If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:8:34

ビデオのトランスクリプト

ここにはいくつの風船があるのか知りたいと思います 単純にこれを全部数えて言ってもいいんですけれどもしかしここでは他の方法で考えて みたいと思います 特にここでは素敵な配列きちんと並んだ講師のパターンがあるからです そしてこういうものをいつも単純に123と数えていかない理由は 行の数と列の数の掛け算を使うことが出来るからですねでもあなたはいつかものの数を 一つずつ数えることができない場合にきっと出会うでしょう しかしその時でも行の数とフレッ の数だけを数えることができる場合があります例として来には123 4行がありますね そして 1234567列があります そして この4というのを ものの配列が4行あるものと見ることもできますねちょっと書いておきましょう 4行がありますそして7列があります 7列 たぶんあなたは全部のものの数が経をかける列の数で計算できるかとを覚えているかも しれません 4行をかける 7列ですねさてどうしてこれがうまく行くんでしょうか どうしてこれが実際のものの全部の数になるでしょうか そうですねこれは4列あると見ることができます つまりあるもののグループは4個あるということですそしてそれぞれの行には何この ものがありますか それは列の数ですねこれらの4行のそれぞれには ナナコのものがあるつまり nanaco でできたグループが4個れます またはこれを他の方から見てもいいですねこれはそれぞれの列なグループになっている と見ると7このグループがあります それぞれのグループには何このものがあるかというとそれは行の数のことですから 4です そして私たちはもうこれら両方の量が全く同じ数になることは分かっていますものの数 はここにある物だからですね するとこれが2つの式は10日で4かける7は 7かける4に等しいですそしてこれらのどちらについても計算する方法はいくつもあり ます 4ずつ飛ばして数えるというもありですね4 8216 20 2428とも言えますこれなのかありますか 12345675ありますね すると28になります28このものがここにあると計算できました 同じように7ずつ数えてもいいですね7 14 2128と毎回7を足していくことができます こちらの方でも28になりましたね ちょっと同じ色で書いていきます こちらの方でも28になりました しかしもしあなたがこうすることを知らない場合とか またこの方法を使いたくないときあるいはこの方ができない場合 また4かける7まだ覚えてない場合があるでしょう しかしあなたはできるだけ早く九九の表は覚えておくべきですよ その場合これをなんかもっと簡単に計算できるものや またはあなたがを覚えている ものに分解できないでしょうかまあ列というのは5列+2列と同じだと気が付くかも しれませんね ると 何列はこの後列と後に列 それに+ に列です とこれは4かける7というのは 4かける5 4かける5です 4かける7というのは 4かける 5+2と同じだと言っているんですね5 なおすっ 5+2ですここで私は七尾5+にに置き換えただけです nana がウォータースにで置き換えられました さてどうしてこんなことをするんでしょうかそうですね これを二つの配列に分解することできましたつまり4行を2列の配列がここにあって そして こちら4行5列の配列があります 4行5列の配列です ここにある黄色の部分にはいくつのものがありますか そうですねこれは4かける5個のものですね 4かける 5のものが黄色の講師また黄色の配列に並んでます そして こっちのレンジっぽいところにはいくつのものがありますか これは4かけるにですね 4 けるにです すると 4かける事を4かけるにのはをとるとどうなるか そうですねこれは4かける7になります4かける5+になります これらのはを取りましょう掛け算を先に計算しますので括弧を書いて強調しておきます この式というのはこの上の式と同じものです もしかしたらあなたは下の式で小屋4かける5ならわかる4かける5は20だと 4かける5は20だそして4かけるには8だと 20+8は28だとなりますねここであなたはこう言うかもしれません ok 分かりました4かける7は28に等しい そしてそれは4欠ける格好の後+に書くこと時に等しいそしてそれが 4かける54かけるを+4かけるにに等しいなも分かると 実際これは分配法則と言われていますこれは4欠ける格好の後+には4かける号+4 かけるにに等しいことを言っています しかし最初の方でもこれはできたんですねそれでもできるのにどうしてわざわざ 掛け算問題等がに分配法則を使ってみせたんでしょうか そうですねその疑問に答えるためにはもう少し難しい問題をやってみたいと思います 例えば 例えば6掛ける 36を計算したいと思います 36を ちょっとこのカクカク必要なかったですね6掛ける36を計算したいと思います これはどんな風にできますかそうですね36を分解して二つの席にしましょう 大股悪くとの席より簡単にも留まるような2つの数に分解したいと思います 例えば36というのは30+6と同じですね ですからこれ は6掛ける これは6掛ける は30+6と同じです これは何でしょうかそうでさっき見た通りです6掛けるこれら2つのものを避けに+ ことはこれは 6掛ける 6掛ける36かける んじゅう +6掛ける6 +6掛ける 6と同じになります注意してください労苦を分配したんですね6掛ける30+6掛ける 6です ではどうしてこれが役に立つんでしょうそもそもこれが通して役に立つのか ちょっと格好を書いて掛け算を先にすることを強調してきますね 一般に掛け算と足し算がこのように並んでいるのを見たら また割り算がある場合でもまずは掛け算と割り算を先に計算してから 足し算と引き算をします6掛ける30は何か これは簡単にできますね6掛けるさんは18に等しいと知っているので の潜る30は108です6陰力は36に等しいと知っているでしょう ですからこれは180+36になりますそれは何かと計算してみましょうか 0+6悪くで8+さんは11で 1+1はにですねこれで6掛ける36が216に等しいと分かりました ここでは分配法則を使って計算したんです これは実はあなたがどんな場合でも大きな数を計算するときに使う方法です ここで見たよりももっと大きな数の場合ですね 分配法則を使って数を分解することで大きな大きな数の計算ができると分かると嬉しい ですね そしてあなたの数学の学びが今を進んでいくと これがさらに重要だと分かる時が来るでしょう