現在の時間:0:00合計時間:3:39

ビデオのトランスクリプト

数をひくというのはどういうことか 考えてみましょう. では,そうですね.4 ひく... 4 ひく 3 は何か考えましょう. 4 ひく 3. これを考える1つの方法は, 4個のものから始めることです. まずは 4 個のものを描きましょう. 1, 2, 3, 4 あります. ここには 4 個のものがあります. そして「ひく3」と言うと, つまり,私は 4 から 3 をひきます. これを考える方法は,これらの4個のものから 3個をとってしまうことです. 1 個とります. 2 個とります.3 個とります. 気をつけて下さい.1, 2, 3 個のものを私はとりました. では,残っているのは何個でしょうか? 4 個から始めて, 3 個とりました. 3 を「ひき」ました.4ひく3の残りは, 1 個です.ここにあります. すると4ひく3は1に等しくなります. 面白いですね. もう1つ似たようなことをしてみましょう. 5 ひく 2 が何かを考えましょう. 5 ひく 2.そうですね.ちょっとこう書いてみましょうか. 何かを求めたいと思います. それをクエスチョンマークにしておきましょう. ちょっとここをきれいにしておきましょうか. いや,これを下でやってみましょう. クエスチョンマークがあるとしましょう. ここには何か知らない数があります. ですからここにクエスチョンマークを書いておきます. そしてこのまだ知らない数に等しいものは, 5 ひく 2 だとしましょう. ひく 2. ではこれは何になるでしょうか? ちょっとそれを目に見えるようにしてみましょう. これは,5 個のものがあって, そこから 2 個をとってしまうと, 5 から始めて,2 を取ったら, 残りは何でしょうか? まずは 1, 2, 3, 4, 5 個のものがあります. そのうちの2個を取ります. 1, 2 をとります. 1個, 2個のものをとります. すると何個残っていますか? そうですね,残りは... 違う色を使いましょう. ここにある紫色の残りです. それはいくつでしょうか? いくつ残っているでしょうか? 残りは 1, 2, 3 です.もとは 5 つでした. この何かは5ひく2に等しい. その何かは 3 です. 3 は 5 ひく 2 に等しい. これを 3 と置きかえましょう. この3 は... おっと,3 はこれと同じ緑色にしておきましょう 3 は 5 ひく 2 に等しい. または 5 ひく 2 は 3 に等しいとも言えます. どちらでもいいですね.