メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:3:53

ビデオのトランスクリプト

7 たす 6 が何になるか考えてみましょう. ぜひここでビデオをポーズして, 自分自身で考えてみて欲しいと思います. さて,試してみましたか? 考えてみましょう. これを 7 つもの,たす,さらに 6 つのものと見ることがで きます. そして,全部でいくつのものがあるのかと考えることができ ます. たとえば,これを 7 つのトマトにしましょう. 1 つのトマト,2 つのトマト, 3 つのトマト,4 つのトマト,5, 6, 7 つのトマトです. そして,さらに 6 つのものをくわえます. それをブルーベリーにしましょう. そして全部で果物がいくつあるかを考えます. 1, 2, 3, 4, 5, 6.6 個のブルーベリーです. すると全部でいくつのフルーツがあるでしょうか? 7 からはじめましょう. ここに 7 個あります.それから数え続けます. ですから,8, 9, 10, 11, 12, 13 あります. 全部でフルーツは13個あります. これについて考える他の方法は何でしょうか. これを数直線で考えることもできます. では,数直線を描いてみましょう. ここにこう,数直線... まだ使っていない色で描きましょう. ここに数直線があるとします. こんな感じです. 数直線を始めます. 7 から始めてもいいですね. これに 6 をくわえます. さらに6つ数直線上を動きます. 1, 2, 3, 4, 5, 6, もちろんこの後も続けることができます. 8, 9, 10, 11, 12, 13 です.続けていってもかまいませ ん. しかし,7+6 です.それを目に見えるようにできます. 7 からはじめて,数直線上で 6 つジャンプをしました. 1, 2, 3, 4, 5, 6. どちらの方法でも,13 になりました. これを考えるもう1つの方法は, 見て下さい.7 から始めました. ここに最初7個ありました. そこに 3 をたすと 10 になります. 6 進むには, さらに3つ進まなくてはいけません. すると 13 になります. これは13という数が何を表しているかです. 数 13 には左の桁に「1」があります. この1は 10 の位にあります. するとこれが本当に表しているのは 1 個の 10 です. 1 個の 10,そしてこれにたす 3 個の 1 です. それをここに見ることができます. ここで私が果物をたした時, 1 個の 10 でできたグループがあります. これが 1 個 の10 のグループです. 1個の10のグループを得るには,まず 3 をたさなくてはい けません. ある意味 10 のバケツをうめるようなものです. そしてさらに3つあります. 7 + 6 は1 個の10のグループができて, そして 3 個の 1 の余りができました. ここには 3 個の 1 があります. ここで考えたもう1つの方法では, 7+6 は 10+3 と同じということです. もちろんそれは13です. 13というのは1 個の 10 たす 3 個の 1 と同じです. 13はどちらの方法で考えてもいいです.