If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ

変数を含む基本的な式の作成

ビデオのトランスクリプト

変数を含む式を 書く練習をしましょう。 これは,「a よりも 11 多いことを 表す式を書きましょう。」とあります。 まずは a だけを 言うことができますが, a よりも 11 多いと言いたければ, 11 をたすことができます。 つまり a たす 11 と 書くことができます。 これを 11 たす a と 書くこともできます。 どちらでも a よりも 11 多いです。 では答えを確認して, 合っていました。 もう何問か解いてみましょう。 「d と 9 の和を表す 式を書きましょう。」 すると d と 9 の和です。 これは d と 9 を たすという意味です。 ですから d たす 9 と 書くことができます。 または, 9 たす d と 書くこともできます。 これで答えを確認しましょう。 合っていました。 もう何問か解いてみましょう。 j から 15 をひくことを 表す式を書きましょう。 これは言葉で「ひく」と 書く代わりに, 数学の記号 「―」で 書いても良いです。 「ひく」と言葉で書くのではなくて, マイナス記号を書いて, j - 15 と書くことができます。 では答えを確認して, 合っていました。 もう何問か解いてみましょう。 これは結構楽しいですね。 「r の 7 倍を表す 式を書きましょう。」 これはいくつかの 書き方があります。 ここにある中点を使って, 7 かける r をこんなふうに 書くこともできます。 これは正しいはずです。 文字通り 7r と書くこともできます。 7r でも正しいはずです。 答えを確認して, 合っていました。 もう何問か解いてみましょう。 中点も使ってみますか。 10 と,これは小数点ではありません。 これは小数点よりも 少し高い位置にあります。 これはかけ算の記号で, 代数を習い始めると バツのようなかけ算の 記号の代わりに使います。 どうしてかというと,バツの ようなかけ算の記号は x によく似ているので, 変数 x を使う時に混乱 しないようにするためです。 だからこの方が 使い出があります。 10 かける u を 書きたかったのでした。 答えを確認すると, 合っていました。 もう 1 問解きましょう。 「8 を d で割ることを 表す式を書きましょう。」 するとこれを 8 と,それから スラッシュ (/) の記号で 8 割る d です。 できました。 これは 8 割る d です。 では答えを確認して, 合っていました。 もう 1 問解いてみましょうか。 6 を b で割る… 同じでしたね。 ここにあるこちらのツールを 使っても良いです。 スラッシュのキーを タイプすることと同じです。 6 を b で割るです。 答えを確認すると, 合っていました。