If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ

たし算の性質

加法の交換法則,結合法則,単位元の性質について探求します。
この記事では,たし算の 3 つの主な性質について学びましょう。ここにはこれらの性質を簡単にまとめています:
加算の交換法則: たし算をしている数の順番を変えてもその和 (和というのはたし算した答えのことです) は変わりません。 たとえば,4+2=2+4 です。
加算の結合法則: たし算しているグループを変えてもその和は変わりません。たとえば,(2+3)+4=2+(3+4) です。
加算の単位元の性質: 0 と何かの数をたしても,その数のままになります。 たとえば,0+4=4 です。

加算の交換法則

加算の交換法則が言っていることは,たされる数の順番をかえても,その和は変わらないということです。これがその例です:
4+2=2+4
たし算の順番か逆になっているのに,どちらの和も 6 になっていることに注意して下さい。
次はもっと多くのたされる数がある例です:
1+2+3+4=4+3+2+1
加算の交換法則の例になっているのはどれですか?
答えを 1 つだけ選んで下さい:

加法の結合法則

加算の結合法則が言っていることは,たされる数のグループをかえても,その和は変わらないということです。これがその例です:
(2+3)+4=2+(3+4)
カッコはどの計算から先にするかを示すものだったことを思い出しましょう。すると私たちは左辺を次のように評価します:
=(2+3)+4
=5+4
=9
そしてこれが私たちが右辺をどう評価するかです:
=2+(3+4)
=2+7
=9
左辺では 23 を先にたし,右辺では 34 を先にたしましたが,両辺とも和は 9 になったことに注意してください。
加算の結合法則の例になっているのはどれですか?
答えを 1 つだけ選んで下さい:

加法の単位元の性質

加算の単位元の性質とは,0 と何かの数をたしても,その数のままになっているということです。 これが 1 つの例です:
0+4=4
0 の定義は「量がない」ということですから,40 をたしても,その量 4 は変わりません! ですからこの性質は真です。
加算の交換法則を考えると。たし算では 0 が先にあっても後ろにあってもその和は同じということがわかります。これが 0 がたし算の後ろにある場合の加算の単位元の性質の例です:
6+0=6
加算の単位元の性質の例になっているのはどれですか?
答えを 1 つだけ選んで下さい:

会話に参加したいでしょうか?

まだ投稿がありません。
英語は理解できますか? ここをクリックしてカーンアカデミーの英語のサイトでのさらなる議論を見て下さい。