たとえば,そのチップが 30 ドル だったとしましょう。 すると,その 1 時間では ここにある式に戻ると, 10 たす,この「チップ」です。 これが 30 ドルでしたので, これを 30 と書いて, それをたすとどうなるかというと,... これは黄色で書きましょう。 するとこれは 40 に 等しくなります。 しかしその後に何かの理由で お客さんが減りました。 ランチタイムが終わったとか, 隣のレストランが安売りを したとかでしょう。 すると次の 1 時間では 私のチップは劇的に減って, 5 ドルだったとしましょう。 この時にもこの式に戻って, 1 時間の収入が時給の 10 ドルたす このチップの 5 ドルで, 15 ドルに等しくなりました。 このように,この式全体というのは, この 10 たすチップは, 変数チップの値によって 変わるものです。 普通,代数では変数をこのように 1 つの言葉では書きません。 私たちは怠ける時には怠けますので その代わりにシンボル, 記号を使うことが多いです。 ここでは,「チップ」と書く代わりに チップを意味する t を使いましょう。 10 + t のように書きます。 ここで,t はある 1 時間で 得るチップの量を表します。 すると,t が 30 に等しい時には どうなるかというと, t が 30 に等しい時には どうなるかというと... t が 30 に等しいので, これを評価すると, 10 たす 30 で,40 になるでしょう。 もし t が 5 に等しいときには, この式を評価すると 10 たす 5 に なって,15 に等しいです。 注意しておきますが,ここでは実は 文字 t を使う必要はありません。 本当は文字を使う 必要すらないのですが, 普通の代数では文字を 使うことが多いです。 これはたとえば 10 + x とも 書くこともできます。 ただ,英語でチップは tips と書くので, x だと頭文字の t にならず ちょっと不自然です。 10 + 何でもよいのですが, 星でも良いです。 ここでこの星は 1 時間に得る チップの額を表すとことわればいいです。 ただ,これもあまり直感的 ではないでしょう。 これで「変数とは何か」という 考えがわかってくれると嬉しいです。 変数とは単なるシンボル,記号 のことで,変化する値を表します。 「変化する値」なので, 「変数」と言います。