現在の時間:0:00合計時間:7:28

ビデオのトランスクリプト

このビデオで私がしたいことは, 頭の中でのたし算をする1つのテクニックです. この 355 たす 480 のような計算を見た時, もし紙があれば,これらの数を書いて , たし算をすることができます. しかし,この計算を頭の中でしたいかもしれません. どうしたらいいでしょうか? 1つの考えは, これらの数に何かをたしたりひいたりして, もっと簡単な数にできないかなというものです. たとえば,この480, 480 に何をすれば,500 になりますか? というのも,これは 500 に近い数だからです. 480 に 20 をたすことができます. しかし,単にたすと計算がくるいます. その 20 をどこからかとってこないといけません. ならば,355 から 20 をとってしまって, それを480 にたすのはどうでしょうか? 私が何を言っているのかわかりますか? 20 をここからとって,... すると,これは 335 になるでしょう. そして 20 をここにたしましょう. すると 480 たす 20 は 500 です. 私が 20 をとって 20 をたした理由は, この480 に 20 をたして, 500 にしたかったからでした. こうすると,頭の中でも計算できそうです. 20 がほしいので, 355 から 20 をひくと 335 です. しかしこうするとこの問題は, ずっと簡単な計算になります. 300 たす 500 を計算すると, それが等しくなるのは, 800 であと 35 があります. ですから,835 です. 今したことをもう少しはっきりさせましょう. 思い出して下さい.20 をここからとって, こちらにたしたのです. つまり,355 を分解したのです. これが等しいのは, これが等しいのは,... 335 たす20に分解したのですね. 注意して下さい. どうして私が20 を取ったのかですが, それを 480 にたしたかったからです. では1段階づつやってみましょう. たす 480. そして,たし算の順序は単純に変えることができます. すると,これが等しくなるのは, 335 たす 20 たす 480です. そして 335 と 20 を先にたす代わりに, 20 と 480 を先にたせます. こちらの数を先にたします. すると,残ったのは, 335 たす,... 20 たす 480 は何でしょうか? そうですね.これがポイントでした. 20 を選んだのは,500 ができるからです. 500 をたします. すると,これはイコール 835 になるでしょう. これは単にこちらでしたことを長く説明しただけです. 20 を 355 から取って, 480 にたして 500 にします. こういう練習問題をもう少しやってみましょう. ここで鍵となる考えは, どうしたらこれらの数の1つにたし算やひき算をして, 簡単な数が作れるか,です. 18 たす 704 があります. この問題に取り組むにはいくつかの方法があります. 1つの方法は,この704 を 700 に等しくすることです. すると,これは,18 たす, 700 たす 4 と書いてもいいのですが, ちょっとここは,4 たす 700 とも書けますね. そして,このまわりに,カッコをつけておきましょう. そして,単純にたし算の順序を変えます. これに等しくなるのは,18 たす 4, たす 700 ですね. そして18 たす 4 を先に計算します. 18 たす 4 は何ですか? 22 です.それに 700 をたします. こうすると計算がとても簡単になります. 700をたす. これらは皆等しいです. こう書いておきます. 22 たす 700は,私は頭の中でも 722 とできます. もしかしたらあなたは, こんな長いものが頭の中で計算するための テクニックなんですか? と思うかもしれません. でも,こう私が全部書いている理由は, 何が実際に起っているかを見せたいからです. もっと早くもできますよ. そうですね,頭の中でやっているように ちょっと目を閉じて話してみます. 4 を 18 にたして,704 から 4 をとろう, すると,4 に 18 をたすと22 ですね. 704 から 4 をとれば,700 になります. 22 たす 700 は 722 です. 他にもこれを解く方法があります. 実は,4 をとる代わりに, 何かの数をたしましょう. 何か,..そうですね. わかりませんが,たとえば,710を考えましょう. あんまり良い考えではないかもしれません. やってみましょう.6 を 704 にたせば, 710 になります. ですから,18 から 6 をとって, 704 にたすとどうなりますか? 18 というのは 12 たす 6 です. それに,たす704です. それは, 12 たす 6 たす 704 と同じですね. こちらを先にたすと, 12 たす 710 になります. 710. そうしたら,これは 722 になるだろうとわかります. でも,このこちらの方法は, こちらの 704 から 4 をとって, 700 にして,それをたすほどは, 直感的,あるいは簡単ではないですね. もう1つこういう問題を解いてみましょう. 275 たす 595です. 私がこれを一目見て感じるのは, 595 を 600 にできないかな? ということです. もし 5 を 595 にたせば,600 になります. すると,6... 同じ色でやってみましょう. これに 5 をたして,600... 色が上手く変わらないです... 600 です. でも 5 を勝手にたしてそのままにはできません. こちらから 5 をとらないといけません. こちらから 5 をとると,270です. するとこれは 270 たす 600 です. こうすると私の頭でも計算が簡単にできます. これは 2 個の 100 たす 6 個の 100 で, 8 個の 100, そして7 個の 10 と0 個の 10 で70, そして,1の位はなにもない. では,この問題にとりくむ他の方法は, この 275 を... これを 300 にしましょう. これを 300 ... これが 300 と同じとすると, この数にするには,25 をたせばいいです. ここに 25 をたすには, こっちから 25 をひかなくてはいけないですね. ひく 25. すると,300 たす... 95 から 25をひくと, ここは 70 になるでしょう. ですからこれは 570 です. そして,これも計算は簡単です. 300 たす 570 は 870 です. 紙に書いて普通に計算する方法を含めて 他にも解き方はあります. でも,このビデオで, こういう計算が頭の中でできるようになる ちょっとした道具がわかったらうれしいです.