かけ算の分配法則の基礎について復習し,いくつかの練習問題を試しましょう。.

分配法則とは何か?

分配法則とは,あるかけ算の問題で,1 つの因数が 2 つの数の和として書き直されても,その積は変化しないということをいいます。
分配法則を使うことで,あるかけ算の問題を 2 つのより簡単なかけ算の問題として解くことができます。
例:
4×124 \times 124×(10+2)4 \times (\tealD{10} + \greenC{2}) のように書き直すことができます。
4410\tealD{10} 2\greenC{2}分配されます。そして,問題は次のように変わります:
(4×10)+(4×2)(4 \times \tealD{10}) + (4 \times \greenC{2})
左側の点の配列は (4×10)(\tealD{4 \times 10}) を示します。 右側の点の配列は (4×2)(\greenC{4 \times 2}) を示します。
これで合計を求めるために式をたし算できます。
(4×10)+(4×2)(\tealD{4 \times 10}) + (\greenC{4 \times 2})
=40+8= \tealD{40} + \greenC{8}
=48=48
分配法則についてもっと学びたいですか? このビデオ をチェックしてみて下さい。
分配法則がなぜ役に立つのかについてもっと知りたいですか? この記事 をチェックしてみて下さい。

練習問題

もっとこのような問題を解いてみたいですか? この練習問題 をチェックしてみて下さい。