If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:5:40

視覚的に分数をたし算する: 5/6 + 1/4

ビデオのトランスクリプト

では5/6+4分の1を計算してましょう そのためにここに6分の5合目に見えるに品物と4分の1を目に見えるようにしたもの を用意しました ここには全体がありますねその全体が 123456個の部分に分けられています そのうちの5個に色が塗られていますねですからこれは5/6です 下にはもう一つ全体があって4この等しい部分のうちの1個に色が塗られています ですからこれは1/4これはたしましょう ぜひいつでもどうすればいいのか分かったらビデオ止めて自分で解いてみてください さてブースは同じ分母つまり共通の分母を持つ時にたせますねここにあるのは同じ分母 ではないですこれら大共通の分母に書き直すに悪くと4の公倍数について考えます そして理想としては6と4の一番小さな は公倍数を使いたいですねこういう時私は大きい方の数これは6ですけれどもこれを とってその倍数を考えています まずはロクロクはもちろん6で割り切れますでも読んで終わりいけませんですからこれ ににをかけて12を考えます中に悪くと4の両方で割り切れますね するとここでは中には良い公倍数ですね これは実は6と4の一番小さい後悔す最小公倍数ですからこれらの分数の両方が 12分の何かに書き直せます 12分の何か+ 12分の何かになりますね これ男方はいくつもありますここでは私はこの図でこの計算お目に見えるにしたいと 思います さてもし私が6個の等しい部分からこれを12個の等しい部分にするとしたら つまり分母を6から12にするとしたら 基本的にはこれらのここにあるそれぞれの部分を何杯かにします ここでは2倍ですね またはここにある元の部分それぞれを撮ってそれをにこの部分に変えていきます やってみましょう まずはきれいにできるか あっています 心もう少しちゃんと半分にできますよね こんな感じですかね そしてをとっと 感じですねできるだけ同じように分けたいと思います でもまあ女の仔でやっているので完璧ないけません を一つ そして最後も分けますこれでできました そして注意してくださいもともと6個の部分があってそしてそれぞれの部分を倍にし ました 元のそれぞれの部分を2つにして6個の部分を12個の部分にしましたすると 123456 父89112個の部分になりました すると全体は12個に分けられましたが色塗られているのはいつですか 6個のうちの5個ではなくて中にこのうちの10個ですね ですからこれは12/12なりました 5/6は10/12と同じことです これを考える他の方法は6から中にするためににをかけたと思いますね その場合同じことを分子にもしなくていけません 5かけるには中です ここで2つの分数が等地だということを分かって欲しいですね 色塗られた部分のおりは変わってませんもし6個のそれぞれを撮ってそれを2個ずつに する いるまたは全体の部分ににをかけ前提を中にすれば今は5/6ではなくて12/12色 が塗られていることになります 同じことをこの1/4の4子にもやってみましょう ここでは4分の1ですけれどこれを12分の何かに変えたいと思います これを12分の何かに変えるにはそれぞれの部分が3個ずつの部分にならないといけ ませんや ています それぞれを1 3個に分けますここも1 あんこに分けます 高校も同じですねもうどういう風になるか分かったと思いますね ここも1 23 ここにを開けます注意してくださいここで私がしたことは掛け算ですね 前は4個の等しい部分がありましたそしてこれらの4個の部分をそれぞれ3個ずつの 部分に分けました すると中にこの人自分なんですね それぞれの部分を1個から参考にしたので山をかけたことになりますすると色を塗られ ているのは これは元は4個のうちの1個でした今をなは12個の等しい分のうちの3個になった ことがわかりますね 今は12個の仁うちの3個です とこれはどうなんですかこれ10/12でそれで12分の3を足します ちょっと1/12がいくつあるかですねそれは13/12ですねそれここでも目で見え ますね 上の緑の部分12/12色が塗られています これの箱はそれぞれが12分の1ですちょっと書いておきましょう この箱はみんなこれも1/12 これも1/12これも12分の1です いくつの1/12に色が慣れていますか緑のむぬ者は10個ですね そしてここが10位米中に米 そして13個目ですから13/12 と考えることができます産む数を通して同じ分母にすると足し算ができるかというのも 分かったでしょう