If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:2:45

ビデオのトランスクリプト

その始まりは大きなトルティーヤです。 真ん中の一番幅の広い帯を切り出し, そして回りの役立たずの部分を取り, 長い長方形を自由にします。 これが完璧な食べ物を 作る旅の始めかたです。 一番難しい部分は,角を 3 等分することです。 しかしもしあなたが紙を 手紙などのため 3 等分に 折ったことがあれば, 原理はご存知でしょう。 近似と調整を等分に なるまで繰り返します。 トルティーヤの場合, 正 3 角形を得るためには, 辺ではなく,角を折ります。 折り目がある点で 合うようにしましょう。 3 角形の 1 つの角です。 紙と違い,この柔らかい おいしいトルティーヤは寛容です。 しわくちゃにならずに調整できます。 1 つずつ 3 角形を 重ねて折っていきます。 折るたびにつまんで 折り目をつけます。 10 個の 3 角形が必要です。 余分を除きます。 3 角形の帯を 6 角形に アレンジします。 折り目があなたが作った折り目と 自然に同じ方向に 向くよう注意します。 これで対称な重なりになり, 互いに支えてしまる 箱の蓋のように, 織り上げることが簡単です。 紙では,私は 9 個の 3 角形を使い テープで止めるでしょう。 トルティーヤでは 10 個を使い, 最初と最後をくっつけます。 ナイフで軽くトルティーヤに 刻みをつます。 そして指でトルティーヤを ぬらします。 水はトルティーヤの 小麦をくっつけます。 3 角形を強く押しつけると, 1 つに統合されます。 これがトルティーヤヘキサ フレクサゴンの創造です。 これは 2 個の 3 角形を 一緒につまみ, 平面の 3 つの腕の形を逆側に 押すことでフレックスでき, それから中を開きます。 しかし,これはまだ おいしくないという点で不完全です。 幸運なことに,この問題を解決する いくつかの洗練された ツールがあります。 最初のもの, それはグァカモーレ。 私は薄く塗ることが 容易なものから始めます。 それはヘキサフレクサゴンに 折り込めます。 3 つの折り目部分を つまみあげ,フレックスして 中に折り込みましょう。 それから底を開きましょう。 このようにするとフレクサゴンは 再びおいしい素材を 組込む用意ができます。 貴重なグァカモーレが折り目の 中に安全に収納されます。 豆とチーズを加え,あなたの ヘキサフレクサメキシカンは 準備完了です。 食べるには,半分だけフレックスし, フレックスメキシカンの完璧な 3 角形のポケットを露出させ おいしい部分にかぶりつきます。 ご覧のように,中身は フレクサゴンの折り目から 多少漏れる傾向があります。 ブリートの性質として,それが 円筒形であれ, ヘキサフレクサゴン形であれ, 美味しい部分の漏れがあることは, 予測されることであり, また不可避でもあります。 次のフレックスメキシカン 料理としては, 風味豊かな巣を守る 謙虚な鶴をお考え下さい。