メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:2:58

ビデオのトランスクリプト

- ハイ、ピート - やあ、ヴァル - 元気? - 聞いてよ、最悪の日だと思うよ。 - どうしたの? - ヴァルが「どうしたの?」と聞いてきたのは・・・ 「物語を話して」ということです。 そしてそれこそが、このシーズンの そしてそれこそが、このシーズンの 箱の中のピクサーです。 ここピクサーで映画を作るには何年もかかりますが、 ここピクサーで映画を作るには何年もかかりますが、 それはすべて物語から始まります。 私たち人類は話すことができてから、 私たち人類は話すことができてから、 もしくはそれ以前から、 火を囲んで物語を語ったり、 小説を書いたり、短いストーリーを 書いたりしてきました。 今も私たちは映画を作ったり、写真を撮ったり、 今も私たちは映画を作ったり、写真を撮ったり、 お互いにつぶやいたりと、様々なことをします。 物語は感情のレベルで人と人を つなぐ力を持っているのです。 物語は感情のレベルで人と人を つなぐ力を持っているのです。 よく耳にすること、このアドバイスは よく耳にすること、このアドバイスは あなたが知っていることを書くことです。 今、私が好きだった子どもの頃のこと、郊外のミネソタでの出来事は書きたいとはお思いません。 それは退屈です。 今、私が好きだった子どもの頃のこと、郊外のミネソタでの出来事は書きたいとはお思いません。 それは退屈です。 私は爆発だったり、 モンスターだったり、 カーチェイスについて書きたいのです。 それが意味することは、 それが意味することは、 まずはモンスターや爆発、 カーチェイスについて 書くことですが、 その中に自分の人生や気持ちを込めて 書くということです。 あなたは怖いと思いますか? あなたは孤独を感じますか? あなた自身の人生にこもった何かが、 その物語を生き生きとさせ、 単なる退屈なカーチェイスにさせないでしょう。 その物語を生き生きとさせ、 単なる退屈なカーチェイスにさせないでしょう。 - 「モンスターズ・インク」を監督し始めたとき、 私が提示した内容は、 仕事のために子供を怖がらせるモンスターに ついてです。 それが彼の仕事です。 彼は出勤し、退勤し、ドーナツを食べ、 組合会費について話します。 彼は出勤し、退勤し、ドーナツを食べ、 組合会費について話します。 そして我々はそれがかなり面白いアイデアだと 思いました。 そして、私がそれを人々に話せば、 彼らは笑ってくれるでしょう。 そして、私がそれを人々に話せば、 彼らは笑ってくれるでしょう。 しかし、映画という形でその物語を語ったとき、 しかし、映画という形でその物語を語ったとき、 人々は退屈に感じ始め、 「この映画が何を言いたいのか理解できない」 となるでしょう。 「この映画が何を言いたいのか理解できない」 となるでしょう。 私がついに見つけ出したアイデア、 それは子どもを怖がらせるモンスターに ついてではなく、 父になっていく人の物語です。 それは私に起こっていたことでした。 では、なぜ分かりきった事を書くのですか? それは、おそらくあなたに起きた出来事が、 あなたに何か特別な気分を与えさせたからです。 それは、おそらくあなたに起きた出来事が、 あなたに何か特別な気分を与えさせたからです。 そして、あなたが物語を語るときに本当にやろうとして いるのは、観客に同じ感覚を追体験させることです。 そして、あなたが物語を語るときに本当にやろうとして いるのは、観客に同じ感覚を追体験させることです。 私が物語を語る上でお話しすることは、 が実際にどれだけの仕事であるかです。 私が物語を語る上でお話しすることは、 が実際にどれだけの仕事であるかです。 私はいつも考えていました、あなたも一度だけ物語を 語ってください、そしてそれは完璧でしょう。 私はいつも考えていました、あなたも一度だけ物語を 語ってください、そしてそれは完璧でしょう。 そしてウォルト・ディズニーや宮崎駿のような天才、 そしてウォルト・ディズニーや宮崎駿のような天才、 そのひらめきは彼らの頭から一度出てくる、そしてそれらが映画になります。 そしてウォルト・ディズニーや宮崎駿のような天才、 そのひらめきは彼らの頭から一度出てくる、そしてそれらが映画になります。 実のところ、私たちの物語は最初から完璧に出るもの ではありません。 実のところ、私たちの物語は最初から完璧に出るもの ではありません。 1度目、2度目、3度目、4度目・・・ 30回目と繰り返します。 そしてそれを何度も何度も繰り返し続けます。 そして何度も、何度も長い時間をかけて物語を語った 後に初めて・・・ 本当のひらめきが生まれます。 箱の中のピクサーの今シーズンは、 ピクサーがストーリーをどのように語るかに ついてです。 箱の中のピクサーの今シーズンは、 ピクサーがストーリーをどのように語るかに ついてです。 それがあなたの物語を語ることの きっかけになる事を願います。 - それにしても、一体何が起こったの? - ああ、ああ、まずそのことだったね。 私は机に戻るよ。もう朝8時だ。 私は机に戻るよ。もう朝8時だ。