If you're seeing this message, it means we're having trouble loading external resources on our website.

もしあなたがウェブフィルターを利用している場合には,*.kastatic.org*.kasandbox.org がブロックされていないことを確認して下さい。

メインのコンテンツ
現在の時間:0:00合計時間:8:39

ベクトルとスカラの入門

ビデオのトランスクリプト

このビデオで私が特に話をしたいことは ベクトル鳥栖からの違いについてです ベクトル鳥栖からですこれは難しい言葉に聞こえるかもしれませんけども このビデオ通してみればとてもシンプルな考えだと分かると思います まずでは定義から始めましょうそしていくつかの例を見て いきたいとおもいますそうすればこれはもっともっと発揮して簡単に思えるでしょう ベクトルとは基本的に何か 大きさと 大きさと そして方向がありますと方向あるここでとといったことに注意してください スカラーは大きさしかありません まあまだこれではわからなくても大丈夫です鈴を使って簡単に分かるようにしたいと 思います 例えば 地面があるとしましょうか ちょっとちょっともう少し地面ぽい色を使って緑っぽい色で書いてみます ペクたとえばここにレンガが1個あるとしましょうか そしてレンガは地面の上にあるとしますでそれを動かします これを ここまで動かすとしましょう 年賀はここまできました 私はこのレンガをそうですね5m 動かしたとしましょう このレンガを5m 5m 動かしたとしますここで質問です この量5メートルという量はベクトルの量でしょうかそれともスカラーの量ですか もし私が5m だけ言えばこの移動の大きさしかわからないですね 移動の大きさだけしか分からない もし誰かが5m とだけいった場合にはそれはスカラーの量ですねこれは scala 量になります私たちは何かの移動についてか何かが1をどんなふうに書い たかについて話をしていますでもこの場合ここでは方向については入っていません この場合には距離についてだけ話をしています 本当は距離というのは何かちゃんと定義すべきですけれども多分距離という言葉は知っ ているでしょう あるものがどれだけの距離移動したか距離は英語で distance と言いますこのブロックまたはレンガを持ち上げて動かしたので それは5メートルの距離を移動しました ところでもし私がここにある絵を見せずにあなたに5メートルの距離を移動したとだけ 言ったとしたらあなたはそれが3時に移動したのか左どうしたのか もしかしたら上とか下とかどっちに移動したのかは分かりません ただ5メートル移動したということだけは分かっていますそしてもし方向もいたければ このレンガは5m 左に移動したという風に言うことができます 左入寮したとここでは大きさを指定しましたねまず大きさをしてしましたこれが大きさ ですねそして 方向は 方向は左に俊貞島ポッ [音楽] すいません 右ですね右方向に5m 右方向に動かしました ですから これは5m 右方向に動かしましたここから初めて 5m 右方向に移動しましたで大きさは5メートルですね 大きさは5メートルでそしてその移動の方向は右方向です するとここで私があなたに入っているのはこれはベクトルの量ですね ベクトルようです結構 ここにあるものはベクトルの話ですね そして運動について話をする時ですけれども方向を含めた市の変化 ベクトル版の距離というのは変異と言います いと言いますね英語ではディスプレイスメントと言います ずっとここにある物は変異ですね これをただし書き直すとこのレンガは右方向に5m 変異したといいます 5メートルの距離を動かしたというだけでは疲れるですね 私はそれはどの方向に犯した彼は言っていません変異はベクトルですね この場合には右方向に動かしたと言っています ではもし実際の早坂 または速度について話をしましょう 例えば同じように5メートル移動したと言えますね そしてその時の自国の変化を考えますちょっと物の言葉になりますけれども時間が過ぎ たことは自国が変化して分かるので時間のことを自国の変化と言います日本語の場合 時間という言葉には惨事という時刻かそれから一時間経ったという時間の二刀流 意味がありますねこれを物理では区別します このレンガは 5メートル移動しましたけどもこの時の自国の変化は2秒だったとしましょう 時刻はストップウォッチの針が指している値なので動き始めた時には0秒で運動が 終わった時のストップウォッチはここにつくまでの時間 自国のさ2秒を指しているんですね ちょっとこの2つの時刻の変化はにから0引いて2秒ですね そして時間は西の方向にだけ行くことはもう分かっているでしょう ですから時間はまあベクトルでもスカラー量でもどちらでを考えてもいいです なぜなら時間には一つの方向しかないからです 少なくともまあここでやるシンプルな物理ではそうですね ではこの物体がどれだけ速く移動したかを教えてください の物体をどれだけ早く移動したかこれは5メートルを2秒間で動きました 5m を 5m を これを2秒間で動いたんですね 2秒間 またはこれはニブンノゴ メートル毎秒といってもいいですし後にで終わるとなんでしょうか 5を2で割ると2.5ですねですからこれは2.5メートル毎秒 です 2.5メートル毎秒ここにあるこの2.5というのは後にで終わったものですね ちょっとはっきり書いておきましょう分数で書く分数というのは割り算のことですから ね ここで私からあなたに質問ですこの2.5メートル毎秒はある時間の間にこれがどれ だけ移動したかを言っていますけれどもこれは ベクトルですかそれともスカラー量でしょうか これはどれだけ速いかという大きさだけを言ってますかそれとも何か方向も与えてい ますか これは方向については何もないですねですから これは州から量です何かがどれだか早いかの州から量は速さと言います英語では スピードですね するとこのレンガの速さは2.5m 毎秒になります さてまあほとんど同じ事をするんですけれどもこれを 5m メートル効果 m に書きますね 5m 右方向へ 2秒間で動いたとします ずっとどうなるでしょうかこれは2.5 メートル前日を メートル 毎秒 o そしてこれが右方向へとなります右頬 お前 ではこれはベクトル量ですかスカラー量ですか 速さについてのこの大きさについてはここにありますね 大きさは2.5m 前米ですそして 方向も入っています方向は右方向ですですからこれは ベクトル量になります はベクトル量速さと龍包鋼の両方があります 2.5メートル毎秒だけは好かれるんですけどもこれに芳香があると こういうベクトル量を速度と言います 英語ではベロセティと言いますね簡単に整理しましょう 位置が変化するときに位置の変化の量とその方向の両方を指定する場合それは編いいと 言います もし方向言わない場合には好かれるようになってそれは距離と言います そして何かがどれだけ速いかを言っているとき方向についても言ったらそれは速度に ついて話をしています しかし方向については言わない時は速さについて話をしています いろいろ言葉が出てきましたけれどもこれではっきりすると嬉しいですね 次のビデオではもう少しこれについて話をしましょう そしていくつかの基本 的な質問どれだけ遠くまで移動したかとか それにはどれだけ時間かかったかについて考えていきましょう