If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ

点と象限の例

(-4,-2) のような順序対をプロットして,それがどの象限にあるかをみつけます。 Sal Khan により作成されました。

ビデオのトランスクリプト

104巻-1をグラフ上にプロットしてその点がどの章下にあるかをやめましょう この順序2の最初の数の4か x 座標を表していますそれは水平の x 軸方向に どれだけ進むかですそれが星の数4ですから右に4つ進みますそして順序角には 女の数は垂直方向つまり y 軸方向の動きを表しますそれがマイナスですよね これは婦の数なので下に一つ動きます ここが4巻は-1-1ですこれで点がプロットできました あとはどの証言にあるかです証言とわぁ単に慣習的な名前ですがここが大腸炎ここが第 2章健康が第三証券そしてここが第4象限ですするとこの点は第4象限にありますね ちょっとローます 数字も覚えておくといいでしょうこれが呼んで大4証券を意味しています ではもう何問か問題を解きましょう 天八甲-よりもグラフ上にプロットしその点がどの証言にある帰りましょう x 座標が8ですから x 軸に沿って西の方向に8 動きますそして y 座標はマイナス用なので下に4つ動きますね 今回また第一ではなく第二でも第3でもなく第4象限にありました 第4象限にあります もう一もやってみましょう今度は別の証言になるといいですね この問題ではマイナス[ __ ]魔子ですね今回は x 座標が婦の数です-5ですね ですから x 軸を左に動きます-5まで行きました そして y 座標は星の数なので上にご動きますねすると ここですねここが-5巻孫ですここは第二証言ですね は第3章件ですこの点は第2章間にあります 答えをチェックしてあってましたね