If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:5:30

ビデオのトランスクリプト

このビデオでは比率という考えを探求していきましょう おそらく皆さんは日常生活見ている比率の例を見ていきましょう 例えばあなたが車に乗っていてスピードメーターを見ているとしましょう そこであなたはスピードメーターに35km スラッシュ h と書いてあるのを見る かもしれません これは 35km パーアワーと読み1時間に 35km であることを表しています これは今と同じ速さで進むと一時間に何 km 進めるかということです 単位時間あたりに進む距離というのを図っています 私たちが日常で比率というとこのようなものが一番よく使われます 単位時間あたりに何かがどれだけ怒っているかということを表します それは単位時間当たりの距離とは限りません例えばある種の仕事の時間毎の給料時給を 表すのにも使われるでしょう 例えば 1時間の給料が1000円だったとしましょう これは元のビデオがエグので中と書いてあったんですけどもこれは1000円に直して おきますね 1時間あたり1,000円 毎時1000円時給が1000円ともいうでしょうね これはまいじゃー店のお金であって距離のことではありません 単位時間にどれだけのお金を稼いでいるかです 比率は単位時間あたり何かがどれだけ怒っているかを表すによく使われます 毎時あたりの km 数だったり枚秒あたりのメートル数だったりまたはこのように 時給 枚あたりの縁を表すこともできますしかし比率はこれの単位だけではなくて他の単位で も使えます私は大好きなデザートがありますがちょっとその デザートは絵をかいてますねでも どれだけカロリーを摂っているかが気になります するとそこにはこんな200区 カロリー人前のような表示を見かけます これは12マンあたりのカロリー数を示していますそして一人前がどれだけの量なのか も示されているでしょ100g とかにあ倶楽部とか色々でしょうけどね それで私はもしに人舞食べたら400カロリー取ることになるなと考えることができ ます同じように2時間働いたら2000円稼いことができるとか 2時間走ったら70キロ減でもできるとかっていうのが分かりますねこのように比率は どれだけの速さでなにかが起こっているかまたはあることが一つ起こることに別のある ことがどれだけを 取るかということを言います では比率をもっと日のように見えるようにちょっと書いてみましょうか 関係を見てみたいと思います実際にこれの言葉は密接に関係してますね 英語でも日本語でも同じ文字が入ってますね実際にこの35km 毎時という日実は私 は1時間に35km 進んだという日を表しています するとこれは 距離 km たい時間の日ですね km 大使館の日は 35km を に対して1時間ということですねまたは70体にでもいいんですけれどもそれだと もっと小さい数の日で表せるので35対1というのが良いでしょう 日の場合にはこれが典型的な花ですね分数でこう書くこともあるでしょう 35km 第一時間 35km 1時間というふうに書くこともできます比率は日の特別な場合で多くの場合片方の数が 1ですねこれは35km 枚とこう言葉で書くんではなくて 分数のように書いて この分数の棒を巻いてます km/時 このように比率と日は大変関係のある考え方です もしあなたがカロリーと人舞の数の間の比を求めとしたら 比率を使ってこんな風に行きますね逆もまた同じです ではなぜをわざわざ比率というものを習うんでしょうか 特に速さのようなものの場合比率を使わないと料としての比較が難しいからです 比率なしでは私たちは私はなてる早いとか 彼女は私より速いと言い合うだけでどれだけ速いのかお料理できません しかし比率を使うとあの人は100名 ドルを10秒で走る前で10メートルの速さで走るというふうに何かがどれくらい早く 起こっているのかを正確に表すことができます こちらの例で言うとこれよりもこちらの方がエネルギーをもっと得られるとかそういう ふうに 相対的に比べるだけではなくて実際にどれだけの量かを示すことがで いきます この先数学で比率についてもっと学んでいきます 私立は台数の基本になりますある直線の変化率を見るときにはその直線が水平方向に 進んだけれどを垂直方向に進んだけるを見ますこれを傾きと呼びます例えばある坂の 傾きを考えることができます 前に進む に対してどれだけ高く上るカーですそして微分積分学で一月についてもっと深く学ぶ でしょう 実は微分の基本となるものはみなさんも高校や大学で学ぶでしょうが 瞬間の変化の比率変化率を測ることです 何かこの時点でどれだけないですが起こっているか比率は実に興味深く大事なものです そして多分日常生活に目を向けてみるとこのあとたったに3時間の間でもとてもとても たくさんの比率があることに気がつくでしょう